ここから本文

2015年10月9日号 vol.301
山口県のローカル線めぐり
山口県のローカル線めぐり/JR山口線 第2回

JR新山口駅から、島根県の益田駅までを結ぶJR山口線。今回は、このJR山口線に乗って旅をしながら沿線の見どころをご紹介する第2回です。


湯田温泉観光回遊拠点施設「狐の足あと」

JR湯田温泉駅から徒歩圏内にある湯田温泉観光回遊拠点施設「狐の足あと」。ここは、観光スポットや食べ歩きなど、湯田温泉観光の情報拠点。趣の異なった3つの足湯もあります。湯田出身の詩人・中原中也(なかはら ちゅうや)の詩集を読みながら足の疲れを癒やしたり、中也の衣装をレンタルし、中也になりきったり(無料、期間限定)なんてこともできます。

狐の足あと外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

狐の足あと外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


施設内にある足湯の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

施設内にある足湯。グルメをいただきながらの癒やしのひとときです
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

中也の詩集の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

中也の詩集もあります
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


レンタル衣装の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

中原中也になった気分を味わえる「帽子」や「マント」のレンタル衣装
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

中也をイメージさせる衣装を着た男性の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

コスプレで"なりきり中也"
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


関連リンク:湯田温泉観光回遊拠点施設「狐の足あと」


山口線とのご縁を発見! 中原中也記念館

「狐の足あと」の向かいには中原中也記念館があります。中也の生家跡に立つ記念館では、遺稿や遺品を中心に、貴重な資料が展示されています。
 ここでうれしい発見がありました。中庭に敷かれた古びて味わい深い木材、なんと、これらの一部は山口線の線路の枕木を再利用したものだそうです!

関連リンク:中原中也記念館「やまぐちの文学者たち」80人(中原中也)

中原中也記念館外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

中原中也記念館外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

中庭に敷かれた山口線の枕木の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

中庭に敷かれた山口線の枕木
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


レンタサイクルで山口駅周辺散策へ!

湯田温泉駅から1駅隣の山口駅へ。駅前で自転車を借りて散策します。個性的なお店が立ち並ぶ山口駅前通りを抜け、まずは山口サビエル記念聖堂をめざします。

山口駅外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

県庁に最も近い山口駅。改札が機械化されて久しいですが、ここは今なお駅員さんが担っておられます。
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

山口駅前通りの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

山口駅前通り
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


10分程で、山口サビエル記念聖堂に到着。山口は、室町時代、日本初のクリスマスミサが行われた地なんですよ。県庁付近にはかつて、「唐人小路(とうじんしょうじ)」という地名もあったそうで、渡来人も居住した国際色豊かな町だったことがわかります。

関連リンク:おもしろ山口学バックナンバー「サビエルと大内文化」

山口サビエル記念聖堂の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

山口サビエル記念聖堂
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


山口サビエル記念聖堂を後に、山口市役所前を通過し、並木の美しいパークロードへ。県庁へと続くこの道は、「日本の道100選」にも選ばれており、道沿いに山口県立美術館、山口県立山口図書館、山口県立山口博物館などがあります。秋が深まれば、ケヤキ並木の紅葉が文化の香り漂うこの一帯を華やかに彩ります。

パークロードの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

パークロード
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

パークロードの紅葉の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

パークロードの紅葉
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

県庁を目指して北へ進み、県庁の東側にある香山(こうざん)公園へ。池のそばに立つ国宝・瑠璃光寺(るりこうじ)五重塔が静かに迎えてくれます。公園内には、他にも枕流亭(ちんりゅうてい)や露山堂(ろざんどう)といった明治維新ゆかりの歴史的な建物もあり、見ごたえ十分です。

関連リンク:やまぐち幕末維新寄り道紀行2015年2月27日号 vol.288 山口県庁エリアで寄り道 前編

国宝・瑠璃光寺五重塔の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

国宝・瑠璃光寺五重塔
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

枕流亭の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

枕流亭
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

列車で訪れて、レンタサイクルや徒歩で景色を見ながらじっくり散策。たまにはこんな楽しみ方はいかがですか?


ローカル線の出会い人 野間さんと鉄ちゃん犬「ハイジ」

湯田温泉駅近くの湯田跨線橋で立ち止まり、線路をじーっと見つめる散歩中の犬。列車を見るのが大好きなゴールデンレトリバーのハイジです。飼い主の野間正明(のま まさあき)さんによれば、「いつ頃からか、散歩でここを通ると、線路の真上あたりで伏せて動こうとしない。列車が通過するのを待っているんですね。」とのこと。

ハイジの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「鉄ちゃん犬」のハイジ
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

後から家族に加わった「あんこ」(雑種)と「きなこ」(柴犬)もハイジに影響されたのか、この場所で座りこむようになったのだとか。「天候も季節も関係なくここで列車を見たがるんですよ。付き合うのが大変です(笑)。」と野間さん。

踏切の音が鳴りだすと、ハイジはそわそわ。欄干の下に頭を突っ込み、道路に突っ伏して列車を眺めるその姿からは、「一瞬も見逃さないぞ!」という気迫さえ感じられます。まさに鉄ちゃん犬! 列車が跨線橋をくぐり抜けると、すぐさま立ち上がり、反対側を向いて見送ります。

通過する列車を見つめる犬たちの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

通過する列車を見つめる犬たち
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

跨線橋の反対側を向いて列車を見送るハイジの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

反対側を向いて列車を見送ります
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ハイジのお気に入りは「特急スーパーおき」。このハイジ、とてもおとなしくて優しい性格なのですが、なぜか特急スーパーおきが通過するときだけ、びっくりするような声でほえます。ちなみにSLは、煙が苦手なのか興味を示さないそうです。

特急スーパーおきを見つめるハイジの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

特急スーパーおきを見つめるハイジ
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

野間さんご一家の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

左から野間正明さん、ハイジ、あんこ、野間純子(じゅんこ)さん、きなこ
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

特急スーパーおきを見送ったハイジはようやく満足したのか、野間さんの「ほら、もう行くよ。」の声に応えて歩き出しました。


【沿線のイベント情報】
アートふる山口
アートふる山口の写真
今年で第20回となるアートふる山口は、次世代の人々に山口の生活文化・芸術文化・伝統文化を伝えていくイベントです。古い町並みを今も残す一の坂川、竪小路周辺で民家やお店を「小さな美術館」に見立て、懐かしいものや手作り作品の展示販売が行われるほか、音楽演奏などが行われるステージイベント、グルメを楽しめる「アートふる横丁」などが催されます。
日時:
10月31日(土曜日)10時から17時まで、
11月1日(日曜日)10時から16時まで
会場:
山口市内 一の坂川・竪小路周辺
問い合わせ:
アートふる山口実行委員会事務局(大路ロビー内)
電話:083-920-9220 (10時から17時まで 定休日:火曜日、お盆、年末年始)
詳細:アートふる山口ホームページ

【沿線グルメ紹介】
湯田温泉 白狐アイス
湯田温泉 白狐アイスの写真
 「狐の足あと」のカフェで楽しめるオリジナルメニューはなんと! アイスクリームを油揚げで包み、キツネの顔をかたどった「白狐アイス」です。「狐の足あと」オープン記念特別メニューが、好評につき定番人気メニューとなりました。
 キツネの顔がとてもかわいいので見て楽しめますし、アイスと油揚げの組み合わせは新感覚のおいしさ! ぜひお試しください。

山口地酒利き酒セット
山口地酒利き酒セットの写真
 「狐の足あと」のカフェでは山口の地酒18銘柄を楽しむことができます。その中の3銘柄がセットになった利き酒セット(全6種)で、お気に入りの地酒を見つけてはいかがですか?

関連リンク:湯田温泉観光回遊拠点施設「狐の足あと」

JR山口線路線図
JR山口線路線図

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ