ここから本文

2016年11月25日号 vol.319
おススメします! 私のまちのお宝PR

第1回 下関市編


山口県の各市町の若手職員などにインタビューし、わがまちの魅力を語っていただくコーナーです。第1回の登場は下関市観光政策課の藤上慶(ふじかみ けい)さん。学生時代に韓国へ留学した経験を生かし、下関市と姉妹都市の釜山広域市との懸け橋になりたいと思い、ふるさと下関市に就職。観光振興に奮闘して5年目になる藤上さんに、下関市の“お宝”についてインタビュー!!

下関市観光政策課 藤上慶さんの写真

「JR下関駅は2017年デビューの豪華寝台特急『トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)』の発着駅に!! 「顔」の部分のフォルムがアメリカンフットボールのヘルメットみたいでカッコイイですよね!!」


下関市で今、若者や外国の方などに人気のスポットを3つ教えて!

まずは今、外国からのお客さんがすごく増えている「関門トンネル人道(※1)」ですね!! ツイッターでも話題なんですよ。海底トンネルを歩けること自体、世界的に珍しく、しかも無料なのが人気の理由。トンネルの中央にある福岡県と山口県の県境は今、人気のフォトスポットです。

二つ目は、トリップアドバイザー(※2)の「“行ってよかった!”道の駅ランキング2016」の第1位に選ばれた「道の駅北浦街道ほうほく」。問い合わせも増えています。人気の理由は、地元豊北町の8つの漁港で水揚げされたばかりの豊富で新鮮な海産物を買えることや、コバルトブルーの海や角島大橋が見える景観の美しさです。

三つ目は、金・土・日曜日・祝日に唐戸(からと)市場の中に、新鮮なおすしや海鮮丼などの屋台がズラリと並ぶ「活きいき馬関街(ばかんがい)」。中には、ふく(フグ)やクジラといった珍しいネタも!! 買ったおすしなどを、すぐそばの芝生広場で海峡を見ながら食べることもできるんですよ。下関だからこその楽しみ方、おススメです!!

関門TOPPA! 記念証の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「関門TOPPA! 記念証」も人気!!これで受験や恋愛の関門も突破できるかも!?
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

道の駅北浦街道ほうほくの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

行ってよかった!道の駅ランキング第1位に輝いた「道の駅北浦街道ほうほく」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

活きいき馬関街の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

大人気の「活きいき馬関街」。ふくやクジラのネタもありますよ!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


下関自慢の食べ物って?

では、まず、「瓦そば」からいきましょう!! 焼いた瓦の上に、茶そばやお肉、錦糸卵…。これはもう、見た目のインパクトがありますよね!! 瓦で焼いた茶そばには、パリッパリッに焼けた香ばしい「おこげ」の部分もあって、いろんな食感が楽しめるのが魅力だと思うんです。だしにレモンや、もみじおろしを最初から全部入れず、徐々に加えていって味の変化を楽しんでみるのもいいですよ!

次におススメしたいのは、下関のオリジナル「とんちゃん鍋」です!! ご存じですか? これはスープでホルモンを煮込むんじゃなく、タレを付けたホルモンを具材の水分だけでグツグツ煮込んで出てくる濃厚なうま味が魅力なんです。ちょっとよそとは違うんじゃないかな。韓国の釜山と交流の歴史がある下関は、あまり知られていませんが、実は焼肉がおいしいんですよ! 焼き肉の締めにとんちゃん鍋は最適です!!

そしてやっぱり外せないのが「ふく」!! 昔からふくを食べる文化がある下関には、おいしいふくを見極める目利きや、高度な技で処理するフグ処理師、熟成させてよりおいしくする技や、薄く引いて菊の花のように芸術的に盛り付ける技などを持つ料理人がそろっています。だからこそ、下関のふくはおいしんです。また、お酒が好きな方は、熱々のひれ酒・白子酒で、ふく刺しをしゃぶしゃぶしてみてください。ぜいたくなふくが、よりぜいたくな味になって、口がお出迎えしたくなりますよ!!


瓦そばの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

瓦そば。茶そばのパリッパリッのおこげが香ばしくってやみつきに!?
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

とんちゃん鍋の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

下関のとんちゃん鍋」は一味違うホルモン鍋。まずは食べてみて!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ふく菊盛りの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

なんと、下関ふくを、ひれ酒でしゃぶしゃぶ!! そんなぜいたくな楽しみ方も!!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


個人的におススメの楽しみ方、あまり知られていないおススメのものは?

「角島(つのしま)灯台」です。最近「恋する灯台2016(※3)」にも選ばれたんですよ。個人的には、海に光を投げかける灯台本来の姿が見られる、夜の角島灯台が好きなんです。暗闇の静けさの中、波の音と、満点の星空…。イイですよ!!

あまり知られていませんが、唐戸エリアにある「恋人灯台」もおススメです。これは下関市立しものせき水族館「海響館」近くにある赤と白の二つの灯台で、テレビアニメ『名探偵コナン』にも登場したことがあるんです!! 恋人同士がそれぞれの灯台に触れて愛を誓うと苦難を経ても必ず結ばれる…っていわれていて、皆さんもいかがですか(笑)。恋人灯台のある海響館一帯はイルカやペンギンのイルミネーションをはじめ「灯りのまち イルミネーション水族館-クリスマスバージョン-」が開催中です!

船でしか行けない蓋井島(ふたおいじま)もおススメです。といっても、実は、僕はまだ行ったことがなくて。すみません! 先輩から「いいところだよ!」っていわれて、行ってみたいって思っているんです。昼食で島の民宿の料理を楽しみに食べに行くリピーターさんもいるそうですよ。


角島大橋の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

この角島大橋を渡って、角島灯台に会いに行こう!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

恋人灯台の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

名探偵コナンにも登場した恋人灯台。さあ、ここで愛を誓おう!?
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

灯りのまちイルミネーション水族館クリスマスバージョンの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

灯りのまちイルミネーション水族館クリスマスバージョン!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


仕事などを通じてあらためて気付いたあなたのまちの魅力って?

下関には、歴史あるさまざまな祭りがあります。仕事で祭りに関わり、歴史も学ぶ中で、下関にあらためて愛着が湧いてきました。この祭りがあるからこそ「このまちに住みたい」「戻りたい」と思ってもらえるよう、企画運営していきたいと思います。

また、関門海峡の景色は国内無双(むそう)!! 国際航路の関門海峡を大型船が速い潮流に乗って進む姿を、その船の側面から間近で見られるのは下関ならでは。その迫力ある風景を、皆さんにぜひ見ていただきたいです。

下関市では、幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーンや明治維新150年に向け、多彩な企画をご用意しています。下関で待っちょるよ!!


  • ※1 人道トンネルの下関側・門司側のエレベーターホールに設置してある記念スタンプを一つずつ押して、指定の場所に持参すると「関門TOPPA! 記念証」がもらえる。恋人の聖地・勝利の神社・恋愛成就手形・合格手形・健康祈願・英語などのバージョンがある。本文※1へ戻る
  • ※2 旅の計画から予約までをサポートする旅行サイト。本文※2へ戻る
  • ※3 日本ロマンチスト協会と日本財団による。本文※3へ戻る

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ