ここから本文

2018年7月27日号 vol.339
行ってみよう!見てみよう!

山口市/山口県立山口博物館 特別展「夢・未来・そして宇宙へ! 宇宙兄弟展2018×やまぐちと宇宙」

山口県は宇宙と“驚きの関係”がある地。JAXA(宇宙航空研究開発機構)の施設などさまざまな宇宙関連施設があり、山口県とJAXAと山口大学は、衛星データ利用・研究の推進に係る連携協力に関する基本協定を結んでいます。そうした関係を生かし、山口県立山口博物館では、明治維新150年を機に「未来」に焦点を当てた特別展「夢・未来・そして宇宙へ! 宇宙兄弟展2018×やまぐちと宇宙」を、9月2日(日曜日)まで開催中です。

特別展は2部構成で、第1部は『宇宙兄弟』の中国四国地方初の大規模作品展「宇宙兄弟展2018」です。『宇宙兄弟』は、幼い日にUFOを目撃したことをきっかけに、共に宇宙を目指そうと約束した兄弟を主人公とする、累計発行部数2000万部を超える、小山宙哉(こやま ちゅうや)さん作の大人気漫画です。

原画画像 ©小山宙哉/講談社

©小山宙哉/講談社

特別展の最大の見どころは、約100点の迫力あるオリジナル原画の展示で、その中には全国初公開となる原画も40点以上含まれています。展示物は撮影することもでき(一部動画を除く)、『宇宙兄弟』の世界に入り込んだようなワクワク感を味わえます。また、JAXAの特別協力による「はやぶさ2」や「H-ⅡBロケット」の模型などの展示もあり、宇宙へのロマンをかき立ててくれます。

「はやぶさ2」の模型。画像提供JAXA

「はやぶさ2」の模型。画像提供:JAXA

第2部は「やまぐちと宇宙」です。山口県に落ちた仁保(にほ)隕石(いんせき)・玖珂(くが)隕石の実物展示を楽しめるほか、山口大学や県内企業等による、宇宙技術を活用した先進的な研究成果や宇宙の利用などについても知ることができます。

他にも3Dふしぎ回廊(宇宙編)や、フォトスポット、工作・ぬり絵コーナー、昼間の星の観察など、子どもたちにも楽しめる工夫が盛りだくさんです。

また、8月11日(土曜日・祝日)・25日(土曜日)には、山口県立山口博物館がある山口市パークロード一帯で、明治維新150年メモリアルフェス「ISHINロード‐ボクらのイシン‐」が開催され、それに合わせて当日は20時まで、開館時間(入館は19時30分まで)が延長されます。

子どもも大人も、この夏はみんなで山口から宇宙へGO!!

山口市/山口県立山口博物館 特別展「夢・未来・そして宇宙へ! 宇宙兄弟展2018×やまぐちと宇宙」

山口県立山口博物館 特別展「夢・未来・そして宇宙へ! 宇宙兄弟展2018×やまぐちと宇宙」のチラシ

【山口県立山口博物館 特別展「夢・未来・そして宇宙へ! 宇宙兄弟展2018×やまぐちと宇宙」】

開催期間
9月2日(日曜日)まで
場所
山口県立山口博物館

ISHINロード‐ボクらのイシン‐のチラシ

【ISHINロード‐ボクらのイシン‐】

開催日
8月11日(土曜日・祝日)・25日(土曜日)
場所
山口市パークロード周辺
山口県立山口博物館 特別展「夢・未来・そして宇宙へ! 宇宙兄弟展2018×やまぐちと宇宙」のチラシ
原画画像 ©小山宙哉/講談社

©小山宙哉/講談社


ページの先頭へ戻る

萩市|萩・日本海大花火大会、萩夏まつり

萩夏まつりの花火の写真

萩の夏を象徴する祭りが3日間にわたって開催されます。8月1日(水曜日)には約1万発の花火が夜空を彩る「萩・日本海大花火大会」が、2日(木曜日)と3日(金曜日)には「萩夏まつり」が行われます。萩夏まつりでは、江戸時代の藩主の御座船を模した山車の上で演唱される県指定民俗文化財「お船謡(ふなうた)」など、さまざまなイベントを楽しめます。

【萩・日本海大花火大会】

開催日
8月1日(水曜日)
場所
萩商港、萩市菊ケ浜沖

【萩夏まつり】

開催日
8月2日(木曜日)・3日(金曜日)
場所
吉田町、田町商店街、中央通りなど

山口市|山口七夕ちょうちんまつり

山口七夕ちょうちんまつりの写真

室町時代、山口を拠点とした守護大名・大内氏が先祖の冥福を祈るため、笹(ささ)竹の高灯籠に火をともしたのが始まりと伝わる、山口を代表する夏祭りです。竹竿(たけざお)に付けた紅ちょうちんの中のろうそくに、一つ一つ手で火をともし、その無数のちょうちん笹飾りがまちを幻想的に染め上げます。他にも、ちょうちん山笠の巡行などが行われます。

開催日
8月6日(月曜日)・7日(火曜日)
場所
山口市中心商店街、パークロードなど

宇部市|山口ゆめ花博連携イベント 夏休みだよ! 昆虫展inときわ公園

ヘラクレスオオカブトの写真

色鮮やかなチョウやクワガタムシなどの標本約1,000種類と、生きている昆虫約20種類を紹介する昆虫展が、ときわミュージアムと、ときわ動物園で開催されます。ときわミュージアムでは、巨大な虫かごの中に放った約500匹の国産カブトムシに自由に触れて観察できる「カブトムシ天国」も開設(8月4日(土曜日)から夜間開館も実施)。また、「ためになる昆虫トークショー」が、7月28日(土曜日)と8月18日(土曜日)にときわ動物園で、8月4日(土曜日)にときわミュージアムで行われます。

開催期間
8月26日(日曜日)まで
場所
ときわ公園(ときわミュージアム、ときわ動物園 体験学習館モンスタ)

光市|渚のライトアップ

渚のライトアップの写真

虹ケ浜は「日本の渚(なぎさ)・百選」などに選定されている白砂青松の海水浴場です。毎年夏には、コンピュータプログラミングされた特殊照明装置を10基設置し、日没から23時まで、渚を虹色にライトアップ。波音と幻想的な雰囲気を楽しみに多くの人々が訪れます。時間帯によって異なる7つのライトアップパターンがあり、レノファ山口のユニフォームカラーと緑の芝生で選手が躍動する様子を表現したパターンや、日本の初代総理大臣伊藤博文(いとう ひろぶみ)の生誕地「伊藤公記念公園」の四季を表現したパターンなどを楽しめます。

開催期間
8月31日(金曜日)まで
場所
虹ケ浜海水浴場

周防大島町|サタフラ

サタフラの写真

ハワイ州カウアイ島と姉妹島提携し、その美しい風景などから瀬戸内のハワイとも呼ばれている周防大島。サタフラは、夏の毎週土曜日、全国各地から集まったフラダンサーの皆さんが、屋外の天然芝をステージに、美しい星空の下などでフラを披露する人気イベントです。今年はその会場に、野菜や果物などの生産者やカフェなどが出店して行われている月2回の定期市「島のむらマルシェ(八幡生涯学習のむら)」が新たに加わり、8月4日(土曜日)と18日(土曜日)には、「サタフラ×島のむらマルシェ」が行われます。

開催期間
9月1日(土曜日)までの毎週土曜日
場所
グリーンステイながうら、H&Rサンシャインサザンセト、島のむらマルシェ(八幡(やはた)生涯学習のむら)、道の駅サザンセトとうわ、竜崎温泉ちどり

周南市|タク酒ー(たくしゅー)

タク酒ー(たくしゅー)の写真

山口県の地酒は10年連続で出荷量が増えており、今、国内外で人気が高まっています。「タク酒ー」は、周南市内の3つの酒蔵を専用タクシーに乗って巡るユニークなツアーで、酒蔵見学と試飲を楽しめます。また、車内用のお酒とおつまみのプレゼントや、萩焼のおちょこのおみやげもあります。集合場所は新幹線が停車するJR徳山駅のすぐ近く。専用タクシーに任せて、気楽に酒蔵巡りを楽しめます(希望日の7日前までに要申し込み)。

開催期間
平成31(2019)年3月30日(土曜日)まで。ただし、日曜日・祝日・年末年始は除く。その他、酒蔵の状況によりご希望に添えない場合があります。
集合場所
観光案内所&特産品セレクトショップ「まちのポート」
問い合わせ
(一財)周南観光コンベンション協会
周南市みなみ銀座1-8
電話:0834‐33-8424
登録番号:山口県知事登録旅行業第地域-131号

ページの先頭へ戻る


山口県ってどんなとこ?



ページの先頭へ