ここから本文

2018年6月22日号 vol.338
山口県のローカル線めぐり
山口県のローカル線めぐり/JR山陽本線 第8回

神戸駅(兵庫県神戸市)と門司(もじ)駅(福岡県北九州市)を結ぶJR山陽本線。今回は、光(ひかり)駅(光市)から岩田(いわた)駅(光市)までの見どころをご紹介します。

美しい海岸沿いの町で観光 光駅

下松(くだまつ)駅を出発し、しばらく国道188号と並走すると、光市の虹ケ浜(にじがはま)海岸付近の海が見えてきます。虹ケ浜海岸は、「日本の白砂青松(はくしゃせいしょう)100選」など、数多くの選定を受けている、人気のある海水浴場で、夏の時期には、「渚のライトアップ」が行われます。なんてロマンチック!

車窓から見る虹ケ浜海岸の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

国道188号と並走。きれいな海です。
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


列車が虹ケ浜海岸のそばを通る様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

虹ケ浜海岸のそばを通ります
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

光駅外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

光駅外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

虹ケ浜海水浴場の「渚のライトアップ」の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

虹ケ浜海水浴場の「渚のライトアップ」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


光市にはもう一つ、室積(むろづみ)海岸という海岸があります。虹ケ浜海岸と並び、「日本の白砂青松100選」などに選ばれている、美しい海岸です。光駅からバスで15分のバス停から徒歩5分です。

室積海岸の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

室積海岸
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


室積海岸から国道188号を挟んで山側には、「冠山総合公園」があります。梅の名所として知られる「梅の里」があり、またオートキャンプ場を備えています。取材時はハナショウブやバラが咲き、公園内を彩っていました。

冠山総合公園のハナショウブの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ハナショウブ
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

冠山総合公園のバラの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

バラ
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

修景池の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

修景池
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


そんな冠山総合公園で、今話題になっているのは、修景池に住むコイ。白い体の額には、真っ赤な「C」の文字が。その名も「カープちゃん」! 奇跡的なネーミングです。他にも、「ぼたんちゃん」、「ブラックハートちゃん」、「かえるちゃん」を見つけることができました。

コイの「カープちゃん」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「カープちゃん」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


コイの「ぼたんちゃん」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

牡丹(ボタン)柄の「ぼたんちゃん」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

コイの「ブラックハートちゃん」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

かわいいワンポイント「ブラックハートちゃん」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

コイの「かえるちゃん」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

カエルが乗ってる!? 「かえるちゃん」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


その他にも、体の模様から「人面さん」、「金魚ちゃん」と名付けられたコイがおり、別のコイの新たな名付けも募集されているそう。光駅からは、バスで12分のバス停から徒歩3分。美しい庭園と花、個性豊かな模様のコイたちを見に来ては?


室積海岸をさらに東に進むと室積半島。先端には象鼻ケ岬(ぞうびがさき)があり、周防橋立(すおうはしだて)と呼ばれる景勝地。その名の通り象の鼻の形をしています。

象鼻ケ岬の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

象鼻ケ岬
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

対岸から見た象鼻ケ岬の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

対岸から見た象鼻ケ岬。まさに象の鼻!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

室積半島には江戸時代、長州藩の会所(かいしょ・貿易機関)が置かれ、弁才(財)船(べざいせん・べんざいせんとも)と呼ばれた貿易船の寄港地として、多くの廻船問屋(かいせんどんや)が立ち並びました。当時の面影を現在に残す海商(かいしょう)通りに、光ふるさと郷土館があります。商家であった礒部(いそべ)家本家、しょうゆ屋を営んだ磯部(いそべ・表記違い)家分家に残る家財などを中心に、室積地区の歴史資料を展示する施設として、平成5(1993)年に、修復を経て開館しました。

幕末に建てられたものを原型とし、明治初期に建てられた磯部家の建屋を利用した郷土館。俗に「うなぎの寝床」といわれる、間口が狭く奥行きが長い、商家独特の造りです。


光ふるさと郷土館外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

海商通りにある光ふるさと郷土館
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

再現された商家の帳場(第1展示室)の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

再現された商家の帳場(第1展示室)
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

茶室のある奥座敷(第2展示室)の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

茶室のある奥座敷(第2展示室)。貸し部屋として茶会が行われているそう
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

奥へ進むと広い中庭があり、左手にはかつてのしょうゆ蔵が。こちらも展示室になっており、歴史資料をふんだんに見て学ぶことができます。

中庭に続く通路の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

中庭を目指し、「うなぎの寝床」を奥へ。右手はギャラリー。地元の書家や陶芸家の作品を展示しています
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

中庭の「いちょう広場」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

中庭の「いちょう広場」。そびえ立つイチョウの木は樹齢約220年
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

氷を使って冷やすレトロな冷蔵庫の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

氷を使って冷やすレトロな冷蔵庫も展示されています
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


第5展示室の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

江戸時代の伝統的なしょうゆ造りの様子を学ぶ第5展示室
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

第6展示室の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

第6展示室。弁才船の大型模型、船箪笥(ふなだんす)などの資料で、海上交易で繁栄した室積の歴史を学べます
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

船箪笥の模型の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

船箪笥の模型。さまざまなからくりがあってビックリ!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


資料展示施設といっても、堅苦しさはなく、会合や憩いの場として愛されている郷土館。ぜひ立ち寄ってみてください。

川沿いのお祭り 島田駅

光駅を過ぎ、島田(しまた)川を渡ります。進路は北へ。島田駅を目指し、川を横目に見ながらの旅。

島田川を渡る列車の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

島田川を渡ります
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

車窓から見る島田川

車窓から見る島田川
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

島田駅外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

島田駅
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

この流域では毎年夏、「ふるさとの火まつり 周防柱松(すおうはしらまつ)」という祭りが行われます。五穀豊穣や疫病退散を願い始まった祭りで、竹先に萩の葉や花火を入れた籠に、下から松明(たいまつ)を投げ入れるもので、江戸時代から続いています。今年は8月4日(土曜日) に開催されます。

「ふるさとの火まつり 周防柱松」の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「ふるさとの火まつり 周防柱松」の様子
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


伊藤博文公のふるさとを訪ねて 岩田駅

さらに進むと、景色はすっかり山あい。農地や住宅地を眺めながら列車は岩田駅へ。

ホームには「維新周防(いしんすおう)巡り」と書かれたパネルが。明治維新期に活躍した偉人が7人描かれており、岩田駅に近い、旧大和町(現・光市)出身で、初代内閣総理大臣の伊藤博文(いとう ひろぶみ)が中央です。詳しくは、下記の沿線のイベント情報をご覧ください。

島田駅から岩田駅間の山あいの景色の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

海、川を経て、山あいの景色に
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

岩田駅外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

岩田駅
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

岩田駅の維新周防巡り偉人イラストパネルの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

維新周防巡り偉人イラストパネル
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


岩田駅からバスで8分、光市束荷(つかり)の伊藤博文生家周辺に整備された伊藤公記念公園・伊藤公資料館を訪ねました。資料館は、伊藤博文の生涯を、遺品とモニターで紹介し、幕末から明治末までの日本の動きを学習する施設です。

また、伊藤自ら基本設計し、死去後に完成した旧伊藤博文邸は、内部も公開されており、レトロ建築を楽しむことができます。


伊藤公資料館外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

伊藤公資料館
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

伊藤博文銅像の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

伊藤博文銅像
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

旧伊藤博文邸の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

旧伊藤博文邸
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


伊藤博文生家外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

伊藤博文生家
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

伊藤博文生家内観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

生家内観。伊藤博文の幼少期が再現されています
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

伊藤博文産湯の井戸の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

伊藤博文産湯(うぶゆ)の井戸
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


関連リンク:

特集「やまぐちレトロ散歩」旧伊藤博文邸(見て! 来て! 知って! 魅力発県やまぐち)

おススメします! 私のまちのお宝PR 最終回 光市編


【沿線のイベント情報】
明治維新150年 「維新周防巡り偉人イラストパネル」 「維新偉人イラストポスター」
 
明治維新から150年目となる平成30(2018)年、山口県旧周防(すおう)地区出身の偉人7人それぞれの故郷にちなんで、防府(ほうふ)駅、徳山(とくやま)駅、下松(くだまつ)駅、岩田駅、柳井港(やないみなと)駅、大畠(おおばたけ)駅、岩国(いわくに)駅に、それぞれの地域出身の偉人が中央に描かれた「維新周防巡り偉人イラストパネル」 が掲示されています。また、JR山陽本線の大道(だいどう)駅から和木(わき)駅間の各駅に、「維新偉人イラストポスター」が掲示されています。これらのイラストは地元の学生によるもの。
柳井港駅、大畠駅、岩国駅のパネルも、このコーナーで随時紹介していきますよ!
「維新偉人イラストポスター」の画像/画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「維新偉人イラストポスター」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


徳山駅で行われた完成式典の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

徳山駅で行われた完成式典の様子
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

楫取素彦が中央に描かれた防府駅のパネルの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

防府駅は楫取素彦(かとり もとひこ)
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

児玉源太郎が中央に描かれた徳山駅のパネルの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

徳山駅は児玉源太郎(こだま げんたろう)
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

長岡外史が中央に描かれた下松駅のパネルの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

下松駅は長岡外史(ながおか がいし)
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


JR山陽本線路線図
JR山陽本線路線図

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ