ここから本文

2017年4月28日号 vol.324
行ってみよう!見てみよう!

宇部市/「ときわミュージアム 世界を旅する植物館」オープン

昨年3月にグランドオープンした宇部市「ときわ動物園」。生息環境展示へのリニューアルが評判で、今、大人気となっています。そのときわ動物園がある、ときわ公園に新たな魅力が加わり、4月29日(土曜日・祝日)、ときわミュージアムの温室が「世界を旅する植物館」として、リニューアルオープンします。

監修は、世界各地を旅し植物を収集しているプラントハンターで、「そら植物園」代表の西畠清順(にしはた せいじゅん)さん。世界を旅する植物館では、まさに世界を旅するように、珍しい植物や花、果実に出合えます。

植栽されたバオバブの写真

アフリカゾーンのシンボルツリー「バオバブ」

リニューアルの目玉は、植物の原産地の植生を再現した八つのゾーンに植栽された、特徴的なシンボルツリーです。例えば、「アフリカゾーン」には、地球上に存在する最も大きな樹木ともいわれ、上下逆さまの木として知られているバオバブの大木。サン・テグジュペリの童話『星の王子さま』にも描かれている木で、西畠さんからもお墨付きの国内最大級の大きさを誇るバオバブの大木が、来園者の皆さんを迎えます。「ヨーロッパゾーン」には、「太陽の樹」ともいわれ、平和と繁栄の象徴として古くから愛され、国連のシンボルにもなっているオリーブ。樹齢千年のスペインのものが植栽され、こちらも国内最大級の大きさです。「熱帯アメリカゾーン」には、パラボラッチョ。この木は、水を貯蔵するため、幹が、とっくりのように膨らみ、実が割れて綿毛が出てくることから、スペインでは「酔いどれの木」を意味するパラボラッチョと呼ばれています。4月29日には、西畠清順さんによるパフォーマンスガイド(午前・午後に各30分程度を予定)や、リニューアルオープン記念「オリジナルカンバッジをつくろう!(11時から12時まで。14時30分から15時30分まで。各回先着30人)」などのオープニングイベントが行われます。また、4月29日から5月7日(日曜日)まで、ビデオ上映などを通してリニューアルオープンまでの様子を紹介する、回想録展「世界を旅する植物館 誕生の軌跡」も開催されます。

ときわミュージアムでは、植物クイズに答えて正解するともらえる、植物トレーディングカードが子どもたちの人気を集めてきました。リニューアルオープン後も植物クイズを楽しむことができ、トレーディングカードを集めると、自分だけのオリジナル植物図鑑を作ることができます。 世界を旅する植物館で、たくさんのワクワク・ドキドキに出合ってみませんか。

宇部市/「ときわミュージアム 世界を旅する植物館」オープン

「ときわミュージアム 世界を旅する植物館」のチラシ

「ときわミュージアム 世界を旅する植物館」

オープン
4月29日(土曜日・祝日)
場所
ときわ公園 内
植栽されたパラボラッチョの写真

熱帯アメリカゾーンのシンボルツリー
「パラボラッチョ」

カトレアの写真

カトレア
(開花株あり)

熱帯アジア オウゴチョウの画像

熱帯アジア オウゴチョウ
(現在開花中ではありません)


ページの先頭へ戻る

下関市|しものせき海峡まつり

しものせき海峡まつりの写真

源平最後の合戦の舞台となった関門海峡。しものせき海峡まつりは、その史実をもとに行われる、下関を代表するイベントです。壇ノ浦の戦いで入水された安徳(あんとく)天皇をお慰めする、華やかな上臈(じょうろう)参拝で知られる「先帝祭(せんていさい)」や、海上パレード「源平船合戦」、宮本武蔵(みやもと むさし)と佐々木小次郎(ささき こじろう)の決闘の地での「巌流島(がんりゅうじま)フェスティバル」などが行われます。

開催期間
5月2日(火曜日)から4日(木曜日・祝日)まで
場所
姉妹都市ひろば、赤間(あかま)神宮など

山口市|青空天国いこいの広場

青空天国いこいの広場の写真

子どもたちを笑顔にするとともに、地域を愛する心を育てて、まちの活性化にもつなげようと行われる、こどもの日のイベントです。テーマは「チャレンジ!‐たんけん・はっけん・ぼくのまち!‐」。みんなで押した手のひらを合わせると一枚の絵になる「手のひらアート」やワークショップなど、親子で楽しめるさまざまな楽しいイベントが行われます。

開催日
5月5日(金曜日・祝日)
場所
山口市中心商店街、亀山公園ふれあい広場

光市|普賢まつり

普賢まつりの写真

海の守護仏などとして、四国・九州の船乗りからも信仰されてきた普賢寺。普賢まつりは、普賢寺を開いた性空上人(しょうくうしょうにん)の遺徳をしのんで行われるまつりです。周辺の沿道に立ち並ぶ、植木や陶器、雑貨などの数多くの露店のほか、毎年お化け屋敷も設置されます。

開催日
5月14日(日曜日)・15日(月曜日)
場所
普賢寺(ふげんじ)

和木町|蜂ヶ峯ローズフェスタ2017 -蜂ヶ峯総合公園開園30周年記念-

蜂ヶ峯ローズフェスタの写真

蜂ヶ峯総合公園には、180種4,000本のバラが植栽された県内最大級のバラ園があります。ローズフェスタでは、ステージイベントやフリーマーケット、飲食の屋台などを楽しめます。

開催日
5月20日(土曜日)・21日(日曜日)
場所
蜂ヶ峯(はちがみね)総合公園

萩市|浜崎伝建おたから博物館

浜崎地区の写真

浜崎地区は江戸時代、城下町萩の港町として栄えた町。今も古い町並みが残り、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。このイベントでは、各家で大事にされてきた「おたから」を見ることができるほか、伝建地区ミニツアーや、萩の新鮮な海の幸を味わえる市場食堂、旧萩藩御船倉の特別公開などが毎年人気を集めています。

開催日
5月21日(日曜日)
場所
浜崎地区

防府市|防府航空祭2017

防府航空祭のチラシ

自衛隊の各種航空機の地上展示や、展示飛行、戦車体験試乗などのほか、山口県PR本部長「ちょるる」や、山口県のアイドルユニット「オレンジ☆みるふぃーゆ」のパフォーマンスなども行われます。基地内には一般駐車場はないため、JR防府駅(みなと口)や道の駅潮彩市場防府から運行される有料シャトルバスなどをご利用ください。

開催日
5月21日(日曜日)
場所
航空自衛隊防府北基地

ページの先頭へ戻る


山口県ってどんなとこ?



ページの先頭へ