ここから本文

2017年4月28日号 vol.324
山口県からのお知らせ


「WEB版 明治維新資料室」を開設

「WEB版 明治維新資料室」ページの画像

平成30年に明治改元から150年を迎えるに当たり、山口県立山口図書館・山口県文書館が所蔵する明治維新関係資料の利活用を推進するため、「WEB版 明治維新資料室」を開設しました。

【主な公開資料】

  • 明治維新関係版本
  • 幕末の瓦版(かわらばん)
  • 吉田松陰(よしだ しょういん)関係資料(吉田家伝来。県指定有形文化財)
  • 明治維新関係絵地図
  • WEB版 明治維新資料室

    【担当者コメント】

    山口ならではの貴重な明治維新資料の数々を、ぜひご覧ください!

    【問い合わせ】

    山口県立山口図書館 電話:083-924-2111

    山口県文書館 電話:083-924-2116

    ページの先頭へ戻る


    「やまぐち田舎遊びBOOK 2017」ができました!!

    「やまぐち田舎遊びBOOK 2017」の表紙

    県では、都市と農山漁村の交流を一層促進し、中山間地域の活性化を図るため、農山漁村の暮らしや自然、食、歴史文化などの地域の魅力をゆっくりと楽しんでいただく「やまぐちスロー・ツーリズム」を推進しています。 今年も、県内農山漁村でのさまざまな体験交流情報を紹介する「やまぐち田舎遊びBOOK 2017」を作成しました。

    「やまぐちスロー・ツーリズム」のホームページからダウンロードできます。ぜひご活用ください。

    【主な内容】

  • 農林漁家民宿や体験交流プログラムの紹介
  • 体験交流施設、農林漁家民宿・レストランなどの施設情報の紹介(115施設)
  • 【配布場所】

    道の駅、大型商業施設の情報ボックス、各県民局、各市町窓口、県刊行物センターなどで、無料で配布。

    【担当者コメント】

    やまぐちの田舎をとことん満喫してください!

    【問い合わせ】

    やまぐちスロー・ツーリズム総合推進センター
    (山口県総合企画部中山間地域づくり推進課内) 電話:083-933-3344

    ページの先頭へ戻る


    「やまぐち三世代同居・近居住宅支援事業補助金」の申請を受付中!

    「やまぐち三世代同居・近居住宅支援事業補助金」のイメージ画像

    「世代間の支え合いによる子育てしやすい環境づくり」として、新たに三世代での同居や近居を始めるために住宅の新築、購入、増改築または改修を行う方に対して助成を行う「やまぐち三世代同居・近居住宅支援事業補助金」の申請を受け付けています。

    【申請期間】

    予算(最大30戸)がなくなり次第、受付終了

    補助対象者や補助額など、詳しくは山口県住宅課のページをご覧ください。

    【担当者コメント】

    三世代同居・近居をお考えの方は、「やまぐち三世代同居・近居パスポート」もご活用ください!

    【問い合わせ】

    山口県住宅課 電話:083-933-3874

    ページの先頭へ戻る


    映画「八重子のハミング」が全国公開

    映画「八重子のハミング」のチラシ

    山口県出身で山口ふるさと大使の佐々部清氏が監督した「八重子のハミング」。萩市を主な舞台に、アルツハイマーを発症した妻を夫、家族、そして地域が支えた12年の物語です。5月6日から全国公開されますので、ぜひご鑑賞ください。
    上映場所など、詳しくは八重子のハミング公式サイトをご覧ください。

    【山田洋次監督のコメント】

    誠実な監督が、誠実一途(いちず)に生きた人の物語を懸命に描き上げた。これは佐々部清君ならではの美しい作品です。
    映画監督 山田洋次

    【問い合わせ】

    山口県広報広聴課 083-933-2569


    ページの先頭へ戻る


    山口県立萩美術館・浦上記念館で特別展示「今右衛門の色鍋島」を開催

    「今右衛門の色鍋島」のチラシ

    わが国の色絵磁器(いろえじき)のわざと美の極致を追求した色鍋島(いろなべしま)の伝統を、今日まで一貫して担ってきたのが、佐賀藩の御用赤絵屋(ごようあかえや)を務めていた今泉今右衛門(いまいずみいまえもん)家です。その工芸技術は、重要無形文化財「色鍋島」の保持団体としての色鍋島今右衛門技術保存会に受け継がれ、また、その芸術性は、同時代的美感を加える独自の表現で色絵磁器の造形美を追求した、十三代や当代の今右衛門(ともに重要無形文化財「色絵磁器」の保持者(人間国宝))の作品に見事開花しています。

    本展では、平成26年に人間国宝の認定を受けた当代今右衛門の最新作から、明治以降に色鍋島の伝統を引き継いだ十代から十三代の今右衛門の近代作と、色絵をはじめ染付(そめつけ)や青磁(せいじ)を含む鍋島藩窯の精品まで、そして色鍋島を理解する関連資料なども展示して、現代に至る色絵磁器の崇高(すうこう)と美の造形について、色鍋島370年の歴史をさかのぼって紹介します。

    【期間】

    4月29日(土曜日・祝日)から6月25日(日曜日)まで

    ※休館日:5月15日(月曜日)・29日(月曜日)、6月12日(月曜日)

    ※会期中には、記念講演会やワークショップ、ギャラリー・ツアーなどが開催されます。開催日など、詳しくは山口県立萩美術館・浦上記念館ホームページをご覧ください。

    【担当者コメント】

    色絵磁器の最高峰-華麗なる表現力の凄味(すごみ)をご堪能ください!

    【問い合わせ】

    山口県立萩美術館・浦上記念館 電話:0838-24-2400

    ページの先頭へ戻る

    

    ページの先頭へ