ここから本文

2016年7月22日号 vol.315
気になる山口 ここが知りたい!!

全国高等学校総合体育大会(インターハイ)がいよいよ7月28日(木曜日)に開幕します。この取り組みを担当する学校安全・体育課 末永和文(すえなが かずふみ)さんにインタビューしました。

ちょるる

全国高等学校総合体育大会(インターハイ)が間もなく開幕!

高校生にとっての憧れの舞台、インターハイが山口県で開催されますね!

末永さんそうなんです。インターハイは、高校生アスリートにとって最大のスポーツの祭典です。今年は中国ブロックで開催され、県内では6競技が行われます。全国から選手・監督、役員1万人、観客延べ10万人の来県が見込まれるビッグイベントなんですよ!

大会シンボルマークの画像/画像をクリックで拡大。Escキーで戻ります

大会シンボルマーク
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


県外から多くの方が来県されるんですね。ビッグイベントの開催に気持ちが高ぶります。

末永さん選手だけではなく、県内の高校生が一人一役を基本としたさまざまな活動に取り組み、全国から来県される選手や観客への「おもてなしの心」で大会を盛り上げています。歓迎・応援のぼり旗の作製や、会場装飾用の花の栽培、PRチラシの配布などの活動が県内各地で行われていますよ。
活動に参加した高校生からは、「選手に負けないように、同じ高校生として一丸となって大会を盛り上げていきたい」などの声も聞かれ、インターハイを通じて、生徒同士の絆が深まるのを感じます。
インターハイの目的は、技能の向上とスポーツ精神の高揚を図るだけではなく、こうした高校生の活動も含めて、生徒相互の親睦を深め、心身共に健全な青少年を育成することにあるんですよ。

のぼり旗を作製する高校生の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

のぼり旗を作製する高校生
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

会場装飾用の花を栽培する高校生の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

会場装飾用の花を栽培する高校生
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


なるほど! 多くの生徒の努力の結晶が、このインターハイなのですね。山口県では、どのような競技が開催されるのですか?

末永さん県内の開催は7月29日(金曜日)から8月12日(金曜日)までの15日間にわたり、バレーボール、ハンドボール、フェンシング、空手道、なぎなたおよびカヌーの6競技が9市12会場で行われます。それぞれの競技の会場や日程などは、大会公式ホームページに掲載していますので、ご覧ください。ぜひ会場で、選手に大きな声援をいただきますとともに、山口県の多くの高校生が大会を支えている姿を見ていただきたいと思います。

■全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の概要

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ