ここから本文

2015年2月13号 vol.287
行ってみよう!見てみよう!

長門市/楫取素彦と妻・寿展「旅立ちの地」、貸切観光バスツアー「長門市号」

萩で幕末、松下村塾(しょうかそんじゅく)を主宰した吉田松陰(よしだ しょういん)。大河ドラマ『花燃ゆ』では、松陰を支えた家族や友人たちが登場します。その中でも主要な人物は、松陰の親友・小田村伊之助(おだむら いのすけ。後の楫取素彦(かとり もとひこ))。松陰の妹・寿(ひさ)と結婚し、寿の死去後、寿の妹・文(ふみ)と再婚した人物です。

素彦・寿夫妻は、明治時代の初め、現在の長門市三隅二条窪(みすみ にじょうくぼ)で暮らしたことがありました。当時は幕末維新の影響でざわついていたころ。気丈な性格で夫を献身的に支えて「烈婦」と呼ばれた寿は、社会を穏やかにしたいと願い、地域の人々に呼び掛け、僧侶の話を聴く法座「無量講(むりょうこう)」を始めました。二条窪では、夫妻が去った後、140年以上を経た今も法座を続け、夫妻のことを語り継いできました。

楫取素彦・寿夫婦の旧宅跡地の写真

その長門市三隅にある村田清風(むらた せいふう)記念館で現在、特別企画展「楫取素彦と妻・寿展『旅立ちの地』」を開催中です。この特別企画展は、二条窪での隠せい生活を中心に夫妻の生涯とその夫妻を取り巻く人々を紹介するもので、寿の手紙なども展示されています。

村田清風記念館は、三隅出身で、松陰に影響を与えた萩藩の改革者・村田清風の遺品などをはじめ、防長の四白政策(※)に関する資料も展示しており、隣には清風旧宅「三隅山荘」(国指定史跡)があります。

特別企画展の期間中は随時、特別講話「吉田松陰の妹と明治維新の礎を築いた村田清風」が行われ、清風旧宅の案内も行われます(実施日時について、希望者は事前にお問い合わせください)。

また、3月31日(火曜日)まで、長門市や萩市の観光スポットを巡る貸切観光バスツアー「長門市号」が運行されています。ルートは3コース。そのうち長門市発のコースは、金子(かねこ)みすゞ記念館・村田清風記念館、萩市にある「『文と萩物語』花燃ゆ大河ドラマ館」などの入館料を含んだお得なコースとなっています。

長門市は、長門 湯本温泉や俵山温泉など、温泉も多くある自然豊かな地。温泉に泊まってゆったりしながら、素彦・寿夫妻の足跡などをたどってみませんか。

  • ※ 米・塩・和紙・ろうそくという四つの白い特産品を増産させた萩藩の政策のこと。清風はこの政策などによって藩の財政改革に大きな成果を上げた。なお、防長とは現在の山口県。本文※へ戻る

特別企画展「楫取素彦と妻・寿展『旅立ちの地』」

特別企画展「楫取素彦と妻・寿展『旅立ちの地』」のチラシ
開催期間
平成28(2016)年1月11日(月曜日・祝日)まで ※開催期間中は無休
場所
村田清風記念館

貸切観光バスツアー「長門市号」

長門市号の写真
運行期間
3月22日(日曜日)までは毎週土曜日・日曜日・祝日。3月25日(水曜日)から31日(火曜日)までは毎日運行
※事前の申し込みが必要。満員になり次第締め切り。なお、萩市発のコースは当日でも空席があれば乗車できます
コース
長門市内・萩市内各所
問い合わせ
(一社)長門市観光コンベンション協会
長門市東深川1324-1
電話 0837-22-8404
登録番号 山口県知事登録旅行業3-119
三隅山荘の写真
寿が長門市三隅にある極楽寺に送った手紙(極楽寺蔵)の写真

ページの先頭へ戻る

光市|梅まつり

梅まつりの写真

冠山総合公園は約100種2,000本の梅の木がある県内屈指の梅の名所で、期間中の土曜日・日曜日に、お茶席が設けられるほか、冠梅園合格梅の種飛ばし大会など、日によって異なるさまざまなイベントが行われます。すぐ隣の冠天満宮では紙芝居などが行われます。

開催期間
2月14日(土曜日)から3月8日(日曜日)まで
場所
冠山(かんむりやま)総合公園 梅の里、冠天満宮

萩市|萩・椿まつり

笠山椿群生林の写真

笠山椿群生林には、約25,000本のヤブツバキが自生しています。萩・椿まつり期間中の初日・日曜日・祝日には郷土芸能の披露など、土曜日・日曜日・祝日には「椿見どころ案内人」によるガイドや、萩の特産品の販売、ツバキの苗木の販売などが行われます。

開催期間
2月14日(土曜日)から3月29日(日曜日)まで
場所
笠山(かさやま)椿(つばき)群生林

田布施町|牡蠣まつり、いちごまつり

牡蠣の写真

山口県漁業協同組合田布施支店による生牡蠣(なまがき)や、漁師めしの販売などが行われるほか、1日限定の牡蠣小屋で牡蠣を焼いて食べることもできます。ムール貝のつかみ取りも楽しめます。イチゴなどを販売する「いちごまつり」も同時開催されます。

開催日
2月28日(土曜日)
場所
さくら橋周辺、田布施地域交流館

山口市|JAPAN歴食サミット プレ大会

歴食サミット プレ大会のチラシ

室町時代に山口を拠点とした大名・大内(おおうち)氏の宴(うたげ)の料理を再現し、その一部を料理店で楽しめるようにした「平成大内御膳」。そうした歴史的なストーリーなどを持つ食を「歴食」と名付け、全国各地の歴食の取組団体による発表や、俳優の辰巳琢郎(たつみ たくろう)さんと歴史家の先生の対談などを行います(参加には申し込みが必要。先着250人。有料)。歴食の展示や買い物などができる広場はどなたでも無料で入場できます。

開催日
2月28日(土曜日)
場所
ニューメディアプラザ山口

下関市|第28回しろうお・青のり祭

しろうお・青のり祭の写真

粟野川の河口は早春、風味の良い青のりが採れることやシロウオが漁獲できることで知られています。この祭りでは、シロウオの踊り食い(2回。先着各100人。無料)や、サザエ早食い競争、シロウオ・青のりなどの販売、ビンゴ大会などが行われます。

開催日
3月1日(日曜日)
場所
粟野川郷西(あわのがわごうにし)河川公園

宇部市|開運パワースポット巡りミステリーバスツアー

中津瀬神社の写真

市内の宝くじ売り場で高額当選が相次いでいる宇部市。それにちなみ、厳選した市内各所の開運スポットをバスで巡ります。昼食には、名水で作った豆腐料理を持世寺(じせいじ)温泉で楽しめます(事前申し込みが必要。先着各40人。有料)。

開催日
3月3日(火曜日)・7日(土曜日)
スタート・ゴール
山口宇部空港(国際線旅客ターミナルビル前)
問い合わせ
宇部市交通局 観光貸切係
宇部市大字善和203番地90
電話 0836-31-2442
登録番号 山口県知事登録旅行業2-38号

ページの先頭へ戻る


ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。



バックナンバー

記載されている情報(特にリンク)は発行時点のものです。このため、リンク先がない場合、あるいは更新されている場合等ありますので御了承ください。


ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ