ここから本文

2018年9月28日号 vol.341
行ってみよう!見てみよう!

防府市/ほうふ幸せますまち博

「幸いです。うれしく思います。助かります。」といった意味の山口県の方言「幸せます」を、地域ブランドとしてまちづくりに生かしている防府市。11月30日(金曜日)まで、「ほうふ幸せますまち博」を市内各地で開催中です。

これは「ほうふだからこそ、目にすることができる美しい風景」や「ほうふだからこそ、食することができるおいしい食べもの」など、ほうふの“とっておき”に出会える小さなプログラム・イベントが数多く開催される手作りの博覧会です。「明治維新150年」「防府グルメ」「ものづくり」「芸術・文化」「まちの秘密・歴史」「美と健康」「スポーツ」「イベント」の8つのジャンルで66のプログラムが行われます。

例えば、防府グルメでは、健康的なお豆腐ムースや米粉マフィンづくりの体験や、芋掘りなど。

ものづくりでは、“幸せます畳縁”を使ってしめ縄飾りを作り、神社で幸せを願って祈祷(きとう)していただく体験や、かつて防府で作られていた幻の「西浦焼」の再現体験など。

幸せますしめ縄飾りの写真

幸せますしめ縄飾り

芸術・文化では、旧毛利家本邸などで画僧雪舟(せっしゅう)作の国宝「四季山水図」の高精細複製品を学芸員の解説で鑑賞するとともに、普段は非公開の「梛邸(なぎてい)」や「画像堂」の特別公開も楽しめる体験。二百年以上の歴史を持つ蔵の中での、日常に役立つ礼儀作法や所作も学べる日本舞踊の体験など。

まちの秘密・歴史では、地元ガイドの案内で、戦国時代に大内氏再興を目指して挙兵した大内輝弘(おおうち てるひろ)が毛利方に追いつめられて自刃した地や、全国的にも珍しいたこ壺(つぼ)づくりを見学し、その後、新鮮な海の幸のランチをいただく「富海(とのみ)ぶらり歩き」など。

他にも個性的で楽しいプログラムなどがいっぱいです(いずれも要申し込み)。この秋、防府で、心もおなかも「幸せます」な気分を、たっぷり味わってみませんか。

防府市/ほうふ幸せますまち博

ほうふ幸せますまち博のチラシ
開催期間
11月30日(金曜日)まで
場所
市内各地
旧毛利家本邸

旧毛利家本邸

日本舞踊体験

日本舞踊体験

富海

富海


ページの先頭へ戻る

山口市|「十朋亭維新館」オープン

十朋亭維新館の外観写真

十朋亭維新館は、幕末維新期、志士たちを支援した豪商・萬代(ばんだい)家の地にオープンする歴史ミュージアムです。オープニングイベントが開催される2日間は、貴重な歴史資料やプロジェクションマッピング等を見ることができる本館展示室を無料で観覧でき、オリジナルノベルティグッズのプレゼント(各日先着500人)などもあります。また、施設内で専用アプリを起動すると、AR(拡張現実)技術を用いて、維新の志士たちとの記念撮影などを楽しむことができます。

オープン
9月29日(土曜日)正午。オープニングイベントは9月29日(土曜日)・30日(日曜日)
場所
十朋亭(じっぽうてい)維新館

宇部市|第2回まちなかWAKUWAKUフェスタ

第2回まちなかWAKUWAKUフェスタのチラシ

平和通りが歩行者天国となり、市内7店のオリジナル肉料理を味わえる肉フェスや、キッズによるダンスステージなどが行われます。JAL折り紙ヒコーキ教室や、テクノロジーを使ったスポーツ体験、液体窒素を使ったジェラート作り、かわいい小物作りなどのワークショップも開催。サッカー選手なりきりインタビュー体験等が楽しめる「レノファわいわいぱぁーく」なども設けられます。

開催日
10月14日(日曜日)
場所
平和通り(シンボルロード)

萩市|萩・明治維新150年祭「萩・食の祭典 -つながる、ひろがる、萩・食づくし-」

萩・明治維新150年祭「萩・食の祭典 ‐つながる、ひろがる、萩・食づくし‐」のチラシ

萩の豊富な食材を新たな切り口で発信するイベントです。俳優などのゲストを迎え、萩の食材を味わいながら、萩ならではのテーマに合わせたトークショーを楽しむ「萩食談」を4回開催(要申し込み。定員になり次第締め切り)。また、萩ふるさと大使の奥田政行(おくだ まさゆき)シェフの助言の下、県内の高校生が考案した萩の食材を使った特別メニューを提供する「萩食祭レストラン」が、市内の約10軒の飲食店などで行われます。

【萩食談】

開催日・場所
10月20日(土曜日) 萩の宿 常茂恵(ともえ)
10月21日(日曜日) 萩城三の丸 北門(ほくもん)屋敷
10月27日(土曜日) 口福(こうふく)の馳走屋 梅乃葉
11月3日(土曜日・祝日) 萩・明倫学舎

【萩食祭レストラン】

開催期間
10月20日(土曜日)から11月11日(日曜日)まで
場所
市内各所の宿泊施設や飲食店
詳細は萩・明治維新150年記念事業ホームページでご確認ください。

岩国市|美和サンチャロウまつり

美和サンチャロウまつりの写真

豊かな自然に抱かれた弥栄湖スポーツ公園で「みちゃろう!くうちゃろう!あるいちゃろう!(山口県の方言で、見よう!食べよう!歩こう!」の3つを楽しもうというイベントです。地元の神楽(かぐら)・太鼓・ダンスの上演のほか、地元特産の大きなクリ「岸根栗(がんねぐり)」や山菜加工品などの物産展、パークゴルフ体験、10,000歩ラリー大会(10月15日(月曜日)までに要申し込み)、木工とんかち体験などのイベントが行われます。

開催日
10月21日(日曜日)
場所
弥栄湖(やさかこ)スポーツ公園

美祢市|未来維新 光響ファンタジー -明治維新150年記念-

未来維新 光響ファンタジー -明治維新150年記念-のチラシ

美祢市にある日本最大級の鍾乳洞「秋芳洞」で、色とりどりの光をテーマにしたイベントが開催されます。同地では初めてプロジェクションマッピングを遊歩道と黒谷口で実施。また、洞内はカラーLEDによる照明で幻想的に彩られます。併せて黒谷口では、屋台が出店される星空マルシェも開催されます。

開催期間
10月26日(金曜日)から11月4日(日曜日)まで
場所
秋芳洞(あきよしどう)

光市|明治維新150年カウントダウン記念企画展「伊藤ドラマ第4編」

伊藤公資料館の写真

現在の光市で生まれ、吉田松陰(よしだ しょういん)に学び、日本初の総理大臣となった伊藤博文(いとう ひろぶみ)。生家の隣にある伊藤公資料館では、伊藤の決意をテーマに、伊藤がどのような決意で国事に奔走していったのか、手紙や演説などの資料を基に紹介します。また、11月9日(金曜日)から25日(日曜日)まで、伊藤公資料館がある伊藤記念公園のイチョウやモミジのライトアップを予定しています。

開催期間
11月25日(日曜日)まで
場所
伊藤公資料館

ページの先頭へ戻る


山口県ってどんなとこ?



ページの先頭へ