ここから本文

2018年7月27日号 vol.339
探検隊が行く! 山口のアソビバ
探検隊が行く! 山口のアソビバ 第2回 宇部市ときわ公園

9月14日(金曜日)から11月4日(日曜日)まで山口きらら博記念公園で開催される「山口ゆめ花博」。県内各地の公園などが連携会場になっていて、スタンプラリーも行われています。
「山口ゆめ花博 連携会場」の中から親子で楽しめる施設を訪ねるこのコーナー。今回は宇部市ときわ公園で探検!

 

緑と花と彫刻がいっぱい!

大正14(1925)年にオープンしたときわ公園は、常盤湖(ときわこ)を中心に整備された、「緑と花と彫刻のまち 宇部」を象徴する総合公園です。

東京ドーム40個分の園内には、3500本のサクラ、80000本のハナショウブ、アジサイ、ツツジなど四季の花が咲きます。

今年の「山口ゆめ花博」期間中は、様々な色のサルビアやコスモス、サンパチェンスをご覧になることができます。

ときわ公園正面入り口の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ときわ公園正面入り口
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

花笑花壇の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

花笑(はなえみ)花壇
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ときわ遊園地の花壇の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ときわ遊園地の花壇
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


サルビアの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

サルビア。赤、青、白とさまざまな色が見られます
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

コスモスの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

コスモス。例年のピンクに加え、今年は新たに黄色も見られます
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

サンパチェンスの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

サンパチェンス
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


宇部市といえば彫刻。ここ、ときわ公園でもUBEビエンナーレ彫刻の丘をはじめ、各所で約100点の野外彫刻を常設展示しています。UBEビエンナーレ彫刻の丘では、2年に一度、野外彫刻の国際コンクール「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」が行われ(次回第28回展は2019年9月末より開催)、歴代の入賞作品などが、市街地や公園などに設置されています。10月1日(月曜日)から11月4日(日曜日)の期間、次回展にむけて世界中から応募された模型作品やドローイングを全て紹介する展覧会をときわ湖水ホールで開催します。

UBEビエンナーレ彫刻の丘の写真

UBEビエンナーレ彫刻の丘


ときわミュージアム建物付近の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ときわミュージアム建物付近
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

常盤湖畔の彫刻群の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

彫刻群は湖畔へも続きます
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ときわ遊園地の彫刻の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ときわ遊園地にも。ド迫力!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


その名も! 「世界を旅する植物館」

ときわミュージアム(緑と花と彫刻の博物館)に平成29(2017)年リニューアルオープンした世界を旅する植物館。原産地の植生を意識した8つのゾーンがあり、その名の通り、世界中を旅しているような感覚で珍しい植物を楽しめます。

世界を旅する植物館外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

世界を旅する植物館外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ネコノヒゲの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ネコノヒゲ。うまく名付けたものです
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

デンドロビウムラシンテラの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

デンドロビウムラシンテラ。舌を噛みそうな名前ですが、妖しくも美しい
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


各ゾーンにはシンボルツリーが植栽されています。ヨーロッパゾーンのミレニアムオリーブの木には、ハート形の葉が生えており、カップルにおススメしたいスポットです。

バナナの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

バナナ。分類上、木ではなく、草なので、食用バナナは野菜とのこと
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ミレニアムオリーブの木の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ミレニアムオリーブの木
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ミレニアムオリーブのハート形の葉の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ミレニアムオリーブのハート形の葉
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


アフリカでは「生命の木」と呼ばれ、精霊の宿る木として信仰されているバオバブ。幹にたくさんの水分を蓄え、乾季の間を生き延びます。実には豊富に栄養が含まれており、日本でも美容食品などに利用されています。

南アメリカ産のパラボラッチョという木は、スペイン語で「酔っぱらいの木」と呼ばれるユニークな木です。

面白い花もあります。ドラキュラ ロタックス。恐ろしげな名前ですが、花はサルの顔そっくりでかわいい! SF映画の悪役みたいなアリストロキア サルバドレンシスの花は、話題性十分!

他にもご紹介しきれないほどたくさんの珍しい植物があるので、ぜひ足を運んでみてください!

アフリカゾーンのバオバブの木の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

アフリカゾーンのバオバブの木。セネガルから運ばれたもので、日本では最大級
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


パラボラッチョの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

パラボラッチョ
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ドラキュラ ロタックスの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

顔シリーズその1。ドラキュラ ロタックス
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

アリストロキア サルバドレンシスの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

顔シリーズその2。アリストロキア サルバドレンシス
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


アトラクションもいっぱい! ときわ遊園地

子どもたちに大人気、ときわ遊園地

美しいときわ公園を上から眺められる「カッタくんの大観覧車」。空から動物園のサルを見られるモノレール「ペガサスファンタジー」。大きな「立体迷路ときわラビリンス」などなど、親子連れでたっぷり楽しめる遊園地です。

縁日まつりの様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

縁日まつり
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


カッタくんの大観覧車の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

カッタくんの大観覧車
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

メリーゴーランドの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

メリーゴーランド
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ウォーターショットの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ウォーターショット
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


くるくるぞうさんの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

くるくるぞうさん
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ペガサスファンタジーの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ペガサスファンタジー
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

立体迷路ときわラビリンスの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

立体迷路ときわラビリンス
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


野生の地を旅する気分で ときわ動物園

ときわ動物園です。サルたちの特徴的な鳴き声を聞きながら入園すると、水に囲まれた島の木の上で、シロテテナガザルが、ビュンビュンと宙を舞うように、枝から枝へ移動しています。

アジアの森林ゾーンの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

入園するとすぐのアジアの森林ゾーン
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

枝から枝へ渡るシロテテナガザルの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

シロテテナガザル。見事な枝渡り!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ボンネットモンキーとコツメカワウソが同居する様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ボンネットモンキーとコツメカワウソが同居しています
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


「さまざまな生息地の自然を再現し、そこに住む野生動物の本来の姿を見せる『生息環境展示』」がコンセプト。5つのゾーンに分かれており、さまざまな環境で生き生きとした動物を見ることができます。

また、生育地が同じボンネットモンキーとコツメカワウソは同居展示されています。なんと国内初の取り組み。お互いの距離感も見どころです。飼育員さんによると、時々イタズラ程度にちょっかいを出すこともあるそう。

リスザルの写真

リスザル。このように動物たちを自然に近い姿で見られるのは新鮮です


フサオマキザルの子どもの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ガラス越しに間近で見るフサオマキザルの子ども
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

パタスモンキーの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

パタスモンキー。「世界最速のサル」ですが、のんびり休憩中
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ボンネットモンキーの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ボンネットモンキー。サルの居住まいは味わいがあります
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


これだけ豊富な種類のサルが見られるのも貴重ですが、アルパカなど人気の動物も展示されています。フタユビナマケモノはその姿に癒やしを求めてやってくる人も多いとか。

カピバラの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

何とも言えない表情のカピバラ
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

フタユビナマケモノの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

一日のほとんどを眠って過ごすフタユビナマケモノ
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

アルパカの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

フサフサで暑そうなアルパカ。夏前には毛刈りの様子を見学できるイベントも行われているそう
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


お腹もお土産もいっぱい!

たくさん遊んだ後は、食べ物にお土産。数々のすてきなお店がありますよ。TOKIWA(ときわ) ZOO(ズー)ベニア館では、ときわ公園オリジナルのお菓子やぬいぐるみ、動物柄のTシャツなどが手に入ります。

TOKIWA ZOOべニア館外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

TOKIWA ZOOべニア館外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ワッフルクッキーなどのオリジナル商品の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ワッフルクッキーなどのオリジナル商品
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

シロテテナガザルのぬいぐるみの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

シロテテナガザルのぬいぐるみが本物のようにぶら下がっています
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


先にご紹介した世界を旅する植物館内にも売店があり、「生命の木」バオバブの成分を練りこんだお菓子などが買えます。これは貴重!

世界を旅する植物館内売店の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

世界を旅する植物館内売店
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

バオバブクッキーの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

バオバブクッキー
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

バオバブ商品の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

バオバブ商品の数々
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


飲食店も、ときわレストハウスなど、園内随所に数店舗あります。「おさるさんクッキー」など、見た目に楽しいオリジナルの商品も!

ときわレストハウス外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ときわレストハウス外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ときわ湖水ホールのレストラン外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ときわ湖水ホールのレストラン
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

おさるさんクッキーの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

おさるさんクッキー
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


イベント情報
つくる・みる・かんじるを楽しもう 夏の美術室2018(山口ゆめ花博連携イベント)
つくる・みる・かんじるを楽しもう 夏の美術室2018のチラシの画像/画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

※画像をクリックで拡大。
Escキーで戻ります。

期間:9月2日(日曜日)まで 毎週火曜日休館(8月14日は開館)
時間:10時から16時まで(入場は15時45分まで)
料金:各ワークショップよる(一部事前申し込み)
会場:ときわ湖水ホールアートギャラリー
問い合わせ:宇部市 UBEビエンナーレ推進課
電話:0836-51-7282


夏休みだよ! 昆虫展inときわ公園(山口ゆめ花博連携イベント)
夏休みだよ! 昆虫展inときわ公園のチラシの画像/画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

※画像をクリックで拡大。
Escキーで戻ります。

チョウや巨大カミキリムシなどの標本、ヘラクレスオオカブトムシなどの観察コーナー、大きな虫かごの中を歩き回ってカブトムシを観察できる「カブトムシ天国」など、世界と日本の昆虫がときわ公園に大集合!
期間:8月26日(日曜日)まで 毎週火曜日休館(8月14日は開館)
時間:9時30分から17時まで(入館は16時まで)
ときわミュージアム会場のみ8月4日(土曜日)から8月26日(日曜日)までの期間、夜間も開館。18時から22時まで


チームラボ 宇部市ときわ公園 2018世界を旅する植物と、花と共に生きる動物たち
チームラボ 宇部市ときわ公園 2018世界を旅する植物と、花と共に生きる動物たちの告知画像/画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

※画像をクリックで拡大。
Escキーで戻ります。

世界を旅する植物に住まう動物たちから花々が生まれ、そして、中庭では光の物体が色を変化させ、色特有の音色を響かせます。
ときわミュージアム 世界を旅する植物館が人々の存在によって変化するデジタルアート空間になります。
場所:ときわミュージアム 世界を旅する植物館
期間:8月10日(金曜日)から11月4日(日曜日)まで
時間:19時から22時まで
問い合わせ:ときわミュージアム(世界を旅する植物館)
電話:0836-37-2888
ときわ公園
ときわ公園の地図

※地図をクリックで拡大。
Escキーで戻ります。

所在地:山口県宇部市則貞三丁目4番1号
電話:0836-54-0551
アクセス:ご来園ガイド(ときわ公園HP)

関連リンク:

ときわ公園フェイスブック

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ