ここから本文

2018年6月22日号 vol.338
行ってみよう!見てみよう!

山口市/明治150年記念特別展「激動の幕末長州藩主 毛利敬親」

今年は明治改元から150年。維新胎動の地・山口県では、7月13日(金曜日)から8月26日(日曜日)まで、山口県立美術館で明治150年記念特別展「激動の幕末長州藩主 毛利敬親(もうり たかちか)」を開催します。

山口県はかつて長州と呼ばれ、毛利敬親は幕末、本藩の藩主として、有能な人材を育みながら幾多の難局を乗り越え、明治維新に貢献しました。特別展では、長州の激動の幕末明治期を、国の重要文化財・県指定文化財を含む200点を超える歴史資料や美術工芸品を通して紹介します。

その中には、教科書でおなじみの「五箇条御誓文(ごかじょうのごせいもん)」があります。五箇条御誓文は、長州出身の木戸孝允(きど たかよし)の建議が採用され、すでに作成中だったものが改められ、明治元(1868)年に発布されました。特別展では、その木戸孝允修正案も併せて展示され、明治維新の舞台裏を目にすることができます。

拵(こしらえ)(※)に毛利家の家紋が入った美しい太刀(国の重要文化財)も注目です。敬親をまつる野田神社の創建に当たり、毛利家から奉納された宝物(ほうもつ)で、普段は見ることができません。

太刀 「銘□友(伝助友)附 衛府太刀拵(つけたり えふたちこしらえ)」の写真

毛利家の格の高さを象徴する逸品 国の重要文化財太刀 「銘□友(伝助友)附 衛府太刀拵(つけたり えふたちこしらえ)」野田神社蔵(山口県立山口博物館寄託)

最も注目されるのは、かつて毛利家が秘蔵していた狩野永徳(かのう えいとく)・狩野常信(つねのぶ)筆「唐獅子図屏風(びょうぶ)(右隻(うせき)・左隻(させき))」のうち、常信による左隻(江戸時代前期)が展示されることです(7月28日(土曜日)から8月26日(日曜日)まで)。唐獅子図屏風は安土桃山時代・江戸前期以来の毛利家の宝でしたが、明治時代、毛利家から明治天皇に献上。現在は宮内庁三の丸尚蔵館(しょうぞうかん)の所蔵となっています。

他にも志士たちの息遣いがリアルに伝わってくる古写真や、孝允の手紙に坂本龍馬(さかもと りょうま)が裏書きをした「薩長同盟」の証しなど、ご子孫や公的施設などで大切に守られてきた長州ゆかりの貴重なものが多数展示されます。

木戸家文書坂本龍馬朱書返書の写真

坂本龍馬が裏書きした薩長同盟の証し「木戸孝允書簡 坂本龍馬宛(坂本龍馬裏書)」宮内庁書陵部(しょりょうぶ)蔵

また、7月21日(土曜日) 、8月11日(土曜日・祝日)・25日(土曜日)には、山口県立美術館がある山口市パークロード一帯で、明治維新150年メモリアルフェス「ISHINロード」を開催します。特設ステージでは、「やまぐち奇兵隊」による歌とダンスや「ちょるる&さのまるステージ」などを行うほか、会場内では、志士や偉人の好物をモチーフにした「歴食マルシェ」、金魚ちょうちんづくり体験等のワークショップ、県内特産品の販売を楽しめるなど、盛りだくさんの内容です。

明治改元から150年目の夏。見逃せない歴史的瞬間の目撃者になってみませんか。

  • ※ 刀剣の外装。 本文※へ戻る

山口市/明治150年記念特別展「激動の幕末長州藩主 毛利敬親」

明治150年記念特別展「激動の幕末長州藩主 毛利敬親」のチラシ

【明治150年記念特別展「激動の幕末長州藩主 毛利敬親」】

開催期間
7月13日(金曜日)から8月26日(日曜日)まで
場所
山口県立美術館

ISHINロード‐ボクらのイシン‐のチラシ

【ISHINロード‐ボクらのイシン‐】

開催日
7月21日(土曜日) 、8月11日(土曜日・祝日)・25日(土曜日)
場所
山口市パークロード周辺
錦包二枚胴具足(にしきづつみにまいどうぐそく)の写真

華麗なる、敬親夫人の甲冑(かっちゅう)「錦包二枚胴具足(にしきづつみにまいどうぐそく)」毛利博物館蔵


ページの先頭へ戻る

岩国市|錦帯橋のう飼 ゆかたDAY

錦帯橋とう飼の写真

清流錦川に架かる、5つのアーチからなる美しい木造橋、国の名勝「錦帯橋」。錦帯橋のう飼は、夜、かがり火のもと、鵜匠(うしょう)が巧みに鵜を操ってアユを漁獲する様子を屋形船に乗って観賞するものです。「錦帯橋のう飼 ゆかたDAY」の日は、浴衣で鵜飼を楽しむ方にお得な3つのプランを用意。いずれのプランもお弁当とお茶付きで、浴衣をレンタルできるプランもあります。浴衣を着て屋形船でお弁当を楽しみながら、インスタ映えする夏のひとときを写真に収めることができます。

開催日
6月29日(金曜日)、7月8日(日曜日)・19日(木曜日)、8月8日(水曜日)・29日(水曜日)
乗船希望日の5日前までに要予約
場所
錦帯橋周辺 う飼乗り場

防府市|防府天満宮 光の斎庭(ゆにわ)(七夕まつり)

七夕まつり 傘玉の写真

防府天満宮の夜の境内に、牛乳パックを再利用した手作り灯籠に願い事を書いて光をともす、幻想的な「光の斎庭」を創り出します。斎庭とは「神をまつるために、はらい清めた所」のこと。傘を用いた光のオブジェも設置し、地上の星空を演出します。7月7日(土曜日)には、「ひこぼし★おりひめコンサート」や体験型アートイベント「光る風船を持って歩こう」なども行われます。

開催期間
7月1日(日曜日)から7日(土曜日)まで
場所
防府天満宮

下関市|海峡ファンファーレ

カモンワーフの写真

幕末・維新期、さまざまな事件の舞台となった関門海峡。海峡に面した唐戸地区は、現在、唐戸市場やカモンワーフ、下関市立しものせき水族館「海響館」のほか、関門大橋や対岸の門司の夜景も楽しめる人気の観光スポットとなっています。明治維新150年の今年、夏の夜、4回にわたって、幕末・維新ゆかりの関門海峡をバックに、音楽・ダンスなどのステージと、花火のショーを楽しめるイベントが開催されます。

開催日
7月7日・14日、8月25日、9月8日(いずれも土曜日)
場所
唐戸市場横(カモンワーフ海側ステージ)

萩市|むつみ昆虫王国

むつみ昆虫王国 かぶと虫ドームの写真

むつみ昆虫王国は、萩市郊外、自然豊かなむつみ地域にあり、夏の間だけ開国します。クヌギなどを植栽した林をネットでドーム型に覆った「かぶと虫ドーム」で放虫されたカブトムシを自由に触ったり、「昆虫の森」で昆虫採集を楽しんだり、「クワガタの館」でヘラクレスオオカブトをはじめ外国のカブトムシやクワガタムシなどを観察することができます。

開催期間
7月14日(土曜日)から8月23日(木曜日)まで(予定)
場所
むつみ昆虫王国

宇部市|はなびーる電車

はなびーる電車の写真

7月21日(土曜日)、10,000発の花火が打ち上げられる宇部市花火大会が宇部港で行われます。その花火大会を、JR宇部線を走る貸切列車に乗って、宇部のおつまみセットと、大人はビールや宇部の地酒、子どもはジュースなどを楽しみながら観に行く「はなびーる電車」が、今年は5周年記念ヘッドマークを装着して運行されます(7月11日(水曜日)までに要予約)。はなびーる電車にはオリジナルグッズも付いており、花火大会を専用観覧スペースでゆったり観ることができます。

開催日
7月21日(土曜日)
出発駅
JR新山口駅、阿知須(あじす)駅
問い合わせ
宇部市交通局 観光貸切係
宇部市大字善和203番地90
電話:0836-31-2442
登録番号:山口県知事登録旅行業第2-38号

阿武町|なご夏まつり、第1回ABUスイムラン大会

なご夏まつりの花火の写真

2,000発の大輪の花火を間近で楽しめることで人気の「なご夏まつり」が2日間にわたって開催されます。1日目は奈古漁港で海上御神幸や神灯(ごしんとう)流し、花火大会、住吉神社で飴(あめ)まきや神子舞(みこまい)、芸能大会。2日目は虫除け祈祷(きとう)や、御輿(みこし)の練り歩き、イカダ大会などが行われます。また、2018福井しあわせ元気国体トライアスロン競技山口県選手権最終予選会となる「第1回ABUスイムラン大会」も開催されます。

開催日
7月21日(土曜日)・22日(日曜日)
場所
奈古(なご)漁港、道の駅阿武町周辺

ページの先頭へ戻る


山口県ってどんなとこ?



ページの先頭へ