ここから本文

2016年7月22日号 vol.315
山口県のローカル線めぐり
山口県のローカル線めぐり/JR山陰本線 第2回

京都駅(京都府京都市)と幡生(はたぶ)駅(下関市)を結ぶJR山陰本線。今回は、奈古(なご)駅から、東萩(ひがしはぎ)駅までの見どころをご紹介します。

道の駅発祥の地 「道の駅 阿武町」 奈古駅

奈古駅に到着です。この付近は阿武町の中心地。
 駅から10分ほど歩いた場所に、道の駅発祥の地といわれる「道の駅 阿武町」があります。
 こちらでは、阿武町の特産品を使った料理やスイーツを味わうことができます。

奈古駅外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

奈古駅外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

道の駅 阿武町外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

道の駅 阿武町
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

日本海の新鮮な魚介も魅力的ですが、今回は「無角和牛(むかくわぎゅう)」を食べてみたいと思います。
 無角和牛は名前のとおり、日本で唯一角のない肉牛で、山口県内のみで飼育され、毎月3、4頭しか出荷されないという貴重な品種。その無角和牛をハンバーグでいただきました。箸を入れると肉汁があふれてきます。お肉の甘みとトマトベースのソースの酸味も相性抜群です!

無角和牛ハンバーグの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

無角和牛ハンバーグ
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

道の駅 阿武町のレストランからの眺めの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

レストランからの眺めが最高!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


デザートにキウイジャムのかかったソフトクリーム!
 うまみの凝縮されたキウイの果実と、バニラソフトとの甘いハーモニー…。
 ボリュームのあるハンバーグを食べた後ですが、ペロリといけます!

プレミアムキウイソフトの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

プレミアムキウイソフト
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


お腹がいっぱいになったところで、再び乗車。車窓からもバッチリ道の駅が見えますよ!

関連リンク:山口県の道の駅 道の駅 阿武町

車窓から見える道の駅 阿武町の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

車窓から見える道の駅 阿武町
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


長門大井(ながとおおい)駅を過ぎるとのどかな田園風景が見えてきます。水が張られ、きれいに田植えされている水田を目にすると、夏の訪れを感じます。

車窓から見える水田の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

水田が青空を映しています
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


線路のすぐそばにある世界遺産!

越ケ浜(こしがはま)駅と東萩駅の中間辺りに、平成27(2015)年に世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」の構成資産の1つ、萩反射炉がありますが、なんと山陰本線の線路のすぐそば! 敷地内からチャンスを狙って撮った写真をご覧ください。

萩反射炉とすぐそばを走る山陰本線車両の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

萩反射炉。ホントにすぐそばを山陰本線が走っています!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


漁港に隣接「道の駅 萩しーまーと」東萩駅

東萩駅に到着。
 ホームや跨線橋(こせんきょう)に城下町・萩を象徴する白壁・なまこ壁を模した趣のあるデザインがあしらわれています。

東萩駅の跨線橋の階段の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

東萩駅の跨線橋の階段
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

東萩駅のホームの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ホーム
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

東萩駅外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

東萩駅外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

東萩駅から萩循環まぁーるバスを利用して、「道の駅 萩しーまーと」に行くことができます。
 こちらは平成27(2015)年に「全国モデル道の駅」に選ばれたのだそう。早速入ってみます!

道の駅 萩しーまーと外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

道の駅 萩しーまーと外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


中は昔の市場が再現されており、少し暗い空間に明かりが沢山並んでいます。どこか懐かしい雰囲気。
建物内を散策していると、醤油(しょうゆ)コーナーが! 萩市の醤油はとても甘いのが特徴なんですよ。

昔の市場のような内観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

昔の市場のような内観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ずらりとそろえられた醤油の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ずらりとそろえられた醤油
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

さて、先ほど見た萩反射炉にちなんで「萩反射炉丼」なる料理をいただきます。
そびえ立つ天ぷらアナゴ! その上には柔らかそうな煮アナゴ! 萩産の食材を使って萩反射炉の形が再現されたユニークな一品。肉厚なアナゴは、柔らかいけれど弾力があります。自家製ダレ・萩の塩・山椒(さんしょう)が付いているので、味の変化も楽しめます。ここ萩しーまーとから萩反射炉へは徒歩約5分。実物と料理、セットで楽しめますね!

「もう満腹!」と思いながらも、甘いものは別腹。萩らしさを味わえる「夏みかんソフトクリーム」もいただきます!
 ほのかな夏ミカンの風味がいい感じです。

萩反射炉丼の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

インパクトがあります! 萩反射炉丼
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

夏みかんソフトクリームの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

夏みかんソフトクリーム
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


関連リンク:山口県の道の駅 道の駅 萩しーまーと


ローカル線の出会い人「道の駅 萩しーまーと」山口さん

「道の駅 萩しーまーと」のオススメはやはり鮮魚ですね。入っている17店舗の内4店舗が鮮魚店なんです。扱っている9割が萩産のもので、隣の市場から仕入れているので鮮度が良いんです。今の時期からお盆までは萩のブランド魚、「瀬つきあじ」がおいしいですよ!

皆さんに来たいと思っていただけるよう、いろいろな催しもしておりますので、ぜひ遊びにいらしてください!

道の駅 萩しーまーと 広報担当 山口さんの写真

広報担当 山口さん


【沿線のイベント情報】
萩・日本海花火大会
萩・日本海花火大会の様子の写真
萩夏まつりの幕開けを告げる花火大会。夜空に約7,000発の色鮮やかで豪快な花火が舞い上がります。尺玉や1,000連発打ち上げ花火など、見どころ満載。周りに障害物のない海岸線から見る花火は大迫力です。
開催日時:
平成28(2016)年8月1日(月曜日)20時から21時まで
開催場所:
萩商港、菊ヶ浜沖(JR山陰本線「東萩駅」から徒歩20分)
問い合わせ:
萩夏まつり実行委員会(萩商工会議所内)
電話:
0838-25-3333

関連リンク:
萩・日本海大花火大会
【沿線グルメ紹介】
福賀すいか
福賀すいかの写真
「福賀すいか」は、福賀地域の昼夜の温度差を生かした栽培と、1株1果どりにより、大玉でうま味が1果に凝縮されたすいかです。“シャリッ”という食感とすっきりとして清涼感あふれる甘みが特徴です。
8月中旬まで道の駅阿武町で購入できるので、ぜひご賞味ください。
関連リンク:福賀すいか(ぶちうま! やまぐち.net)

JR山陰本線路線図
JR山陰本線路線図

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ