ここから本文

2017年7月28日号 vol.327
おススメします! 私のまちのお宝PR

第9回 周南市編


山口県の各市町の若手職員などにインタビューし、わがまちの魅力を語っていただくコーナーです。今回の登場は、周南市に就職して1年目、観光交流課の岡村拓哉(おかむら たくや)さん。観光の問い合わせなどに答えるには、自分自身が魅力をよく知っていなければと、瀬戸内海に浮かぶ大津島(おおづしま)一周サイクリングに出掛けたり、中山間地域でのお祭りに参加したり、市内各地へ積極的に出掛けて体験し、新鮮な情報を発信している岡村さんに、周南市の“お宝”についてインタビュー!!

周南市観光交流課の岡村拓哉さんの写真

周南市の工場夜景、幻想的です!! 市の公式サイトでは、14カ所のおススメのビュースポットを紹介しています。また、陸上から眺めるだけでなく、海から眺めるクルーズのツアーなどもあります。周南市へ、ぜひどうぞ!!


周南市で今、若い世代に人気の場所、この夏おススメの場所を教えて!

まず、市街地にある「徳山動物園」です。昨年園内にオープンした、ウサギやモルモットと触れ合える「周南の里 ふれあいゾーン『るんちゃ♪るんちゃ』」が大人気で、週末には駐車場が満車になるほど。飼育員の仕事を体験できる「キッズキーパー」では、ユニフォームに着替えて、ゾウやペンギンの餌を準備したり、ポニーの体をブラッシングしてあげたり、貴重な体験ができます。また、徳山動物園といえば2年前、テレビ番組「月曜から夜ふかし」で、ユニークな「ゴキブリ展」が紹介されて話題になりました。なんと、この夏は「きて! みて! さわって!? うんこ展」を開催中です(笑)!! ゾウのうんこで紙を作ろうというワークショップも行われます!

徳山港から定期船で行く「大津島(おおづしま)」もおススメです!! 海風を感じながらのサイクリングが、とても気持ちいいですよ! 特に水田跡の広い草原に真っすぐな参道が山裾まで続く、厳島(いつくしま)神社までの山道は神秘的な風景です。そして、大津島は戦時中、人間魚雷「回天」の訓練基地が置かれていた所で、「回天記念館」には、隊員たちの遺書などが展示されています。平和の尊さを教えてくれる記念館。ぜひ、足を運んでみてください。

「周南の里 ふれあいゾーン『るんちゃ♪るんちゃ』」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

大人気!!の『るんちゃ♪るんちゃ』。子どもたちは飼育員のお仕事体験もできます!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

大津島の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

大津島でサイクリングを!! 定期船への自転車持ち込みOK! 大津島ふれあいセンターにはレンタサイクルがあります
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

回天訓練基地跡の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

長いトンネルを抜けた先にある回天訓練基地跡。回天記念館と併せて見学を
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


周南自慢の「味」というと?

しゅうなんブランド」の認定品からご紹介しましょう! まず「徳山ふぐ」! 周南市粭島(すくもじま)は「フグはえ縄漁発祥の地」で、市内にはフグをいただけるお店がたくさんあります。おいしいですよ!!

二つ目は、「須金(すがね)梨」と「須金ぶどう」。中山間地域にある須金地区には15の農園があり、「須金フルーツランド」として、各農園がおいしい果物作りに取り組んでいます。ナシ狩りは8月上旬から、ブドウ狩りは8月25日から楽しめます!!

三つ目は、「鹿野(かの)高原豚」「鹿野高原和牛」。道の駅ソレーネ周南に直営店があり、こだわりのお肉を使ったハンバーガーやハムサンドなどを販売しています。道の駅のすぐ裏の親水護岸に腰掛けて、川をのんびり眺めながらどうぞ!!


フグ料理の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

粭島の周辺の周防灘がフグの最高級品トラフグの好漁場だったことから、粭島はフグはえ縄漁発祥の地に!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

須金フルーツランドの果物の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

須金フルーツランド。ブドウって、こんなに品種があるの? こんなにおいしいの?と、きっと感動間違いなし!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

道の駅ソレーネ周南の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

道の駅ソレーネ周南。少し足を伸ばせば、庭園が美しい温泉旅館や足湯などがある、湯野温泉があります
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


これから注目のもの、あまり知られていないおススメのものは?

周南市は、自然と産業が調和した魅力あるまち。海側には周南コンビナートが広がっていて、その工場夜景から、「日本十大工場夜景都市」の一つに数えられています。工場夜景の鑑賞スポットは、市内に14カ所。個人的には、周南大橋のスポットがおススメです!! 陸から眺めるだけでなく、海から眺めるクルーズのツアーなども行っています。秋からの「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」では、工場夜景特別鑑賞プランをご用意しています。この機会に、ぜひどうぞ!!

中山間地域へもぜひ!! 昭和の雪舟ともいわれる、重森三玲(しげもり みれい)が作った「曲水の庭」がある、鹿野地区の古刹(こさつ)「漢陽寺」は一見の価値あり! 鹿野といえば、標高千メートルを超える高峰・長野山(ながのやま)に最近、地元の女性グループの皆さんが運営する「天空カフェ」がオープンし、早速行ってきました。ウッドデッキは手造り。とてもいい所ですよ!! また、熊毛地域や鹿野地域、湯野地区にある温泉もおススメ。いずれも自然が豊かな地にあり、のんびりできます。


周南市の工場夜景の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

幻想的な工場夜景。11月から1月上旬にかけて開催される「周南冬のツリー祭り」と併せて、工場夜景を楽しむのもおススメです!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

漢陽寺の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

庭が美しい漢陽寺。予約すれば写経・座禅体験もできます。
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「天空カフェ」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

標高千メートルを超える長野山にオープン!!「天空カフェ」。ウッドデッキで景色を眺めながらコーヒーを!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


仕事などを通じて、あらためて気付いたあなたのまちの魅力って?

就職活動中、周南市の中山間地域振興プロジェクトを知り、すごく共感を覚えました。実は僕の祖母が中山間地域で暮らしていることもあり、そうした地域を元気にしていく仕事に僕も関わりたい!!と思ったんです。今配属されている観光交流課でも、観光を通じて地域を元気にすることも、きっとできると思います。僕自身、山側の地域、海側の地域など、あちこちへ行って、お祭りやイベントに参加していて、そこで共通していえるのは、地域の皆さんの笑顔がたくさんあるということ。その笑顔をもっと増やせるよう、自分自身も楽しみながら、観光の仕事をしていこうと思います。また、周南市では来年、新しい市庁舎や、ブック&カフェや学習スペースなど、一体的に民間が運営する民間活力導入図書館を核とする「徳山駅前賑わい交流施設」がオープンの予定です。周南市へ、ぜひお越しください!!



ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ