ここから本文

2017年11月24日号 vol.331
行ってみよう!見てみよう!

県内各地/幸せを呼ぶ やまぐち福(ふく)キャンペーン

来年の明治改元150年へ向けて、幕末維新をテーマとした観光キャンペーン「やまぐち幕末ISHIN祭 -維新ふた旅-」を展開中の山口県。その中核事業として、12月31日(日曜日)まで、「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン(山口DC)」を開催中です。さまざまな特別企画がある中から、今回は「幸せを呼ぶ やまぐち福(ふく)キャンペーン」を紹介します。

ふぐ寿司の写真

山口県の美食の代表選手といえば、何といっても「フグ」。幸せの福にあやかって、濁らずに「ふく」とも呼ばれています。ところで、なぜ「フグの本場は山口県」といわれてきたのでしょうか。かつてフグは食べることを禁じられた時期がありました。そうした中で明治時代、長州出身の初代内閣総理大臣・伊藤博文(いとう ひろぶみ)が、下関の料亭でそれとは知らずに食べ、そのうまさに感激したことから、山口県令(現在の知事)に命じ、明治21(1888)年、山口県だけにフグ食を解禁させたといわれています。もともと山口県はフグの好漁場が近く、フグを食べてきた長い歴史がありました。その上、全国に先駆けて解禁されたことから、有毒な部分を取り除いて安全に処理する「身欠(みが)き」の技や、おいしいフグを見極める目利きの技、熟成させてうま味を増す技などが磨かれていきました。そうした技で料理された極上のフグ料理を、山口県を訪れて食べた政財界人が絶賛し、フグの本場は山口県という評判が全国に広まっていったのです。

山口DCでは、山口県を代表する味覚のフグを、観光客の皆さんに気軽に味わっていただこうと、フグが一番おいしくなる時季を迎える12月から来年3月まで、特別企画として「幸せを呼ぶ やまぐち福(ふく)キャンペーン」を開催します。これは、県内各地の対象宿泊施設の食事付き宿泊の夕食などに、「ふく料理」を一品以上お付けするというものです。フグの本場・山口県での「ふく料理」をきっかけに、山口県だからこその奥深い食文化に触れてみませんか。

なお、今号の「行ってみよう! 見てみよう!」のピックアップイベントで紹介するものも、すべて山口DCのイベントです。個性豊かなそれぞれのまちへ、どうぞ「おいでませ」!!

県内各地/幸せを呼ぶ やまぐち福(ふく)キャンペーン

フグの写真
開催期間
12月1日(金曜日)から平成30(2018)年3月31日(土曜日)まで
対象宿泊施設
山口DCのホームページをご確認ください。
ふぐの天ぷらの写真

ページの先頭へ戻る

長門市|地元ガイドと歩く –童謡詩人「金子みすゞ」を育んだ仙崎まち歩き-

金子みすゞ記念館の写真

あらゆる命に優しいまなざしを向け、その詩を読んだ人をはっとさせてくれる、童謡詩人・金子(かねこ)みすゞ。「金子みすゞ記念館」や、みすゞの詩に登場するゆかりの地など、みすゞのふるさと港町・仙崎(せんざき)を、地元ガイドの案内で歩きます。予約なしで参加できます。

開催日
11月25日(土曜日)、12月2日(土曜日)・9日(土曜日)・16日(土曜日)・23日(土曜日・祝日)・30日(土曜日)
集合場所
センザキッチン(13時30分出発)、または金子みすゞ記念館(14時出発)

山口市|やまぐち光誕祭 出会いと絆が生む奇跡-光が紡ぎ合う大聖堂

山口サビエル記念聖堂のライティングイメージの写真

室町時代、山口を拠点とした西国一の大名・大内義隆(おおうち よしたか)は宣教師サビエルに布教を許可。その後、天文21(1552)年に山口でクリスマス・ミサが行われ、それは日本初のことだったとされています。そうした大内氏とサビエルの出会いにちなみ、山口サビエル記念聖堂を舞台に、サーチライトやレーザーなどの光で「出会いと絆が生む奇跡-光が紡ぎ合う大聖堂」を演出します。

開催日
12月2日(土曜日)・3日(日曜日)
場所
山口サビエル記念聖堂

周防大島町|周防大島みかん鍋

周防大島みかん鍋の写真

「みかんの島」周防大島で生まれたユニークな創作料理です。周防大島が誇る新鮮な魚介類に加えて、焼きみかんや、ミカンの皮を練り込んだ地魚のつみれ、ピリリと辛いみかん胡椒(こしょう)を用いた鍋料理で、最後はその鍋にフワフワのメレンゲを入れて仕上げた「淡雪みかん雑炊」をいただきます。おいしさが評判を呼び、今や周防大島を代表する名物となっています。

開催期間
平成30(2018)年3月31日(土曜日)まで
場所
周防大島(すおうおおしま)鍋奉行(ぶぎょう)会の加盟店12店舗

下関市|下関満関善席

下関満関善席の写真

「下関満関善席(まんかんぜんせき)」は「下関を代表し、全国に誇れる食材を使用した身も心も満たされる最善の席」という意味が込められた、極上の下関オリジナルグルメコースです。認定された13店舗で、フグやウニ、クジラ、イカ、アンコウ、安岡ネギ、下関和牛、吉田茄子(なす)など、下関が誇る食材を用いた、各店それぞれに腕を振るった自慢の下関満関善席を楽しめます。

予約について
要予約。予約の期限は店舗によって異なります。
場所
市内の認定13店舗

宇部市|ときわミュージアム 世界を旅する植物館

ときわミュージアム 世界を旅する植物館の写真

「世界を旅し、感動する植物館」をコンセプトに平成29年4月、リニューアルオープン。原産地の植生を再現した八つのゾーンに特徴的なシンボルツリーが植栽されており、世界を旅するように、さまざまな珍しい植物や花に出合えます。また、植物館の見どころなどを紹介する、コンシェルジュによるガイドも、午前・午後の各一回行われています。

場所
ときわミュージアム

周南市|周南市徳山動物園 キッズキーパー

キッズキーパー体験の写真

キッズキーパーは、動物たちの餌の準備や掃除などのキーパー(飼育員)の仕事や、動物の健康診断などの獣医師の仕事を、ちょっとだけ体験できるプログラムです(対象年齢や定員あり)。ユニフォームに着替えて、いつもと違う視線で動物園を楽しめます。また、キッズキーパーの受け付けを行う周南の里ふれあいゾーン「るんちゃ♪るんちゃ」では、ウサギやモルモットとのふれあい体験「ウサモルだくんちゃ」や、ハツカネズミを手の上で観察する「ハツカネズミさわるんちゃ」などのふれあい体験も楽しめます。

【キッズキーパー】

開催日
土曜日・日曜日・祝日
場所
周南市徳山動物園

【ふれあい体験】

開催日
毎日(休園日を除く)
場所
周南市徳山動物園

ページの先頭へ戻る


山口県ってどんなとこ?



ページの先頭へ