ここから本文

2015年2月13日号 vol.287
山口ふるさと大使からの便り

山口県では、県にゆかりのある著名な方に「山口ふるさと大使」を委嘱し、さまざまな機会を通じて、山口県の魅力発信にご協力いただいています。今回は、防府市出身の俳優・前田吟(まえだ ぎん)さんにお話を聞きました。

大使プロフィール

前田吟さんの写真

前田吟さん

俳優。防府市出身。代表作は『男はつらいよ』『渡る世間は鬼ばかり』など。

防府天満宮の写真

防府天満宮(防府市)
幼少期の思い出の場所。俳優となることを誓ったのもここでした。

第4回 前田吟さん

高校1年生まで防府で過ごされたそうですね? 一番思い出深い場所は?

前田さん:やっぱり防府天満宮だね! 遠方からお客さんが来たとき、真夜中に懐中電灯を持って天満宮のある山を案内したこともあったなぁ。天満宮の遊園地にあったテレビで力道山(りきどうざん)のプロレスを見たり、剣道の奉納試合をしたり…。僕が通った国府(こくふ)中学校には、最初、剣道部がなくてね。有志が集まって剣道部をつくったんだ。後に大河ドラマの『竜馬(りょうま)がゆく』で岡田以蔵(おかだ いぞう)役をやったとき、そのころ身に付けた剣道の基本が役に立ちましたね。

俳優になりたいと思われたきっかけは?

前田さん:小学校6年生のときの学芸会で、演目は『西遊記』だったんだけど、自分がやりたい役に手を挙げながら配役を決めていったんだ。沙悟浄(さごじょう)役は希望者がいなくて、僕が「やります!」って手を挙げた。それまでの学芸会では、その他大勢役だったけど、僕の演じる沙悟浄を見た先生は、「これまでいろいろ見てきたけど、あなたの沙悟浄は、ものすごくうまい!」って褒めてくれてね。その数年後、天満宮のお祭りで、当たると評判の易者さんが僕の手相を見て、「君には芸能界のような芸の道が向いている」と言われたことも印象に残っていますね。

まさに俳優が天職と感じさせるお話ですね。若いころから、数えきれないほどの名作に出演し続けておられる前田さんですが、ご苦労はありませんでしたか?

前田さん:僕は養母を幼稚園のときに、養父を13歳のときに亡くし、代わって育ててくれたおばも高校1年生のときに亡くなりましてね。大阪で就職したものの、やはり演劇の勉強もしたかった。働きながら演劇を勉強できたらと俳優の養成所へ願書を出し、そこに入れることになったんだけど、僕を一人前に育てようとしていた勤務先の社長に知れて、防府へ戻されてしまった(笑)。僕は、その足で天満宮にお参りし俳優の夢実現を祈願して、大阪へとんぼ返り。その後、その養成所がなくなってしまうというアクシデントもありましたが、折々に素晴らしい人との出会いや助言をいただいて今があります。

俳優として、今、山口県とのつながりというと何でしょうか?

前田さん:NHKで毎朝放送中の『マッサン』ですね! 主人公のマッサンは、広島県竹原市の造り酒屋の息子で、僕はマッサンの父親役。この父親は養子という設定なの。だから、出演の話をいただいたとき、「この父親は、山口県生まれの人間で、この造り酒屋に働きに来たときに見初められて養子に入ったという設定にして」ってお願いしたの。広島弁と山口弁、やっぱりちょっと違うんだよね。なるべく山口弁でしゃべりたい(笑)。3月には、また僕が登場するシーンがあります。いい話です。ぜひ見てください。

マッサンのお父さんと山口県がつながっていたとは! 今後の放送も楽しみです! ところで、最近、山口県に関することで注目しておられることはありますか?

前田さん:それはやっぱり大河ドラマ『花燃ゆ』です。山口県が舞台ですから、ぜひたくさんの人に見ていただきたい。主人公の文(ふみ)さん、晩年は防府で暮らしたでしょう。できることなら、僕も出演して山口弁で応援したいくらいです。

最後に、山口ふるさと大使としてメッセージを。

前田さん:防府には、もう親戚もいないけれど、防府の仲間たちを家族のように思いながら俳優業をやっていることは確かです。山口県はいいところがいっぱいあります。でも、県民性がまじめ過ぎて、宣伝はあまり上手じゃない(笑)。山口県には、歴史豊かな町並みや幕末維新にゆかりのある場所など、いろいろな魅力があります。ぜひ全国各地から山口県に観光に来て、いいところをあなたの目で発見してください!!


取材風景の写真

俳優の道をひたむきに歩み続けておられる前田さん。道を究めた職人さんに似た、たたずまいを感じました。

1月24日、防府市で行われた講演「俳優 前田吟の一代記」の写真

1月24日、防府市で「俳優 前田吟の一代記」と題して講演されました。


あとがき
映画やドラマ、バラエティー番組でも大活躍の前田吟さん。「吟」という芸名の由来を、「金(きん)は磨かなくても光るけど、ぎん(銀)は磨かないと光らないでしょ」と話しておられました。まだまだ俳優としての進化を続ける前田吟さんから目が離せませんね!!

山口ふるさと大使

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ