ここから本文

2017年11月24日号 vol.331
おススメします! 私のまちのお宝PR

第13回 上関町編


山口県の各市町の若手職員などにインタビューし、わがまちの魅力を語っていただくコーナーです。今回の登場は、上関町産業観光課の村田景則(むらたかげのり)さん。上関町は古くから、海上交通の要衝として栄えてきましたが、先月、超専寺蔵「朝鮮通信使船上関来航図」がユネスコの記憶遺産「朝鮮通信使に関する記憶」の関連資料の一つとして登録されたばかりです。そんな歴史あるまちで、地域の絆を育んできた伝統的な祭りに関わり、これからも大切に守っていこうとしている村田さんに、上関町の“お宝”についてインタビュー!!

上関町産業観光課の村田景則さんの写真

上関海峡をはさんで位置する上関は、坂本龍馬(さかもと りょうま)ら幕末維新の志士も立ち寄ったロマンあふれる海のまちです!!


上関町で人気の場所、今、話題のことを教えて!

まず、「上関海峡温泉 鳩子(はとこ)の湯」です!! 人気の理由の一つは、海峡の風景。「露天風呂に漬かったまま、海峡を往来する船をこんなに間近に見られるとは!」と評判です。狭い海峡に面した温泉だからこその魅力です。

2月下旬ごろに咲く「城山(じょうやま)歴史公園」の河津桜。年々人気が高まり、去年は約2万人が訪れました。ここの河津桜(かわづざくら)は枝が横へ横へと伸びているので、目線の高さで、公園いっぱいの鮮やかなピンクの花を楽しめるのが特長。とってもきれいです!!

また、長島地区と室津地区で行っている「古地図を片手に、まちを歩こう。」が評判です!! 長島地区では、ユネスコの記憶遺産に登録された「朝鮮通信使船上関来航図」も使いながら歩くことができます。朝鮮通信使が泊まった御茶屋跡などへの当時の道幅のままの狭い路地や階段、古地図の場所に今もある神社やお寺、復元・移転した旧上関番所。ガイドさんのヒントを頼りに自ら発見を楽しむように歩くことができます。室津地区では幕末維新ゆかりの地を巡ります。刀傷が残るお寺もあるんですよ!!

上関海峡温泉 鳩子の湯の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

上関海峡温泉 鳩子の湯。「美人湯遭遇率日本一!? オフ泉県やまぐち」キャンペーンの温泉家・北出恭子(きたで きょうこ)さんによれば「超濃厚の美肌温泉」だとか!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

城山歴史公園の河津桜の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

城山歴史公園の河津桜。スイセンの黄色、海や空の青色も映えて本当に鮮やか!! 城山歴史公園桜まつりには大勢の人が訪れます
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

国の重要文化財「四階楼(しかいろう)」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

国の重要文化財「四階楼(しかいろう)」。明治時代に造られた貴重な疑洋風建築で、見どころは鏝絵(こてえ)やステンドグラス。「古地図を片手に、まちを歩こう。」で訪ねます


上関自慢の「味」というと?

上関町名物といえば、魚のすり身を揚げた「てんぷら」!! 室津と長島の2つの店で味や食感が異なるので、ぜひ食べ比べを楽しんでみてください。「道の駅 上関海峡」では、新鮮な海産物・農産物の買い物が楽しめる他、揚げたて熱々の水軍コロッケ、地元の藻塩を使ったむすび天なども楽しめます!

海の幸が豊富な上関。クルマエビの養殖場もあります。11月の「愛・ランドフェア」ではクルマエビをお手頃価格で買えるとあって、イベント前から行列ができるほどの人気です。

あまり知られていないんですが、上関の近くにはフグの好漁場があります。県外からも来られる、知る人ぞ知る評判の「ふぐ料理」専門店もあるんですよ。フグの目利きのご主人が、地元の漁師さんが漁獲した中から、これは!!というフグを見極めて料理します。


上関町名物「てんぷら」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

上関町名物「てんぷら」。早朝に行くと、作りたてのおいしさを味わえます!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

上関町産のクルマエビの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

上関町産のクルマエビ。ふるさと納税の返礼品としても人気です!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

上関のフグ料理の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

うまい!とウワサの上関のふぐ料理。フグの本当のおいしさをどうぞ
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


これから注目のもの、あまり知られていないおススメのものは?

例年1月に行われる勇壮な火祭「上関神明祭(しんめいさい)」や、10月に行われる竈(かまど)八幡宮秋祭の「どんでん」、4年に1度の祝島(いわいしま)の「神舞(かんまい)」など。伝統を大事に受け継いでいるお祭もおススメです。

また、祝島には不老長寿の果物と伝わる「コッコーの実」や、にがりの代わりに海水を使って作る「石豆腐」など、ちょっと珍しい食べ物があります。祝島へもぜひどうぞ。


竈八幡宮秋祭の「どんでん」の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

竈八幡宮秋祭の「どんでん」。色鮮やかなどんでん(山車)を担いで練り歩きます!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「コッコーの実」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

秦(しん)の始皇帝が徐福(じょふく)に探させた、不老長寿の果物と伝わる「コッコーの実」。キウイフルーツの原種といわれ、親指の先くらいの大きさです
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


仕事などを通じて、あらためて気付いたあなたのまちの魅力って?

上関の魅力は何といってもきれいな海と新鮮な海産物!! 漁村ののどかな風景は日々の騒がしさを忘れさせ、ほっと一息つくことができます。そうした上関の良さは、大学時代、上関を離れてみて、初めて気付いたこと。今、地域の埋もれた宝を発掘することが使命だと感じています。たくさんの人に上関に遊びに来てもらい、観光の力で交流人口を増やしたいと思っています。早春には美しい河津桜、夏には海水浴・バーベキュー、冬にはおいしいふぐ料理。上関ならではの魅力はたくさんあります。花咲く海の町・上関へ、ぜひどうぞ!!


ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ