ここから本文


ぶちうま! キャラクターのイラスト

2017年6月23日号 vol.326
やまぐちブランド

蒲鉾 -磨き抜かれた伝統の技-

山口県内の水産加工品のうち、主な原材料が県産100パーセント、かつ、山口県水産加工展等の表彰制度で知事賞以上の受賞歴を有するという基準を満たした逸品については、「やまぐちブランド」としてブランド化されています。
今回は、その「やまぐちブランド」の水産加工品のうち、「焼き抜き蒲鉾※」3商品をご紹介します。


「大和浜千鳥」の写真

・「大和浜千鳥/大和蒲鉾(株)」
山口近海産の新鮮なエソのみの使用にこだわり、ぷりっとした歯ごたえが自慢です。


「千銀」の写真

・「千銀/千銀蒲鉾(株)」
昔ながらの製法で板の裏から直(じか)火で焼くため、表面に「ちりめんじわ」ができるのが特徴です。


「ゆず巻き」の写真

・「ゆず巻き/(有)忠小兵衛蒲鉾本店」
ゆずの香り、風味と蒲鉾の食感がとてもバランスよくマッチしています。


※「焼き抜き蒲鉾」発祥の地
「焼き抜き」は山口県独自の伝統製法で、山口県が発祥の地と言われています。宝永年間、萩藩の料理人・九郎兵衛(くろべえ)が五代藩主毛利吉元(もうり よしもと)公に「魚肉を摺(す)りつぶし、蒲(がま)の穂状に焼いて献上した」ことが「焼き抜き蒲鉾」の起源とされています。


やまぐちブランドって何?

山口県内で生産される農林水産物や主な原材料が県産100パーセントの加工品を対象に味や品質を重視した独自の基準を設けて厳選した登録商品のことです。
一部商品はインターネットで買うこともできますので 「ぶちうま! やまぐち」のホームページをご覧ください。

今回は、「かまぼこ」を読者クイズの正解者の中から抽選で3人の方にプレゼントします。

[応募方法]
メールマガジン「山口きらめーる」の読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で3人の方に、「かまぼこ」をプレゼントします。締め切りは7月27日(木曜日)です。当選者の発表は、発送をもって代えさせていただきます。皆さん、奮ってご応募ください。
登録者の方は
「山口きらめーる」のメール本文から、ご応募ください。
登録されていない方は
こちらの山口きらめーるの登録ページからご登録されると、次回実施する読者クイズからご応募できます。
[アンケートの結果・クイズの答え]
4月28日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。 「アンケートの結果・クイズの答え」は、こちらのページ をご覧ください。

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ