元気になるメールマガジン!!山口きらめーる/2018年3月23日号 vol.335 おススメします! 私のまちのお宝PR

ここから本文

2018年3月23日号 vol.335
おススメします! 私のまちのお宝PR

第17回 防府市編


山口県の各市町の若手職員などにインタビューし、わがまちの魅力を語っていただくコーナーです。今回の登場は、防府市おもてなし観光課の浜田貴司(はまだ たかし)さん。仕事で関わるイベントだけでなく、防府天満宮の「光の斎庭(ゆにわ)(七夕まつり)」など、まちを元気にするイベントにボランティアとして積極的に関わっていて、先輩たちから大いに刺激を受けています。そんな浜田さんに、防府市の“お宝”についてインタビュー!!

防府市おもてなし観光課の浜田貴司さんの写真

「ゴールデンウィークには、防府市は、『幸せますウィーク』のさまざまなイベントで盛り上がります。防府へ来られたら『幸せ』が増しますよ!」


防府市で今、若い世代におススメや人気のスポットを教えて!

まずは、「ほうふカフェ同盟」加盟店!! 実は防府市内には個性的なカフェが多く、店主同士の仲も良いことから、各店の魅力を一緒に発信していこうと、「ほうふカフェ同盟」を結成し、年数回、期間限定のメニューが作られているんです!! 現在は3月31日(土曜日)まで加盟店舗で、甘酒ミルクや、あげぱんきなこなど、お店それぞれが考案したユニークな「幸せます あったかカフェメニュー」をお楽しみいただけます。

防府といえば、「防府天満宮」。ゴールデンウィーク中には、大石段が花回廊に大変身!「インスタ映え」すること間違いありません。また、7月の七夕まつりや、8 月の「防府天満宮御誕辰祭(ごたんしんさい)」の花火大会など、友だちやカップルで楽しめる催しが、年間を通じ一番多く行われる人気の場所です。

防府市スポーツセンター「ソルトアリーナ防府」も、若い世代に人気の場所。バドミントンやバスケットボール、卓球など、友人同士で集まって好きなスポーツを楽しめます。

「ほうふカフェ同盟」のチラシの画像/画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります

個性的なカフェがいっぱい!「ほうふカフェ同盟」。期間限定メニューが人気です!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

光の斎庭(七夕まつり)の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

手作り灯籠の明かりが幻想的な「光の斎庭(七夕まつり)」。傘玉や光る風船も必見!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ソルトアリーナ防府外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「ソルトアリーナ防府」。「ソルト」は、その地域がかつて塩田地帯だったことにちなみます!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


防府市自慢の「味」というと?

ほうふ玉子かけごはん」です!! NHK 大河ドラマ『花燃ゆ』の主役「楫取素彦(かとり もとひこ)夫妻」は晩年、防府で暮らされました。玉子かけ料理が好物だったことにちなみ、防府市内の飲食店それぞれが想像力を膨らませ、和・洋・中さまざまなオリジナル玉子かけメニューを開発。中には、「えっ、これが玉子かけごはん?」っていうユニークなものも(笑)。現在10店舗で、お楽しみいただけます。

次は、防府ブランド「天神鱧(はも)」。防府は、ハモ漁が盛んな地。市内の料理人有志で結成された「はも塾」加盟店で、ハモのフルコースなど、それぞれに趣向を凝らしたハモ料理をリーズナブルにいただくことができます!!

そして、「かまぼことちくわ!!」山口県のかまぼこは「焼き抜きかまぼこ」という独特の製法で作られ、特に防府のかまぼこは有名で、コシの強い独特の歯応えとうま味が評判です!!


「ほうふ玉子かけごはん」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

梅の花をかたどったもの、サラダボウル、タコライスふう…?! 個性豊かな10の味の「ほうふ玉子かけごはん」。あれもこれもきっと食べたくなりますよ!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「天神鱧」のコースの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

防府ブランド「天神鱧(はも)」。おいしいハモ料理を食べたいなら、防府へどうぞ
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

防府のかまぼことちくわの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

独特の歯応えとうま味。病みつきになるファンの方が多い、防府のかまぼこです
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


その他のおススメ情報を教えて!!

なんといっても、「ほうふ幸せますまち博」。防府の“とっておき”に出会える小さなプログラムやイベントを、まちの各所で開催する手作りの博覧会で、今年は9月から11月にかけて開催します!! 昨年のプレ開催の時、私もいくつか参加し、本当に楽しかったです!! 例えば、市内をあちこち自転車で巡って絶品グルメを食べたり、牧場でミルクもち作りに挑戦したりした「はらいっぱいポタリング」。ドローンを飛ばして空撮映像で地域の自然を知った後、歴史あるまちを歩いて特別ランチを楽しんだ「自然・歴史探訪ツアー」等々。防府の魅力を伝える達人の皆さんによる、地元の底力を結集した一大プロジェクト。ぜひ、体感されてください!

次は、「藩主の旅」。防府は歴史あるまちで、見どころが多いのですが、電車などで来られた方にはちょっと不便。そこでおススメは、高級感あるタクシーで終日あちこち巡っていただき、藩主気分でぜいたくに観光を楽しんでいただける便利なプランで、「毛利家のゆかりを訪ねて」と「周防の国府探訪コース」の二つがあります。

そして今年は、明治維新150年。防府市明治維新150年推進協議会では、幕末、三田尻(みたじり)で藩主父子らが英国の海軍提督に振る舞った料理を再現する取り組みを行っています。先月、ホームページで、「家庭で作れる幕末おもてなし料理」のレシピを公開しました。ご活用ください!!


「ほうふ幸せますまち博」のチラシの画像/画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります

各種体験プログラムがいっぱいの「ほうふ幸せますまち博」。今年の秋、開催です!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「藩主の旅」のチラシの画像/画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「藩主の旅」。市内各地にある毛利家ゆかりの場所をタクシーでご案内!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「家庭で作れる幕末おもてなし料理『りんご玉子』」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「家庭で作れる幕末おもてなし料理『りんご玉子』」。レシピは HP で公開しています!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


仕事などを通じて、あらためて気付いたあなたのまちの魅力って?

市内で開催するイベントなどに、仕事だけでなく、ボランティアとしても関わっています。イベントに携わる皆さんと関わる中、お互いが「自分たちも協力しよう!」と助け合っていくシーンに数多く出会い、私もその輪に加わって一緒に成功させたいと強く思うようになりました。その一つが、「光の斎庭 (七夕まつり)」です。牛乳パックを再利用した灯籠に一つ一つ火をともしたり、傘を組み合わせて作った傘玉と呼ぶオブジェの中に光をともしたり、光る風船を夜空に一斉に飛ばし、見に来られた皆さんにシャッターチャンスを呼び掛けたり。イベントは評判になり、多くの皆さんが訪れるようになりました。そうしたイベントに関わっている皆さんはイキイキと活動されていて、仕事の時もプライベートの時も優しく声を掛けてくださり、「幸せます」という私の大好きな言葉が頭によく浮かびます。幸せますとは「幸いです。うれしく思います。助かります」といった意味の山口県の方言で、防府市の地域ブランドになっています。イベントのボランティアで知り合った先輩からは、自分の企画を「愛して」「情熱」を注いで取り組むことが、周りを動かす力になると教わりました。その言葉を胸に、頑張ります!!


ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ