ここから本文

2016年5月27日号 vol.313
山口県のローカル線めぐり
山口県のローカル線めぐり/JR岩徳線 後編

岩国駅(岩国市)と櫛ケ浜(くしがはま)駅(周南市)を結ぶJR岩徳線。今回は、川西(かわにし)駅から、徳山駅までの見どころをご紹介します。

のどかな景色を楽しむ旅

川西駅を出発し、柱野(はしらの)駅に向かう途中の「森ヶ原信号場」。ここは錦川清流線との分岐点です。

森ヶ原信号場の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

森ヶ原信号場。岩徳線は写真左へ
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


柱野駅を過ぎると、趣のあるトンネルの入り口が見えてきました。トンネルを通過する間、息を止める、という子どもの頃の遊びをしてみましたが、トンネルの長さのため、ギブアップ。このトンネル、欽明路(きんめいじ)トンネルといい、全長約3キロメートルもあるんですよ。

欽明路トンネルの入り口の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

欽明路トンネルの入り口
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

車両が欽明路トンネルを抜けた後の様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

長い長いトンネルを抜けました
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

岩徳線の車窓から見える山あい、川、田園といった景色は、のどかで眺めているだけで心癒やされます。

欽明路駅から玖珂駅間の田園風景の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

欽明路駅から玖珂(くが)駅間の田園風景
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

米川駅近くの跨線橋の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

米川(よねかわ)駅近くの、なんとも趣のある跨線橋(こせんきょう)。紅(べに)色の車両がくぐる瞬間がとてもかわいい!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

米川駅から高水駅間の風景の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

米川駅から高水(たかみず)駅間。心癒やされる自然の風景です
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


関連リンク:錦川清流線(山口きらめーる 2015年7月10日号 vol.296 山口県のローカル線めぐり)


いっぱい遊ぼう! 玖珂駅

さて、沿線スポットをご紹介しましょう。 玖珂駅から7分ほど歩くと「玖珂こどもの館 Kid Museum」があります。

玖珂こどもの館外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

玖珂こどもの館
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


無料で利用できる図書コーナーやプレイルーム、ゲームや卓球台などが置かれている施設(イベントホールや会議室などの貸し出しは有料) です。開放されている中庭は、主に乳幼児連れの保護者や小学生が利用しています。お子さまと一緒に訪れてみてはいかがでしょうか。

図書コーナーの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

図書コーナー
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

幼児用プレイルームの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

幼児用プレイルーム
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

イベントホールの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

イベントホール
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


旧山陽道の面影を残す町並み 高水駅

周南市の高水(たかみず)駅に到着しました。

この周辺には幕末の志士、寺嶋忠三郎(てらじま ちゅうざぶろう)ゆかりの場所があります。忠三郎は、松下村塾で吉田松陰(よしだ しょういん)に学び、尊王攘夷(じょうい)運動に尽くしましたが、禁門の変の際、久坂玄瑞(くさか げんずい)と共に自刃しました。駅から徒歩7分の場所には、寺嶋忠三郎誕生の地、駅から徒歩15分の場所には、松陰が萩の野山嶽から江戸に護送される途中、忠三郎と無言の別れを告げた吉田松陰と寺嶋忠三郎訣別(けつべつ)の地の石碑があります。

寺嶋忠三郎誕生の地の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

寺嶋忠三郎誕生の地
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

吉田松陰と寺嶋忠三郎訣別の地の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

吉田松陰と寺嶋忠三郎訣別の地
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

また、付近の町並みには旧山陽道の宿場町、呼坂(よびさか)宿の面影が。参勤交代の大名などが宿泊や休憩をした呼坂本陣跡も残っています。

宿場町の面影残る町並みの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

宿場町の面影残る町並み
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

呼坂本陣跡の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

呼坂本陣跡
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


夫婦の白狐伝説が伝わる! 周防花岡駅

下松(くだまつ)市に入り、岩徳線、山陽新幹線、国道2号が併走する生野屋(いくのや)駅を過ぎると、周防花岡(すおうはなおか)駅に到着です。

生野屋駅からの景色の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

生野屋駅。新幹線の高架の向こうは国道2号
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

車内後部から見た新幹線の高架と隣り合う様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

新幹線の高架と隣り合う様子
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

周防花岡駅外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

どこか懐かしい雰囲気の周防花岡駅の外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


周防花岡(すおうはなおか)駅の近くには、夫婦の白狐の伝説が伝わり、「失せ物」が見つかるご利益があるといわれる花岡福徳稲荷社があります。毎年11月3日に開催される稲穂祭の祭事では、キツネのお面をかぶった新郎新婦が人力車に乗り、お供と旧山陽道を練り歩く「きつねの嫁入り」が行われます。新郎新婦を誰が演じるかは、毎年秘密とされているのがならわしで、不思議なことに新婦役となった女性は、良縁に恵まれるといわれており、パワースポットとしても有名です。

花岡福徳稲荷社の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

花岡福徳稲荷社
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

きつねの嫁入りの様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

きつねの嫁入りの様子
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


必見の工場夜景スポット 櫛ケ浜駅から徳山駅

櫛ケ浜駅を過ぎると、木々の合間から周南コンビナートの風景が見えてきます。この周南コンビナートは「日本七大工場夜景」の一つに数えられ、美しい工場夜景が全国的にも高い評価を受けています。一見の価値ありですよ!

車窓から見える工場の風景の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

工場の風景が見えます
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

晴海親水公園から見る美しい工場夜景の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

日本夜景遺産にも選ばれた晴海親水公園から見る美しい工場夜景!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


動物園に体験型施設がオープン 徳山駅

徳山駅に到着しました。今回の旅はここで終わりですが、まだまだ見どころがありますよ!

徳山駅ホームの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

徳山駅ホーム
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


徳山駅からバスで約5分、周南市徳山動物園に、平成28(2016)年3月、周南の里 ふれあいゾーン「るんちゃ♪るんちゃ」がオープンしました。愛称の「るんちゃ♪るんちゃ」は「~するよ」というときに使う山口弁の「~するんちゃ」から来ています。「うさぎをだっこするんちゃ」、「エサをあげるんちゃ」と、ふれあいゾーンを楽しんでいただけることをイメージしており、「ふれあいルーム」では天気を気にすることなく、屋内でウサギやモルモットなどの動物たちと触れ合えます。また、シバヤギの展示場では、頭の上にある橋をヤギたちがすいすいと渡り、ヤギの動きをいつもとは違う視線で楽しむことができます。ゾウやペンギンにエサを与えるなど、飼育員のお仕事体験も楽しめる「キッズキーパー」は大人気のプログラムです。

周南の里 ふれあいゾーン るんちゃ♪るんちゃの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

周南の里 ふれあいゾーン るんちゃ♪るんちゃ
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ウサギやモルモットと触れあう様子の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ウサギやモルモットと触れあえるんちゃ!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


ローカル線の出会い人 岩国地旅の会 会長・杉山京子さん

「ご当地ならではの旅」である地旅(じたび)の企画や案内を行うなど、岩国地域の観光振興に努める岩国地旅の会 会長・杉山京子(すぎやま きょうこ)さんにお話を伺いました。

「『地旅』とは、エージェントの誘客を待つ受け身的観光ではなく、能動的に地方から全国へ魅力を発信する着地型観光という新しい発想で始まったものです。地方へ来られたお客さまに地域を体験していただきながら、特産品を食し堪能していただく、究極のおもてなしをご用意します。錦帯橋模型づくりや、岩国ずしづくり、薬草ウオッチング、バードウオッチング、八十八霊場巡りなど、いずれも地域のご協力のおかげで好評をいただいています。

会では、若い世代に守り伝えていくために、市内の小学校で錦帯橋の模型づくりを通して構造を学ぶ出前授業を実施するとともに、若い歴女の皆さんにも興味を持ち楽しんでいただこうと、市内を通る旧山陽道や四境戦争の遺跡を体験できる岩国山のトレッキングコースの整備を準備しています。

 

また、岩国市には、清流錦川をはじめとする豊かな自然や、おいしい食べ物、趣のある旧山陽道の町並みなど魅力がいっぱいです。
 特に、岩徳線と並行するところの多い旧山陽道には、高杉晋作遊撃隊激励の詩の石碑もある通化寺(つうけいじ)など歴史的な見どころがたくさんあるので、岩徳線を利用してこれらを訪ね歩くのもおススメですよ。
 訪ね歩いたあとは、周東町のブランド和牛「高森牛(たかもりぎゅう)」や、岩国市のおいしい水を使ったお酒をぜひご賞味ください。皆さんのお越しをお待ちしています。」

杉山京子さんの写真

杉山京子さん


【沿線のイベント情報】
工場夜景鑑賞ツアー
工場夜景をより身近に感じられるところが周南市工場夜景の最大の魅力。JR徳山駅の南側に広がる工場夜景は、新幹線の中からでも楽しむことができます。また、海上から工場夜景を鑑賞するクルーズツアー、客室から工場夜景を楽しめる宿泊プランなど、お好みに合わせて工場夜景を満喫できます。幻想的な工場夜景の魅力に触れてみませんか?
周南市工場夜景の写真

周南工場夜景鑑賞ツアー詳細はこちら
【沿線グルメ紹介】
徳山ふぐ
徳山ふぐのふぐ刺しの写真
平成24(2012)年1月、「周南市ならでは」「周南市らしさ」「周南市の良さ」といった個性と魅力を持った農林水産物やそれらを活用した加工品を対象にするしゅうなんブランドに認定されました。
周南市の粭島(すくもじま)は「ふぐはえ縄漁」発祥の地。周南沖から姫島沖にかけての瀬戸内海で獲れた天然最高級のトラフグをご賞味ください。
関連リンク: 周南ブランド決定「徳山ふぐ」「周防はも」「周南たこ」(周南市公式ウェブサイト)

JR岩徳線路線図
JR岩徳線路線図

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ