ここから本文

2018年2月23日号 vol.334
気になる山口 ここが知りたい!!

山口県は、地域を守る消防団を応援するため、さまざまな取り組みを進めています。この取り組みについて、消防保安課 石川朋美(いしかわ ともみ)さんに伺いました。

ちょるる

地域を守る消防団を応援しています!

昨年11月に作成された、「山口県消防団PR映像」を見ました! 会社員や主婦、大学生など、年齢・性別・職業を問わず、さまざまな方が活躍されているんですね。県内には、どのくらい消防団員の方がいらっしゃるんですか?

石川さん山口県の消防団員数は、平成29年4月1日時点で、13,216人(前年度比96人減)で、年々減少しています。そのうち女性消防団員数は、526人(前年度比32人増)で、こちらは増加傾向にあります。
「男の世界」と思われがちな消防団ですが、最近は、住宅防火診断や応急手当の普及など、幅広い分野で活躍する女性消防団員が増えてきているんです。
また、県内すべての消防団に女性団員が在籍していますが、これは全国でも山口県だけなんですよ。(平成29年4月1日時点)

PR映像【会社員編】周南市消防団 第6分団の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

PR映像【会社員編】周南市消防団 第6分団
※画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

PR映像【主婦編】萩市消防団須佐方面団 須佐第8分団の画像/画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります

PR映像【主婦編】萩市消防団須佐方面団 須佐第8分団
※画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

PR映像【大学生編】宇部市消防団 消防防災サポーターの画像/画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります

PR映像【大学生編】宇部市消防団 消防防災サポーター
※画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


女性の皆さんの活躍が進んでいるんですね。そもそも消防団ってどんなもので、どんな活動をされているんですか?

石川さん消防団は、普段はサラリーマンや農林漁業など、それぞれ仕事を持ちながら、火災などの災害が起きたときには「自分たちのまちは自分たちで守る」という使命感に燃えて、地域住民のために活躍している人たちの集まりです。その「地域密着性」、「要員動員力」、「即時対応力」という特性から、「地域防災力の中核として欠くことができない代替性のない存在」とされています。
昭和23年に制度が発足してから、市町村の消防機関として消防署と協力し、消防活動や予防活動はもちろん、風水害や林野火災などの大規模災害が発生したときにも活躍しています。
最近では、AEDを使用した応急手当の普及啓発や避難所運営支援などの新たな取り組みも行っているんですよ。

地域防災の要となる消防団員の減少をストップさせることが、重要なんですね!
県では、どのような支援を行っているんですか?

消防団のPR映像やPRリーフレットを作成して、消防団員募集について広報を行っています。
また、消防技術の向上や消防団員の士気・連帯意識の高揚を図り、消防団の活動力の強化と県民の理解を深めるため、県内の消防団の代表が消防操法の技を競う、「消防操法大会」を毎年開催しています。
加えて、山口県では、消防団員の活動に協力する事業所を認定する「消防団協力事業所表示制度」を全市町で導入していて、平成29年12月1日現在、12市2町で196事業所が市町の協力事業所であるシルバーマークに、うち23事業所は、特に顕著な功績があると国が認めるゴールドマークに認定されています。

消防団PRリーフレットの画像/画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります

消防団PRリーフレット
※画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

消防操法大会の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

消防操法大会の様子
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


リーフレットに載っている皆さん、とってもイキイキとした顔をされていますね! 消防団に入団するためには、どこに相談したら良いんでしょうか?

石川さん入団に関するご相談は、お住まいの市町消防団窓口にお問い合わせください。また、山口県の消防団のページや、総務省消防庁オフィシャルウェブサイトでは消防団のさまざまな情報を紹介していますので、ぜひ参考にしていただければと思います。
皆さんも地域の安心・安全のため、消防団に入団し、地域防災力の充実強化に貢献してみませんか?

放課後児童クラブでの防火啓発の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

放課後児童クラブでの防火啓発の様子
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

学生消防団員の訓練の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

学生消防団員の訓練の様子
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ