ここから本文

2015年12月11日号 vol.305
山口県のローカル線めぐり
山口県のローカル線めぐり/JR美祢線

厚狭駅(山陽小野田市)から、長門市駅(長門市)までを結ぶJR美祢線。今回は厚狭駅から美祢駅までの沿線の見どころをご紹介します。


寝太郎と色とりどりのラッピング列車-厚狭駅

今回の出発駅は、美祢線・山陽本線・山陽新幹線の接続駅である厚狭(あさ)駅です。
 厚狭といえば、昔話「三年寝太郎」を思い出す人も多いはず。駅周辺には、寝太郎堰(ねたろうぜき)や用水路などがあり、現在も人々の暮らしを支えています。
 在来線口にある寝太郎の銅像に見送られて出発です。

厚狭駅外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

厚狭駅外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

寝太郎の銅像の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

稲束とくわを持った寝太郎の銅像
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

寝太郎堰の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

寝太郎堰
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

寝太郎用水路の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

寝太郎用水路
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


関連リンク:寝太郎(山陽小野田市ホームページ)

瀬戸内海に面する山陽小野田市から、秋吉台で有名な内陸部の美祢市を通り、日本海側の長門市までを結ぶJR美祢線。沿線3市をイメージしたラッピング列車が走っています。今回は長門号に乗車、まずは、美祢駅に向かいます。

山陽小野田号の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

寝太郎を描いた「山陽小野田号」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

美祢号の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

秋吉台や秋芳洞を描いた「美祢号」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

長門号の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

童謡詩人「金子みすゞ」を描いた「長門号」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


景色を楽しむ! 湯ノ峠駅から南大嶺駅

湯ノ峠(ゆのとう)駅を過ぎ、どんどん山中に入っていきます。

湯ノ峠駅から厚保駅間の景色の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

湯ノ峠駅から厚保(あつ)駅間の景色
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

厚保駅手前の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

厚保駅手前。まだ山々に残っている紅葉と跨線橋の青が対照的です
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

厚保駅舎の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

難読駅名の厚保駅
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


このような風景を見ながら、美祢駅に向かいます。

車窓から見える青空の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

青空が見えてきました
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

四郎ケ原駅から南大嶺駅間の景色の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

四郎ケ原(しろうがはら)駅から南大嶺(みなみおおみね)駅間の景色
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


交流拠点都市 美祢市の情報発信 Mineにぎわいステーション

美祢駅に到着。駅構内に平成27(2015)年2月にオープンしたMine(みね)にぎわいステーションにおじゃましました。
 ここでは、日本ジオパークに認定された「Mine秋吉台ジオパーク」の情報を入手したり、美祢市の地域ブランド「Mine Collection(ミネコレクション)」に認定された特産品の取次などができます。地質が特徴的な美祢市ならではの特産品の数々、ぜひチェックしてみてください!

Mineにぎわいステーション内観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

Mineにぎわいステーション内観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

Mine Collectionの展示コーナーの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

Mine Collection(ミネコレクション)の展示コーナー
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


関連リンク:観光案内所(秋吉台・秋芳洞観光サイト)
美祢市地域ブランド Mine Collectionの認定商品(交流拠点都市 美祢市)

美祢市は化石の宝庫!「美祢市化石館」

美祢駅から徒歩約5分の美祢市化石館へやってきました。山口県は、岩手県・高知県とならんで化石を最も豊富に産出する地域で、特に、美祢市一帯は、世界的にも有名なのだそうです。美祢市で採集された化石を中心に、人気の高い「せきつい動物」「アンモナイト」「昆虫」をテーマに展示しています。

美祢市化石館外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

美祢市化石館。巨大なアンモナイトのオブジェが目印
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

昆虫入りのコハクの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

昆虫入りのコハク
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


ちなみに、ここから車で約10分ほどの「美祢市化石採集場」では、化石の採集体験ができます。化石採集場の地層は、約2億3000万年前、恐竜が出始めた時代のものだそうで、その頃の植物化石やまれに昆虫化石の採集ができます。あなたも、ハンマーで石を割りながら、お宝さがししてみませんか? (ハンマーやカナヅチは各自持参、要利用手続:美祢市歴史民族資料館)

関連リンク:美祢市化石館(秋吉台・秋芳洞観光サイト)
美祢市化石採集場(やまぐちスロー・ツーリズムweb)


自然の不思議! 万倉の大岩郷

美祢市伊佐町の山中に、万倉の大岩郷(まぐらのおおいわごう)という、たくさんの大きな岩が積み重なった場所があります。この岩々はどこかから運び込まれたものではなく、自然に形成されたものだそうです。なんとも不思議な景観! 昭和10(1935)年に国の天然記念物に指定されました。遊歩道も整備されていますので、ぜひご覧ください。
 美祢駅からバスで「大岩郷入口」まで行き、そこから徒歩10分です。

万倉の大岩郷の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

万倉の大岩郷
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

万倉の大岩郷の説明板の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

万倉の大岩郷の説明板
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


関連リンク:万倉の大岩郷(秋吉台・秋芳洞観光サイト)

美祢線を利用しておトクに!

美祢線の車両内で手に入る「美祢線利用証明書」を利用すると、沿線公共施設の料金が減免されます! これはおトクですね!  (例: 美祢市化石館入館料100円が無料、於福温泉(道の駅おふく)入浴料500円が250円 など)

美祢線利用証明書の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

おトクな「美祢線利用証明書」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


関連リンク:JR美祢線にお得に乗ろう! (乗ろうよ! 美祢線)

ローカル線の出会い人 Mineにぎわいステーション 林未都希(はやし みつき)さん

私はもともと美祢市在住なので、この施設が開設されると聞き、私にも美祢市の魅力をお伝えできることがあるのではと思い、この仕事に就きました。私自身、新しく知ることも多く、日々勉強しながらご案内をしています。 県外の方、海外の方にとっては秋吉台、秋芳洞が有名だと思いますが、美祢市にはそれ以外にも見どころがたくさんあることを積極的にご案内しています。

地域の方から、「こういう施設があると県外の方が安心して美祢観光に来られるね」、「日本ジオパーク認定おめでとう!」などと声をかけていただき、美祢市を思う気持ちを感じることもあり嬉しく思います。また、展示物は何度来ていただいても楽しんでいただけるよう少しずつ変えたりしているのですが、展示スペースの一角は、月替わりで地域の方に提供していただいているものなんです。このように地域の方に支えられながら、美祢市のおもてなしの窓口として気軽に来ていただき、美祢市の魅力をより知っていただけるよう、ご案内に努めています。

Mineにぎわいステーション外観の写真

Mineにぎわいステーションは待合スペースそばにあります

クリスマスツリーの写真

地域の方から提供された展示物コーナー。取材時はクリスマスツリーでした


【沿線のイベント情報】
秋吉台山焼き(美祢市)
秋吉台山焼きの様子の写真

秋吉台に春を呼ぶ風物詩、数百年の昔から今に受け継がれる伝統の「山焼き」は、日本最大規模の野焼きで、約1,500ヘクタールものカルスト台地の草原が炎と煙に包まれる様子は圧巻です!
開催日:
平成28(2016)年2月21日(延期の場合 27日)
開催場所:
秋吉台
問い合わせ:
秋吉台山焼き対策協議会(美祢市農林課)
電話:0837-52-1115
【沿線グルメ紹介】
寝太郎かぼちゃ
 山陽小野田市の「寝太郎伝説」から愛称を考案されたかぼちゃで、平成27(2015)年12月には、味や品質に優れ全国に誇れる「やまぐちブランド」に登録されました。
 果肉は濃い黄色で、非常にホクホクした食感で、甘みが強いことが特徴で、かぼちゃ本来の甘みを活かした食べ方がおすすめです。県内の量販店などで購入することができます。

寝太郎かぼちゃの写真
寝太郎かぼちゃの畑の写真
寝太郎かぼちゃの断面の写真

JR美祢線路線図
JR美祢線路線図
関連リンク:乗ろうよ! 美祢線(JR美祢線利用促進協議会)

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ