ここから本文

2017年12月22日号 vol.332
おススメします! 私のまちのお宝PR

第14回 田布施町編


山口県の各市町の若手職員などにインタビューし、わがまちの魅力を語っていただくコーナーです。今回の登場は、田布施町経済課の羽山斉克(はやま まさかつ)さん。就職して3年目。田布施町は見事な桜並木で知られ、「たぶせ桜まつり」には毎年数万人の人が訪れます。「いつかそのイベントの企画を!」と目を輝かせる羽山さんに、田布施町の“お宝”についてインタビュー!!

田布施町経済課の羽山斉克さんの写真

田布施町は、岸信介(きし のぶすけ)・佐藤榮作(さとう えいさく)兄弟宰相のふるさと。特産品のイチジクも有名です。85基以上も古墳がある「古墳のまち」でもあるんですよ!!


田布施町で人気の場所を教えて!

田布施川沿い、樹齢50年の木などが約1キロメートルにわたって続く、約350本の桜並木です。桜の季節は本当にきれいで、大勢の人でにぎわいます。桜並木の反対側、南岸には、童謡・唱歌の碑が30基並ぶ「ふるさと詩情公園」があります。メロディーが流れる歌碑もあるので、試してみてください。

夏は、「馬島(うましま)」が人気です!! 島のキャンプ場「のんびらんど うましま」にはキャビンやテントサイトがあり、のんびり過ごせます。利用期間は4月1日から10月31まで。また、馬島の東南には、刎島(はねしま)という小島があり、完全に潮が引いたときには渡ることができるんです。詳しいことは、田布施町経済課へ。刎島には、シロヘビのような模様が入ったスネークロックと呼ばれる岩があり、見えると幸運が訪れるとか。ホントかな(笑)。

田んぼアート」も人気です。赤・黒・緑色の古代米とコシヒカリを使ってデザインした田んぼアート。とてもきれいです!!

田布施町の桜並木の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

桜並木は、田布施自慢の風景。桜の下でバーベキューを楽しむ人も少なくありません
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

馬島の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

馬島へは、麻里府(まりふ)港から渡船で8分。美しい三日月型ビーチが待っています
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

田布施の新しい名所、田んぼアートの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

田布施の新しい名所に。田んぼアートが、町内四カ所の田園風景を彩ります
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


田布施自慢の「味」というと?

まず、県内有数の生産量を誇るイチジクです!! その加工品も多く、ジャム、外郎(ういろう)、大福など。「田布施いちじくわいん」もおなじみです。

イチゴの栽培も盛んで、田布施地域交流館で今、とれたての完熟イチゴを販売中です。加工品は大福、米粉ロールケーキなど。2月の「いちごまつり」は行列ができるほど人気です。

馬島産のカキもおいしいと評判です!! 2月には、旧麻里府小学校の麻里府グラウンドで「牡蠣(かき)まつり」を開催。多くの人が訪れる人気イベントになっています。


田布施町の特産品イチジクの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

特産品はイチジク。9月には「いちじく祭り」を開催。イチジクのソフトクリームもあります
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

イチゴの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

イチゴの栽培も盛んで、イチゴ狩りを楽しめる農園もあります!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

馬島産の殻付きカキの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

馬島産の殻付きカキ。焼くと、ふっくら、うま味たっぷり!! ホントに美味です
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


これから注目のもの、あまり知られていないおススメのものは?

桜並木の下を走る、大人気の「田布施川桜まつりロードレース大会」。来年は4月7日(土曜日)に開催します。翌日は、「たぶせ桜まつり」。ステージイベントやたくさんの出店もあり、毎年多くの人でにぎわいます。

あまり知られていないものといえば、古墳です!! 田布施には、現在確認されているだけでなんと85基の古墳があり、未確認のものもあるんです。中でも「後井(ごい)古墳」は双円墳で横穴式石室を持つ、山口県最大規模を誇る古墳。田布施や平生・柳井地方を支配した豪族の首長の墓と考えられています。「田布施町郷土館」では、町内の古墳の出土品を見ることができますよ。


「田布施川桜まつりロードレース大会」の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「田布施川桜まつりロードレース大会」。エントリーの受け付け中です。ぜひご応募を!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「たぶせ桜まつり」の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「たぶせ桜まつり」。平成30(2018)年は、4月8日(日曜日)の開催です
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

後井古墳の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

いったいなぜ?! 85基もの古墳がある田布施!! 山口県最大規模の後井古墳は、その巨大でミステリアスな石室に入って見学することもできます
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


仕事などを通じて、あらためて気付いたあなたのまちの魅力って?

田布施は岸信介・佐藤榮作兄弟宰相を生んだまち。お二人の貴重な遺品が、田布施町郷土館で展示されています。私自身、古墳のことなど知らなかったことは多く、田布施が歴史豊かなまちだということは職員になってから知りました。また、農業・漁業が盛んで、田布施地域交流館では、その日にとれた物を販売しています。田布施地域交流館は年間3億円を超える売り上げがあり、町内外のたくさんの皆さんに親しんでいただいています。周辺市町は人口が減少している中、田布施は最近10年間、横ばいを保っています。その理由は、瀬戸内海の温暖な気候に恵まれ、安心して暮らせること、交通アクセスが便利なこともあると思います。田布施は下松市まで約20分、岩国市まで約40分。周辺都市のベッドタウンとしても便利です。どうぞぜひ、田布施町へ。お待ちしています!!


ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ