ここから本文

2018年8月24日号 vol.340
山口県のローカル線めぐり
山口県のローカル線めぐり/JR山陽本線 第10回

神戸駅(兵庫県神戸市)と門司(もじ)駅(福岡県北九州市)を結ぶJR山陽本線。今回は、柳井(やない)駅(柳井市)から大畠(おおばたけ)駅(柳井市)までの見どころをご紹介します。

白壁の町並みを歩こう! 柳井駅 後編

前号に引き続き、柳井(やない)駅付近の白壁の町並みを散策します。

白壁の町並みのほぼ中央に位置する国森家住宅。18世紀後半に建てられたもので、国の重要文化財に指定されています。江戸中期の商家の典型的な家造りが今もそのまま残され、生活用品なども展示されており、当時の豪商の生活をうかがい知ることができます。

麗都路通りの橋から柳井川越しに見る白壁の町並みの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

麗都路(れとろ)通りの橋から柳井川越しに見る白壁の町並み
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


国森家住宅外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

国森家住宅外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

国森家住宅の帳場の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

帳場
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

国森家住宅の2階の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

2階。梁(はり)や柱が印象的です
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


次はしらかべ学遊館です。明治時代初期の建築と推定される白壁土蔵造り。こちらも商家の建物です。軒先には柳井名物、金魚ちょうちんがつり下がっています。建物は改修され、柳井市の遺跡、幕末関連などの歴史資料をはじめ、伝統や文化に関する展示が行われています。なんと、特に注意書きが無い物は、手に取って見ることができるんですよ!。

しらかべ学遊館外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

しらかべ学遊館外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

しらかべ学遊館の軒先につるされた金魚ちょうちんの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

金魚ちょうちん。風情があります
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「やないの明治維新」パネル展の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「やないの明治維新」パネル展
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


柳井の特産、柳井縞の織物の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

柳井の特産、柳井縞(やないじま)の織物
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

しらかべ学遊館の民俗資料の数々の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

民俗資料の数々
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

展示品の電話機を手に取っている様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

展示品を手に取って見ることができます。もしもし?
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


また、奥の土蔵を利用した学習室では、柳井の歴史や伝統、文化についての書籍が読める他、柳井にゆかりのある小説家・国木田独歩(くにきだ どっぽ)の資料も展示されています。

しらかべ学遊館の学習室の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

学習室
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


北へ進むと、甘露醤油資料館があります。

柳井の特産品「甘露醤油(かんろしょうゆ)」の醸造蔵の中に、昔のしょうゆ造りの道具が展示されています。奥に進むにつれ、しょうゆの芳醇(ほうじゅん)な香りに包まれます。実際に醸造されている様子を見学できるのです! これは貴重な体験。しょうゆ製品の販売もされており、お土産にピッタリ。


甘露醤油資料館外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

甘露醤油資料館外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

甘露醤油資料館内観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

とても広い蔵です
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

甘露醤油資料館内のしょう油醸造の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

醸造の様子を見学。何とも言えない芳醇(ほうじゅん)な香りです
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

小道を挟んで隣には、やない西蔵(にしぐら)があります。大正時代末期に建築された木造平屋建・白壁土蔵造りの建物で、こちらもしょうゆ蔵ですが、改修され、複合型観光施設となっています。ギャラリーや休憩所をはじめ、金魚ちょうちん製作体験や、柳井縞の機織り体験のコーナーなどがあり、柳井市観光の思い出を残すことができます。


やない西蔵外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

やない西蔵外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

やない西蔵内観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

やない西蔵内観。甘露醤油資料館と見比べるのも面白い
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

金魚ちょうちん製作体験コーナーの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

金魚ちょうちん製作体験コーナー
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


柳井縞の機織り体験コーナーの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

柳井縞の機織り体験コーナー
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

やない西蔵のギャラリーの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ギャラリー
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

白壁ふれあい広場の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

白壁ふれあい広場
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

そこから西へ行くと、観光案内所・トイレ・休憩所がある白壁ふれあい広場。今回は駅から歩いたので最後になってしまいましたが、観光の拠点として活用すれば、より楽しめますね!

関連リンク:白壁の町並みボランティアガイド(柳井市観光協会)

白壁の町並みを後にして、列車に乗り込みます。折しも取材日は金魚ちょうちん祭りの前、柳井駅にも金魚ちょうちんが飾られています。柳井川を越え、次の旅へ。

金魚ちょうちんが飾られた柳井駅ホームの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

金魚ちょうちんが飾られた柳井駅ホーム
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

車窓から見る柳井川を渡る様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

柳井川を渡ります
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

吉田松陰に影響を与えた僧月性 柳井港駅

柳井駅を離れ、海が近くに見えてくるとすぐ、柳井港(やないみなと)駅です。駅名の通り、祝島(いわいしま・上関(かみのせき)町)平郡島(へいぐんとう・柳井市)、三津浜(愛媛県松山市)航路の発着港、柳井港にアクセスできる駅です。この駅には僧月性(げっしょう)が描かれた「維新周防巡り偉人イラストパネル」があります。幕末において、早くから海防の重要性を説き、吉田松陰(よしだ しょういん)に影響を与えた人物。また、自らの私塾・清狂草堂(せいきょうそうどう)で、久坂玄瑞(くさか げんずい)や赤根(禰)武人(あかね たけと)など多くの門人を育てました。

駅から徒歩15分、妙円寺(みょうえんじ)の境内にある清狂草堂のそばには、月性展示館があり、月性に関わる書画などの資料が展示されています。

柳井港駅の維新周防巡り偉人イラストパネルの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「維新周防巡り偉人イラストパネル」。柳井港駅では僧月性
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


柳井港駅外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

柳井港駅外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

駅の真正面に見る柳井港の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

駅の真正面に柳井港が見えます
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

月性展示館の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

月性展示館
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

関連リンク:
幕末維新寄り道紀行 月性が多くの志士を育んだ柳井エリアで寄り道(2015年4月24日号 vol.292)
おもしろ山口学:
久坂玄瑞と吉田松陰の縁を結んだ、破天荒な「海防僧」月性。第1回 男児志を立てて郷関を出づ。(2014年7月25日号 vol.276)
幕長戦争 第1回 大島口の戦いと薩長盟約(2016年7月22日号 vol.315)

海の眺めを楽しめるホーム 大畠駅

しばらく列車は国道188号と並走。海を眺めながら進みます。般若姫(はんにゃひめ)伝説の残る笠佐島(かささじま)が見えたら、次は大畠駅です。

ここにも、「維新周防巡り偉人イラストパネル」があります。中央に描かれているのは大洲鉄然(おおず てつねん)。月性などの門下で学び、維新の役には石城山(いわきさん)で第二奇兵隊を編成し、大島口の戦いでは護国(ごこく)隊を率いて勇戦し、維新後は西本願寺の改革に尽力した人物です。

ホームから海はすぐそば。大洲鉄然の故郷、周防大島(すおうおおしま)町へ渡る大島大橋が印象的。大島大橋は歩いて渡ることもできるので、橋から列車の写真を撮ってみましたよ!

海沿いを走る列車の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

海沿いを走ります
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


車窓から見る笠佐島の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

笠佐島が見えてきました
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ホームから見る大島大橋の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ホームから大島大橋がよく見えます
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

大畠駅の維新周防巡り偉人イラストパネルの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「維新周防巡り偉人イラストパネル」。大畠駅では大洲鉄然
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


大畠駅外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

大畠駅外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

大島大橋から見る列車の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

大島大橋から見る列車
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

車窓から見る大島大橋の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

車窓から見るとこうなります
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


【沿線グルメ情報】
甘露醤油
柳井の醸造家・高田伝兵衛(たかだ でんべえ)が考案したと言われる「甘露醤油」。再仕込みという独特の製法で作られたしょうゆは、天明年間に時の岩国領主吉川(きっかわ)公に献上したところ、「甘露、甘露」とその味を褒めたたえられたところからその名がつけられたと言われています。
甘露醤油の写真

JR山陽本線路線図
JR山陽本線路線図

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ