ここから本文

2017年2月24日号 vol.322
おススメします! 私のまちのお宝PR

第4回 萩市編


山口県の各市町の若手職員などにインタビューし、わがまちの魅力を語っていただくコーナーです。今回の登場は、萩市観光課の神崎真悟(こうざき まさと)さん。「ふるさとの力になりたい」とマスコミからふるさと萩市へ転職し、観光PRに取り組んで2年目の神崎さんに、萩市の“お宝”についてインタビュー!!

萩市観光課 神崎真悟さんの写真

平成29(2017)年3月4日(土曜日)、新たな萩の観光起点「萩・明倫学舎」がオープン!! 詳しくは『山口きらめーる』今号の「行ってみよう! 見てみよう!」をどうぞ。


萩市で今、若い世代などにおススメや人気のスポットを三つ教えて!

まず、着物を着て萩城下町を歩くことですね!! なまこ壁がきれいな菊屋横町など、萩にはいい撮影スポットがたくさん。着物姿の若い女性が最近増えているんですよ。城下町エリアにはカフェや雑貨屋さんもあり、着物を着たまま楽しんでいただけます。

次に、間もなくシーズンを迎える萩の桜をご紹介しましょう! 萩市内を流れる橋本川沿いには、毎年いち早く咲く桜があり、もう花を咲かせています。萩の桜を楽しむなら「萩八景遊覧船」がおススメ。桜の季節には、特別に「桜観賞コース」で運航され、船から桜並木を楽しめます。

また、今、全国的にゲストハウスが注目されていますよね。萩には県内でいち早くできたゲストハウスがあるんです。オーナーさんに会いたくて全国各地から1人でやって来られる方、外国の方、リピーターさんも多いそうです。地元の人と交流できるカフェスペースもあり、萩観光の口コミ情報を得るのにいいかも。今は他に、古民家を活用したゲストハウスなども誕生しています。もちろん他の萩の旅館・ホテルもおススメ。温泉もあり、さまざまな宿泊施設があるので、お気に入りの所を探してください!!

「着物ウィークin萩」の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

毎年10月開催の「着物ウィークin萩」。今年は期間を延長して開催予定です!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「萩八景遊覧船」の桜観賞コースの様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

川から眺める萩は叙情たっぷり! 「萩八景遊覧船」の桜観賞コースは3月下旬運航予定!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

萩反射炉の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の一つ「萩反射炉」。神崎さんお気に入りの花見スポットです!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


萩自慢の「味」というと?

萩といえば魚です! 個人的には「萩のケンサキイカ」のお造りがオススメ。旬の新鮮なイカは、甘くてびっくりしますよね。でも、これからの時季なら「真ふぐ」。萩で水揚げされる真ふぐはうま味があって、刺身やちり鍋は絶品。湯引きも刺身とは違った食感で楽しめます。トラフグに比べて、とてもお手頃な価格なのも魅力です。

次に、萩の日本酒!! 昨年12月、長門市で開催された日露首脳会談で振る舞われたのを機に、ものすごく人気が高まっているんです。萩には五つの蔵元があり、市内の居酒屋では、各蔵のお酒の飲み比べセットを提供している所もあります。そういえば、日本酒って、器によっても味が違うんですね!! ある蔵元は萩焼の窯元などとコラボし、2種類の酒器を作り、酒器によって異なる味わいを楽しむ企画をされています。同じお酒なのに、酒器で香りや濃さが違う。面白いですよ!!


「萩の真ふぐまつり」の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

3月12日(日曜日)に「萩の真ふぐまつり」を開催!! お刺身の無料試食などを楽しめます!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「萩の酒まつり」の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「萩の酒まつり」は3月26日(日曜日)開催。詳しくは萩市商工振興課(電話0838-25-3108)へ。
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「萩プレミアムグルメ『はぎ御膳・はぎ弁当』」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

旬の地魚など、新鮮な食材を用い、地元の料理人おのおのが萩を料理で表現した「萩プレミアムグルメ『はぎ御膳・はぎ弁当』」も人気です!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


これから注目のもの、あまり知られていないおススメのものは?

3月4日(土曜日)にオープンする「萩・明倫学舎」は一番のおススメです。ぜひどうぞ!!

そして、萩は江戸時代の町並みがよく残っているのが大きな魅力。幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン(DC)明治維新150年に向け、城下町・堀内・浜崎伝建・須佐地区では、古地図を使ったまち歩きに一層力を入れます。ガイドさんと一緒に巡ると発見がいっぱい!! 「石垣の積み方が、なぜここだけ違うの?」といった疑問と古地図から、かつて門があったことに気付き、昔の風景がリアルに想像でき、とっても面白いですよ!!

また、昨年のDCのプレキャンペーンでは、市内のカフェなどの10店が、萩の五つの蔵の酒かすをアレンジして作った各店オリジナルグルメの「SAKEKASU5 週末カフェ&スイーツ&パン」が大好評でした。今年のDC期間中にも開催予定です。どうぞお楽しみに!!


古地図を使ったまち歩きの様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

古地図を使ったまち歩きは「なぜ?」「へーっ!」「なるほど!」と発見と感動の連続です!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「SAKEKASU5 週末カフェ&スイーツ&パン」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

萩の酒かすを使ったユニークな「SAKEKASU5 週末カフェ&スイーツ&パン」。今後の展開に注目を!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「松下村塾」の畳に座って講話を聴く企画の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

昨年のプレキャンペーンでは、あの「松下村塾」の畳に座って講話を聴く企画も大好評でした!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


仕事などを通じて、あらためて気付いたあなたのまちの魅力って?

マスコミの仕事をしていたんですが、「何のために仕事をするんだろう。自分はふるさとの力になりたい!!」と転職して萩に帰ってきました。萩には地元について詳しい方が多く、観光課2年目の私は、歴史や文化など仕事で関わることの多くを市民の方から教えてもらっている毎日です。萩は歴史的な町並みが残っていて、それは他の市町に絶対負けない魅力。松陰神社や萩城跡、世界遺産などの有名な所はもちろん、あまり知られていない歴史的スポットもたくさんあり、それらを魅力的に伝えていきたいと思います。そして、これまで以上に「自分が住みたい!」と思える、「萩に帰っておいでよ!」と自信を持って言えるまちづくりに、観光の仕事を通して取り組みます!!



ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ