ここから本文

2017年9月22日号 vol.329
おススメします! 私のまちのお宝PR

第11回 周防大島町編


山口県の各市町の若手職員などにインタビューし、わがまちの魅力を語っていただくコーナーです。今回の登場は、周防大島町商工観光課の家成周輔(いえなり しゅうすけ)さん。周防大島は「瀬戸内のハワイ」といわれ、今、観光やUJIターンで人気が高まっています。新しいカフェなど、注目のスポットも多く、「町外の友人から『行ってきたよ!』と連絡をもらったりして、うれしいです!」と語る家成さんに、周防大島町の“お宝”についてインタビュー!!

周防大島町商工観光課の家成周輔さんの写真

「瀬戸内のハワイ」周防大島へ、ようこそ!! 特産のみかんと島の形「きんぎょ」が合体した、周防大島町のPRサポーター「みかキン・みかトト」もお待ちしています!!


周防大島町で今、若い世代などに人気の場所を教えて!

「瀬戸内のハワイ」ともいわれる周防大島には、ビー玉海岸など、キレイなビーチが幾つもあります。中でも一番人気は、片添ヶ浜(かたぞえがはま)。リゾートホテルや温泉、キャンプ場などがあり、周囲にはワシントンヤシなどもあって、ハワイ気分で楽しめます!!

次は、「真宮島(しんぐうじま)」。「道の駅サザンセトとうわ」のすぐ裏の沖にある島なんですが、潮が引くと、天の川みたいに、白い砂の道を歩いて渡れるんです。恋のパワースポットともいわれていて、とっても人気があります。

次もパワースポット、「しあわせ祈岩」。立岩(たていわ)・巌門(がんもん)・岩屋権現(いわやごんげん)・帯石観音(おびいしかんのん)という四つの奇岩をお参りして幸福を願うもので、それぞれの岩や洞窟には観音様などが昔から祀(まつ)られています。岩屋の洞窟では、正月に、そこで餅を焼いて食べ、無病息災を祈るという風習もあるんですよ!!

片添ヶ浜の「サタフラ」の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

リゾートホテルなどがある片添ヶ浜。夏は「サタフラ」の会場となり、全国各地からフラを楽しむ人たちがやってきます!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

干潮時の「真宮島」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

干潮のときだけ歩いて渡れる「真宮島」。地続きになるのは干潮の前後の3時間のみ。ロマンティックなパワースポットです!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「しあわせ祈岩」の巌門の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

パワースポットの「しあわせ祈岩」(写真は巌門)。四つ巡って、しあわせになろう!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


周防大島自慢の「味」というと?

「みかんの島」周防大島のみかんを使った新名物「周防大島みかん鍋(※1)」!! 多くのマスコミで取り上げられ、すっかりおなじみになりました。僕自身、食べてみる前は「えーっ!?」って思っていたんですが、食べてみたら「イケるじゃん!」(笑)。ぜひ食べてみてください!! 会話が弾むこと、間違いなしです。

周防大島みかん鍋に次ぐ新名物が「タチウオの鏡盛り」!! タチウオの好漁場・周防大島ならではのぜいたくな逸品です。新鮮なタチウオだからこそのキレイな銀箔(ぎんぱく)がキラキラ。しかも、これ、ただの刺し身じゃないんです。お皿に盛り付けた後、塩を絡めたかんきつでポンポンとたたいて香りを付け、最後にバーナーで軽くあぶってからいただくんです。だから皮がギュッと縮んで香ばしくて、新鮮なタチウオのうま味を一層堪能できます!!

そして「いりこラーメン」!! いりこだしのさっぱりとした、体に染み込むようなスープが特徴の周防大島独特のラーメンです。ぜひ味わってみてください!


周防大島みかん鍋の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

焼きみかん、みかん胡椒(こしょう)、ミカンの皮を練り込んだ地魚のつみれ…。周防大島みかん鍋のおいしさ、ぜひあなたの舌で確かめてみて!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「タチウオの鏡盛り」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

創作刺し身料理「タチウオの鏡盛り」は、タチウオの好漁場・周防大島ならではのぜいたくな逸品!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「いりこラーメン」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ちまたで噂の「いりこラーメン」。海の幸に恵まれた周防大島ならではのラーメンです!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


これから注目のもの、あまり知られていないおススメのものは?

10月1日(日曜日)に周防大島などを走るサイクルイベント「サザンセト・ロングライドinやまぐち」が開催されるように、周防大島はサイクルスポーツに最適の地。国道が海沿いにぐるっと巡っているので、瀬戸内海の多島美を眺めながら島一周サイクリングを楽しめます!!

10月になれば、みかん狩りがおススメです!!  周防大島のミカンがおいしいのにはちゃんと理由があり、温暖な気候が栽培に適していることや、日当たりがよく、海から反射する光もよく当たり、水はけも良い段々畑で栽培されることから、甘いミカンが実るんです。遮るものがない段々畑からの海の景色は、本当に気持ちいいですよ! みかん狩りへ、ぜひどうぞ!


「サザンセト・ロングライドinやまぐち」の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

10月1日「サザンセト・ロングライドinやまぐち」開催。応援、よろしくお願いします!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

周防大島の段々畑と海の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

周防大島といえば、段々畑と海!! おいしいミカンと、この風景。きっとあったかい幸せを感じるひとときになりますよ!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

山口県のオリジナルかんきつ「ゆめほっぺ(せとみ)」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

山口県のオリジナルかんきつ「ゆめほっぺ(せとみ)」も周防大島でたくさん栽培されています。出荷は3月から。ほっぺたが落ちそうなおいしさです!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


仕事などを通じて、あらためて気付いたあなたのまちの魅力って?

祖父母が周防大島在住で、子どもの頃からよく、ミカン作りを手伝いに来たりしていて、大学卒業後は周防大島のために何かしたい、と思っていました。今こうして観光に携わるようになり、「漁村らしい風景を見てみたい」といった問い合わせなどをきっかけに、漁港とか段々畑とか、田舎だからこその魅力も観光になるんだ!と初めて知りました。周防大島町は昨年度、観光交流人口が目標としていた100万人を突破! これからもどんどん魅力を発見・発信していきます。また、周防大島は今、移住者の皆さんが増えつつあります。起業を志す人を育成する「島スクエア(※2)」をはじめ、ジャム屋さんや蜂蜜カフェなど、移住して起業した方たちが親身に相談に乗っておられることや、道の駅のチャレンジショップなど、起業家を育む環境に加えて、周防大島そのものに魅力を感じてくださっているからこそだと思います。皆さんも周防大島へぜひどうぞ!! 大島大橋を渡ってすぐ、今年できた、ハリウッドふうの輝くサイン看板が、皆さんのお越しをお待ちしています!!

  • ※1 提供期間は11月から3月下旬まで。本文※1へ戻る
  • ※2 大島商船高等専門学校が開講している人材育成の拠点。本文※2へ戻る

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ