ここから本文

2017年9月22日号 vol.329
気になる山口 ここが知りたい!!

山口県では、「企業立地日本一」を目指した積極的な企業誘致活動を展開しています。この取り組みについて、企業立地推進課 丸谷修平(まるたに しゅうへい)さんに伺いました。

ちょるる

企業立地の取り組みについて

山口県のホームページなどで見かける、金と銀の斧(おの)を持ったかわいらしい女神が目を引きます! このイラストは、何なのでしょうか!?

丸谷さん 企業の「願い(業績拡大)をかなえる希望の施策(企業立地)」をコンセプトに、有名なイソップ寓話(ぐうわ)「金の斧、銀の斧」になぞらえて制作された、山口県の企業立地イメージデザインなんです。山口県の優れた立地環境を「金の斧」、充実した優遇制度を「銀の斧」に見立て、希望を想起させる「希望の女神」を用いています。県のホームページをはじめ、さまざまな広告媒体で活用しているんです。

希望の女神の画像/画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります

希望の女神
※画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


山口県の魅力を、金銀それぞれの斧に見立てるなんて面白いですね! 優れた立地環境(金の斧)には、どんなものが挙げられますか?

丸谷さんまず、「良好な交通アクセス」が挙げられます。山口県は、陸海空ともに優れた交通インフラを備えていて、「道路利用者満足度調査(国土交通省)」では、これまでに全国総合1位にもなっています。
また、温暖な気候と自然災害の少ない「災害等のリスク分散に優れた地」であることや、日本一の工業用水の給水能力を持つなど「産業インフラニーズ」にも対応していることも挙げられます。
この他にも優れた立地環境はたくさん!! 詳しくは、「山口県のセールスポイント」のページをご覧ください。


優れた環境が整っているんですね! では、優遇制度(銀の斧)を教えてください。

丸谷さん工場の新設等の設備投資などを支援する「企業立地促進補助金」、東京23区から山口県に本社機能を移転する企業に対して、常用雇用者1人当たり50万円を補助する「地方分散支援補助金」、対象となる産業団地の用地取得に対して、取得額の80パーセントを補助する「産業団地取得補助金」などの補助金をはじめ、実質3年間の工業用水料金が無料になる「工水引込管設置支援事業」を実施するなど、立地や移転したい企業を強力に支援しています。
制度の詳細は、山口県企業立地ガイドをご覧ください。ご不明な点などありましたら、企業立地推進課まで、お気軽にお問い合わせくださいね。

産業団地「宇部新都市(テクノセンター)」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

産業団地「宇部新都市(テクノセンター)」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

産業団地「小野田・楠企業団地」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

産業団地「小野田・楠企業団地」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


山口県で企業立地を考えている方に、今、特にお薦めの情報がありますか?

丸谷さん11月15日(水曜日)に東京都で「やまぐち企業立地フォーラム」を開催します。フォーラムでは、村岡知事が登壇し、山口県での企業活動のメリットを直接説明する『知事対談「維新の原動力 - 長州の人材・産業・地理 - 」』などを実施します。フォーラム終了後には、県産品を試食いただける名刺交換会も予定しています。山口県への進出をお考えの、多くの企業の皆さんのお越しをお待ちしています。
お申し込みやお問い合わせは、山口県東京営業本部までお願いします。


ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ