ここから本文

2017年10月27日号 vol.330
気になる山口 ここが知りたい!!

山口県では、地域資源としての「水素」に注目し、水素利活用による産業振興や地域づくりなど、「水素先進県」の実現に向けた取り組みを進めています。この取り組みについて、新産業振興課 弘中栄明(ひろなか しげあき)さんに伺いました。

ちょるる

水素は次世代のエネルギー!! 「水素先進県」を目指した山口県の取り組み

山口県で作られる水素の量は、全国トップクラスだと聞きました! でも、なぜ山口県では、そんなにたくさん水素を作ることができるのでしょうか!?

弘中さん 苛性(かせい)ソーダ工場や石油製油所、アンモニア工場などからは、生産工程で副次的に水素が作られています。山口県は、岩国地域、周南地域、宇部・小野田地域のコンビナートを中心に、多様な基礎素材型産業が集まっているため、全国トップクラスの大量で高純度の水素を作ることができるんです。
なんと、県内で作られる水素の量は、全国の1割にもおよぶんですよ。

水素発生のイメージ図の画像/画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります

水素発生のイメージ図
※画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


そんなにたくさん!! 山口県はいわば、「水素大国」なのですね。水素を活用することで、どんなメリットがあるのですか?

弘中さん水素には、①太陽光などのさまざまなエネルギー源から作ることが可能、②燃やしても二酸化炭素が排出されない、③貯蔵や運搬ができる、といったメリットがあります。そのため、化石燃料に代わる次世代のエネルギーとして期待されているんです。
また、日本が強い競争力を持つ分野といわれていて、今後の成長産業としてとっても期待されています。


水素って、すごいエネルギーなんですね! これは、山口県の強みを生かさない手はないですね。

弘中さんはい。山口県では、こうした強みを最大限生かすため、「水素先進県」の実現という目標を掲げ、水素関連製品の研究開発・事業化による産業振興や水素を活用した地域づくりなど、全国に先駆けた取り組みを積極的に進めています。
産業振興を促進するため、補助額・期間共に全国トップレベルの補助金等により水素を活用した新しい製品の開発を行う県内企業などを支援しています。水素は全国的にも、世界的にも非常に注目されているため、そうした開発の成果が県内企業の新しいビジネスチャンスにつながります。
また、水素を活用した地域づくりにも力を入れています。県内では、周南地域において中四国地方で最初に水素ステーションが開業し、水素ステーションを核とした取り組みを県・市・地元企業などが一体となって実施しています。こうした周南地域の取り組みを一つのモデルとして、県内他地域への展開を進めています。

県内の企業や関係団体、行政機関が一体となって、さまざまな取り組みが進められているんですね! 具体的には県内でどのような取り組みが行われているんですか?

弘中さん研究開発においては、県内企業などによるさまざまな活動が行われていますが、先ほど言いました補助金をはじめ、県の支援メニューも積極的に活用していただくことで、着実に成果が上がりつつあります。例えば、「水素を燃料として電気と熱(給湯などに利用)をつくり出す純水素型燃料電池システム」、「太陽光発電を活用した高効率な水素製造システム」、「非常電源として活用可能な防災機能を併せ持つ水素ステーション」などの革新的な水素関連製品の開発・事業化に向けた取り組みが進められています。
また、地域づくりの取り組みの一例として、水素の製造から輸送、貯蔵、供給、利用するまでの一貫した水素サプライチェーンの地域実証を行う環境省の委託事業(※)に(株)トクヤマ、東ソー(株)、周南市、下関市、山口県の5者で共同して取り組んでいます。これは、トクヤマ・東ソーの苛性ソーダ工場で発生する未利用な水素を回収し、周南地域で利用する地産地消の取り組みと、下関地域に輸送して利用する地域間連携の取り組みを進めるものです。周南地域では、スイミングクラブや道の駅「ソレーネ周南」などにおける燃料電池の実証、市民を対象とした燃料電池自動車のカーシェアリング実証などを、下関地域では、実証用の水素供給施設を整備し、燃料電池自動車や燃料電池フォークリフトなどの実証を行います。

  • ※ 環境省「地域連携・低炭素水素技術実証事業」本文※1へ戻る
周南スイミングの燃料電池の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

周南スイミングの燃料電池
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

カーシェア用の燃料電池自動車の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

カーシェア用の燃料電池自動車
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

下関地域の実証用水素供給施設の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

下関地域の実証用水素供給施設
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


へぇ、すごい! 山口県の特色を生かした取り組みですね! もっと知りたくなりました。

弘中さん県内では、この他、さまざまな取り組みが行われています。詳しくは、新産業振興課の水素関連トップページをご覧ください。

今後ますます取り組みが加速し、山口発の水素関連製品ができたり、水素の利用が身近にある便利な暮らしになったりするのが楽しみですね!


ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ