ここから本文

2018年3月23日号 vol.335
行ってみよう!見てみよう!

長門市/「センザキッチン」グランドオープン

昨年10月、青海島(おおみじま)観光船乗り場の近くに、「リビング・ダイニング・キッチン」をコンセプトとして、「遊ぶ」「つなぐ」「食べる」の3つの特徴を持つ仙崎地区交流拠点施設「センザキッチン」がオープンしました。11月には道の駅として登録。4月20日(金曜日)には、新たにダイニング棟が完成し、待望のグランドオープンを迎えます。

センザキッチンの写真

センザキッチンで、昨年、先行オープンしたのはキッチン棟です。そこには、農林水産物等直売所で購入したバーベキュー食材を自分で焼いて食べることができるグリルハウスや、レストラン、ベーカリー、シーサイドデッキなどが設けられています。

今回新たに完成したのは、休憩所・観光案内所も備えたダイニング棟です。人口1万人当たりの“やきとり”店舗数が国内トップクラスを誇り、長門市の名物となっているやきとりをはじめ、海鮮丼や揚げ物、ラーメン、カレー、すし等を楽しめる飲食テナントなどが入居します。

特に注目されるのは、ダイニング棟の約3分の1のスペースを占める「長門おもちゃ美術館」で、グランドオープンに先駆けて4月7日(土曜日)に開館します。この美術館は、近年注目されている、木のチカラを子育てに活用する木育(もくいく)の推進を目指した施設。東京おもちゃ美術館の監修による、魅力あふれる木のおもちゃがたくさん備えられています。すぐそばの桟橋には、青海島観光汽船から譲り受けた古い遊覧船を、子どもたちの憧れの船となるようリノベーションしたキッズクルーズ船「弁天」を係留。弁天には、木のおもちゃがいっぱいの「木のたまごプール」や、子ども操舵(そうだ)席などが設けられ、ミニクルーズを体験できます。子どもたちの自由な想像力をふくらませてくれる木のおもちゃ。ボランティアの「おもちゃ学芸員」が子どもたちに遊び方を教えてくれます。

近くには、金子みすゞ記念館や青海島などの観光スポットがあり、昨年秋のオープン以来、多くの人でにぎわっているセンザキッチン。世代を超えて楽しめる交流拠点へ、ぜひどうぞ!!

長門市/「センザキッチン」グランドオープン

長門おもちゃ美術館チラシ
長門おもちゃ美術館 開館
4月7日(土曜日)
場所
センザキッチン ダイニング棟
センザキッチン グランドオープンのチラシ
センザキッチン グランドオープン
4月20日(金曜日)
場所
センザキッチン
センザキッチン空撮

ページの先頭へ戻る

宇部市|ときわ公園 さくらライトアップ、和酒フェス2018、さくらまつり2018

さくらまつりの写真

ときわ公園は約3,500本の桜の木があり、「さくら名所100選」に選ばれています。LEDによる幻想的な「さくらライトアップ」が4月8日(日曜日)まで行われるほか、3月25日(日曜日)には「和酒フェス2018」を開催。4月1日(日曜日)には「さくらまつり2018」が開催され、音楽やダンスのステージ、桜にちなんだスイーツが楽しめる「さくらスイーツフェア」など、イベントが盛りだくさんです!

【さくらライトアップ】

開催期間
4月8日(日曜日)まで
場所
ときわ公園 桜山・東駐車場・じゃぶじゃぶ池付近

【和酒フェス2018】

開催日
3月25日(日曜日)
場所
ときわ公園 ときわ湖水ホール

【さくらまつり2018】

開催日
4月1日(日曜日)
場所
ときわ遊園地ほか

下関市|浜出祭、共同開催企画展「交流する神々‐『浜出祭』の原点‐」

浜出祭の写真

浜出祭(はまいでさい)は、7年に1度の祭りで山口県の無形民俗文化財に指定されています。山間部にある田耕(たすき)神社を出発したご神幸行列が、遠く離れた土井ヶ浜へ。土井ヶ浜に設けられた浜殿では、裃(かみしも)を着て大きなブリを切る魚切り行事などが行われ、祭りには古くからの儀式が受け継がれています。また、下関市立豊北歴史民俗資料館(太翔(たいしょう)館)と土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアムでは、浜出祭の魅力を紹介する展示を開催中です。

【浜出祭】

開催日
4月1日(日曜日)
場所
下関市豊北町

【共同開催企画展「交流する神々‐『浜出祭』の原点‐」】

開催期間
5月6日(日曜日)まで
場所
下関市立豊北歴史民俗資料館(太翔館)、土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム

周南市|大道理芝桜まつり

大道理芝桜まつりの写真

大道理地区鹿野地(かのじ)集落の皆さんが、棚田ののり面に植栽した7色の約10万本のシバザクラが評判を呼び、近年、県内外から多くの人々が訪れるようになりました。4月14日(土曜日)・15日(日曜日)には、集中イベントが行われ、餅まきなどを楽しめます(内容は日によって異なります)。また、期間中、散策用に車いすの貸し出しが行われます。

開催期間
4月1日(日曜日)から5月6日(日曜日)まで。ただし、花の状況により、開催期間を変更する場合があります
場所
大道理(おおどうり)

山口市|湯田温泉白狐まつり

湯田温泉白狐まつりの写真

湯田温泉は、白狐(びゃっこ)が池に入って傷を癒やしていたことから発見されたと伝わり、湯田温泉白狐まつりは、その由来にちなんで行われるまつりです。7日(土曜日)の夜には「白狐の嫁入り松明(たいまつ)行列」、8日(日曜日)には総踊りなど、2日間にわたってさまざまなイベントが行われます。

開催日
4月7日(土曜日)・8日(日曜日)
場所
湯田温泉

萩市|萩八景遊覧船

萩八景遊覧船の写真

城下町・萩の風景を船上から楽しむ遊覧船です。萩城跡入口そばの乗り場を出発し、船頭さんのガイドを聞きながら橋本川へ。天候の良い日には、海へ出て菊ヶ浜などを眺めます。 桜の開花時期には、時間を延長して橋本川土手の桜並木を船上から眺める「桜観賞コース」が特別運航されます。

開催期間
11月30日(金曜日)まで。なお、桜観賞コースは3月23日(金曜日)から4月5日(木曜日)までの予定。桜の開花状況によって延長・短縮する場合があります
場所
堀内(指月(しづき)橋そば・萩城入口付近)

岩国市|春の遊覧船 さくら舟「ミニ遊覧」

さくら舟の写真

江戸時代に創建された五連のアーチの木造橋「錦帯橋」周辺には、数千本の桜の木があり、一帯は山口県を代表する桜の名所として有名です。そんな桜並木と錦帯橋の美しい風景を、清流・錦川に浮かべた遊覧船からのんびり楽しめます。

開催日
土曜日・日曜日・祝日(観桜期は毎日運航)
場所
錦帯橋周辺 遊覧船乗り場

ページの先頭へ戻る


山口県ってどんなとこ?



ページの先頭へ