ここから本文

2017年2月24日号 vol.322
山口県のローカル線めぐり
山口県のローカル線めぐり/JR山陰本線 第9回

京都駅(京都府京都市)と幡生(はたぶ)駅(下関市)を結ぶJR山陰本線。今回は、長門二見(ながとふたみ)駅から小串 (こぐし)駅までの見どころをご紹介します。

二見夫婦岩をじっくり見てみよう

長門二見駅を出発すると、海の景色が見えてきます。この辺りは、二見夫婦岩(ふたみめおといわ)がある場所。

自然の神秘とでもいうのでしょうか、二つの岩が仲良く並び立つ姿は目を引きます。岩の上には小さな鳥居があり、神聖な岩として信仰されていることがうかがえます。毎年1月2日には、地域一帯の豊漁と、漁の安全を祈願して、二つの岩をつなぐしめ縄の張り替えが、地元の男たちの手によって行われています。

車窓からみた二見夫婦岩の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

車窓からみた二見夫婦岩
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

仲良く寄り添う夫婦岩の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

仲良く寄り添う夫婦岩
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

二見夫婦岩の上の小さい鳥居の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

鳥居があるのが分かりますか?
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


椿の名所と由緒ある神社 湯玉駅

広々とした大地の向こうに響灘(ひびきなだ)を望む雄大な風景が見えてきました。そんな中にひっそりたたずむ宇賀本郷(うかほんごう)駅。なんだかかわいらしい。

宇賀本郷駅近くの広々とした風景の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

広々とした見応えのある風景です
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

宇賀本郷駅の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

宇賀本郷駅
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

湯玉(ゆたま)駅に着くと、「みすゞ潮彩」とすれ違いました!

平成29(2017)年1月29日(日曜日)に運行を終了した、「みすゞ潮彩」。なんとか見納めをすることができました。列車は、幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーンに向けて、新たな観光列車としてリニューアルされるとのことで、楽しみです!

この湯玉駅、上りホーム側と下りホーム側の両方に駅舎があり、なんと上りホーム側の駅舎は薬局を兼ねています。

車窓から対向方向に見るみすゞ潮彩の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

みすゞ潮彩!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


湯玉駅下りホーム側の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

湯玉駅外観。下りホーム側です
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

湯玉駅上りホーム側の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

上りホーム側の駅舎。駅名看板かと思いきや、「湯玉駅薬局」と書いてある! ユーモアが効いています
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


湯玉駅から15分ほど歩くと、鯖釣山(さばつりやま)の登山口です。標高182m、響灘が一望できる、絶好のビュースポットです。ここは椿の群生林でもあります。日頃の運動不足を激しく後悔しながら、えいやっ! と登ってみます。

たくさん咲いている椿の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

椿の名所です!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

椿のつぼみの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

例年2月下旬から3月上旬に見頃を迎えます
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


取材時は登山口から山頂まで約25分、息を切らせながらの登山。椿や景色を楽しみながら、ゆっくり登ることをおススメします。

鯖釣山から見る響灘の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

木々の合間から響灘の眺めが
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

鯖釣山山頂から見る宇賀本郷駅方面の眺めの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

山頂から見た宇賀本郷駅方面の眺め
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

湯玉駅から20分ほど歩いた所に、福徳稲荷(ふくとくいなり)神社があります。

海を見下ろす高台にあり、開運や商売繁盛、家内安全、航海安全、豊漁祈願のお稲荷様として親しまれ、古歌にも「長門なる稲城(いなぎ)の山の姫あやめ時ならずして如月に咲く」と詠まれているほど、由緒の古い神社です。

福徳稲荷神社の大鳥居の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

立派な大鳥居
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

福徳稲荷神社の本殿の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

荘厳な本殿
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

福徳稲荷神社から海を見下ろした写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

海を見下ろせば、美しい赤と青のコントラスト
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

参拝道には、「千本鳥居(せんぼんとりい)」と呼ばれる赤い鳥居がびっしりと連なり、登り詰めた所に、この本殿があります。

千本鳥居の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

千本鳥居
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

千本鳥居参道の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

千本鳥居参道
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「千本鳥居」という名前ですが、鳥居の数は千本以上あります。「たくさん」という意味で「千」という字を当てているそうです。参道を歩いていると、なんだか異世界に行きそうな気分…。

参道内の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

参道内は不思議な空間
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


この辺りは、列車は海沿いを走るので、車窓から真下に海を見下ろすことができます。もちろん外から列車を見ても素晴らしい。

海の風景に映える列車の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

海の風景に映える列車
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

車窓から見た湯玉駅から小串駅間の海の景色の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

車窓から見下ろした風景。白波が美しい!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

小串駅に到着です。列車の折り返しが多く行われるこの駅、線路が3本あります。

このローカル線めぐりの旅を始めてから、駅の跨線橋(こせんきょう)から眺める風景の魅力を改めて感じます。高い所から見ることで、線路を遠くまで見渡せ、列車の道のりを思い出すことができます。また、駅の造りを見ることで、その駅が持つ機能などが実感できたり、周辺地域との関わりに思いを巡らせたりすることができるのです。

小串駅外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

小串駅外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

小串駅の跨線橋からの眺めの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

小串駅の跨線橋からの眺め
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


ローカル線のイベント情報
第19回椿まつり
椿の名所、「鯖釣山(さばつりやま)」と、その麓、宇賀ふれあいセンターで行われる祭りです。
ふれあいセンターでは、シシ汁や焼き芋を楽しめる昼食バザーや、輪投げなどのゲームが行われます。
また、鯖釣山をクイズラリー形式で登り、多数の商品も用意される、ウオーキング登山も行われます。
開催日:
3月5日(日曜日) 10時から13時まで
(ウオーキング登山は9時30分より受付、10時スタート)
会場・ウオーキング登山集合場所:
宇賀ふれあいセンター(駐車場あり)
問い合わせ:
宇賀ふれあいセンター
電話:
083-776-0021
※ウオーキング登山は要事前申し込み。2月28日(火曜日)締め切り
※雨天時、ウオーキング登山は中止
JR山陰本線路線図
JR山陰本線路線図

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ