ここから本文

2017年5月26日号 vol.325
おススメします! 私のまちのお宝PR

第7回 柳井市編


山口県の各市町の若手職員などにインタビューし、わがまちの魅力を語っていただくコーナーです。今回の登場は、柳井市商工観光課の森嵜志優(もりさき しゆ)さん。県外で就職後、ふるさと柳井市にUターン就職して4年目。柳井を愛する地元の人たちに刺激を受けながら、魅力ある観光づくりやPRに取り組んでいる森嵜さんに、柳井市の“お宝”についてインタビュー!!

柳井市商工観光課の森嵜志優さんの写真

夏の「柳井金魚ちょうちんまつり」では、白壁の町並みを数千個の金魚ちょうちんで飾ります。メインイベントの日だけでなく、イベント初日の一斉に明かりが付く瞬間もすごくキレイ。おススメです!!


柳井市で今、若い世代などにおススメや人気のスポットを教えて!

柳井といえば「白壁の町並み」と「金魚ちょうちん」! 可愛らしい金魚ちょうちんと白壁のコントラストが素晴らしく写真映えするので、カメラを持った女子に人気です!

その金魚ちょうちん、今とても人気があるんです。一昨年と昨年、ホテル雅叙園東京の「和のあかり×百段階段展」で約300個も飾られ、「どこで買えるの?」という声が相次ぎ、東京で販売している山口県アンテナショップ「おいでませ山口館」では、一時入荷待ちになったほど。東京スカイツリー内「すみだ水族館」でも昨年、約150個が飾られ、約千匹の本物の金魚や青森の金魚ねぶたとコラボして話題に。柳井では、そんな金魚ちょうちんを製作体験できます。目の付け方でタレ目にできたり、小顔にできたり(笑)。白壁の町並みで、お気に入りの顔の金魚ちょうちんを探して一緒に写真をカシャッ!! 楽しいですよ!

そして「金魚ちょうちんグッズ」!! ノートや消しゴム、マスキングテープ…。どれもキュートで女子にとても人気があります。柳井にある文具店のオリジナルで「柳井ブランド」に認定されています。基本的には、柳井じゃないと買えないので、柳井へぜひどうぞ!

白壁の町並みと金魚ちょうちんの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

白壁の町並みと、愛らしい金魚ちょうちん。見どころいっぱいの歴史あるまちです
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

金魚ちょうちん製作体験の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

やない西蔵や、本家河村信男工房で金魚ちょうちんの製作体験を。おめめパッチリに作れるかな?!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

金魚ちょうちんグッズの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

キュートで女子に大人気! 金魚ちょうちんグッズ。「カワイイ!!」がどんどん増殖中です
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


柳井自慢の「味」というと?

まずは「柳井甘露醤油(かんろしょうゆ)ラーメン」。柳井商工会議所が中心となって作ったラーメンで、2店舗でメニュー化されています。1店は女子に人気のお店で、甘露醤油を自分で適量入れるスタイル。入れると、味が不思議なほどマイルドに! もう1店は、コーヒーに合う優しい味が魅力。ぜひ食べ比べてみてください。

次は、自然薯(じねんじょ)。実は、柳井は「自然薯の人工栽培発祥の地」なんです。自然薯のプリンをはじめ、スイーツやだんご汁など、いろいろな商品が柳井ブランドに認定されていて、東京などでの物産フェアでは売り切れてしまうほど評判です。

そして、これも柳井ブランド認定の「橘香酢(きっかす)」。ミカンの産地・大畠地区で、農薬散布前の青いミカンをギュギュっと手絞りして作る、クエン酸やビタミン類がたっぷりの果実酢です。さっぱりした、さわやかな味が人気です。


自然薯のプリンの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

自然薯のプリン?! 柳井は自然薯人工栽培発祥の地。自然薯を使ったいろいろな商品があります
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

橘香酢の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

橘香酢。焼き魚にかけたり、お湯と蜂蜜を加えて飲んだり、サイダーや焼酎割りもおススメです
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


これから注目のもの、あまり知られていないおススメのものは?

白壁の町並みにある、旧銀行のレトロな洋館「柳井市町並み資料館」にある「お鐘金魚(おかねきんぎょ)」をご存じですか? その中にコインを落とすと、キレイな音がして“幸運が訪れる”っていわれているんです。コインは戻ってくるので、ぜひお試しを。

もうすぐアジサイの季節。柳井には、6千坪の敷地に約150種類2万株以上のアジサイが植えられ、柳井ブランドに認定されている、お菓子メーカーのあじさい園があります。今年の「あじさい祭り」は6月23日(金曜日)から25日(日曜日)まで開催されます。

幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーンから、おススメのものを一つ。柳井の伝統的工芸品「柳井縞(じま)」で作った着物を着て、白壁の町並みをそぞろ歩きする「柳井縞でまち歩き」。手ぶらでお越しいただけるプランです(有料。申し込みが必要)。9月から12月までの期間限定なので、この機会にどうぞ!


お鐘金魚の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ウワサの「お鐘金魚」。幸運の音が鳴って、宝くじが当たった人もいるとか、いないとか?!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

あじさい祭りの様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

お菓子メーカーのあじさい園で開催される、あじさい祭り。毎年数万人が訪れるほど人気です

柳井縞の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

一時途絶えて幻の織物となり、人々の熱意で復活された柳井縞。その着物を着て、白壁の町並みを歩いてみませんか
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


仕事などを通じて、あらためて気付いたあなたのまちの魅力って?

県外で働いていたんですが、いつか柳井に帰りたいと思っていて、ふるさとを出た方が帰りたいと思うまち、帰ることができるまちにしたいと思い、柳井市にUターン就職しました。柳井には全国の誰もが知る有名なものがあるわけではありません。でも、白壁の町並みだったり、金魚ちょうちんだったり、大畠瀬戸の渦潮だったり、吉田松陰も尊敬した幕末の「海防僧」月性(げっしょう)さんだったり、地元の方が大好きで、誇りに思っているものがたくさんあります。そんな地元の方が語るそれらの魅力は、その人の魅力もプラスされて何倍にもなって伝わるんだな、そしてそれこそが「柳井の魅力」だなと感じるようになりました。白壁の町並みもボランティアガイドさんに案内していただくと新しい発見があり、ファンになって帰られる方がたくさんいます。私も柳井の魅力をつくり出し、発信できる人になりたいと思うようになりました。柳井はのんびり歩くと、たくさんの魅力が見つかります。ぜひ、のんびりしに来てください!!


ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ