ここから本文

2015年6月12日号 vol.294
やまぐち幕末維新寄り道紀行
高杉晋作が眠る奇兵隊の町 下関市吉田エリア

誕生地や旧宅地、寺社に石碑に記念館。山口県には、幕末の志士ゆかりの地がたくさん。
歴史好きのあなたに贈る、憧れの聖地から行く寄り道企画!

今回は、高杉晋作(たかすぎ しんさく)の墓所がある東行庵(とうぎょうあん)周辺をご紹介します。吉田は、奇兵隊(きへいたい)の陣屋(本陣)が置かれ、約400人もの隊士が訓練などに励んだ地でもあります。下関観光ガイドの会 中山寿子(なかやま ひさこ)さんのご案内で、さぁ今日も寄り道してみましょう!

下関観光ガイドの会 中山寿子さんの写真

下関観光ガイドの会の中山寿子さん


伊藤、山縣、井上…仲間たちの思いと共に晋作が眠る「東行庵」

晋作は、奇兵隊の陣屋があった吉田の清水山(しみずやま)に葬られました。ここは当時、奇兵隊軍監を務めていた山縣有朋(やまがた ありとも)が草庵・無隣庵(むりんあん)を建てて暮らしていた場所でした。明治2年、山縣はこの地を離れる際、晋作の菩提(ぼだい)を弔う梅処尼(ばいしょに)にこの草庵を譲りました。現在の東行庵後方の住居部分は、無隣庵の名残だそうです。現在の東行庵は、明治17年に山縣や伊藤博文(いとう ひろぶみ)、井上馨(いのうえ かおる)ら明治の名士となったかつての同胞の寄付によって建立されたものです。「東行庵」という名前はもともと、下関市の新地で晋作が療養していた建物に付けられていた名前だとか。

東行庵の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「東行」は晋作の号
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


東行庵のウメの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

早春はウメ
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

東行庵のショウブの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

夏はショウブ
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

東行庵の紅葉の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

秋は紅葉で彩られます
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。



毎月14日、晋作の月命日にお墓参りに訪れる女性ファンもいるのだとか。晋作は今なお、人々を魅了し続けているのですね。ここには、晋作ゆかりの遺品などを収蔵、展示した東行記念館もあります。

東行記念館外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

東行記念館
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

晋作への思慕あふれる名文「高杉晋作顕彰碑」

晋作のお墓の近くに「高杉晋作顕彰碑」があります。 「動けば雷電の如く発すれば風雨の如し、衆目駭然(しゅうもくがいぜん)、敢えて正視する者なし。これ我が東行高杉君に非ずや…」 この有名な一節で始まる撰文(せんぶん)は、幕末動乱期を晋作と共に生き抜いた伊藤博文によるものです。

高杉晋作顕彰碑の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

高杉晋作顕彰碑
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


多くの奇兵隊隊士たちでにぎわった山陽道の宿場町・吉田

吉田は当時、山陽道と萩へ向かう赤間関(あかまがせき)街道との分岐点で交通の要衝でした。重要な行政区だった吉田には寺社が多く、それらが奇兵隊の詰め所として利用され、多くの隊士たちが暮らしました。奇兵隊がこの地にあったのは慶応から明治初期の4年ほどでしたが、現在でも吉田小学校で行われている吉田地区「ふれあい運動会」では、奇兵隊を題材とした歌謡曲で子どもから大人までが踊るほど、ゆかりの深いところです。

長慶寺外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

長慶寺外観
寺社は、奇兵隊の詰め所にもなりました。長慶寺(ちょうけいじ)もそのひとつ
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

山陽道と赤間関街道との分岐を示す碑の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

山陽道(上方道)と赤間関街道(萩道)との分岐
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


隊士たちが調練や学習に励んだ「奇兵隊陣屋跡」

慶応3年8月に兵舎、稽古場、講堂などを配した陣屋が完成すると、奇兵隊は吉田の町からこちらに移ってきました。ガイドの中山さんによれば、ここでは約400人もの隊士が厳しい規律に従って調練や学習に努め、やがて戊辰戦争へも出陣して行ったのだそうです。
当時は幅約300メートル、奥行130メートルの広い敷地でしたが、現在はその一部が陣屋跡として保存され、奇兵隊士の像などに往時をしのぶことができます。堤防は、当時の名残をとどめています。

奇兵隊士像の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

奇兵隊士像
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

奇兵隊陣屋跡の碑の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

奇兵隊陣屋跡の碑
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

当時の名残をとどめる堤防の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

当時の名残をとどめる堤防
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


【寄り道グルメ情報】晋作餅
晋作餅の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

晋作の百二十忌を記念に作られたお菓子です。シソの香りと塩加減が絶妙! 東行庵そばのお土産屋さんにあります。

【イベント情報】菖蒲まつり
毎年6月の第二日曜日に開催されます。約6,000株の花菖蒲が初夏を彩ります。花菖蒲の鉢植えや吉田地区まちづくり懇談会主催の「ふれあい市場」で地元吉田地区の物産販売があります(花菖蒲の株は当日以外も販売中)。
開催日:
6月14日(日曜日)

【取材の途中で面白いものを見つけちゃいました!】
東行庵にある司馬遼太郎(しば りょうたろう)の文学碑。台座は、山口県の形をしています。
司馬遼太郎文学碑の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

司馬遼太郎文学碑の説明板の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


下関市吉田エリアの地図

※地図をクリックで拡大。
Escキーで戻ります。

下関市吉田エリア

所在地:
下関市吉田町周辺

アクセス:
中国自動車道・小月ICより県道33号を美祢方面へ5分

関連リンク:
東行庵
下関市立東行記念館
吉田観光協会

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ