ここから本文

2015年1月23号 vol.286
行ってみよう!見てみよう!

萩市/ふみ御膳・ふみ弁当、萩まちじゅう味めぐり・萩温泉郷湯めぐりキャンペーン

吉田松陰(よしだ しょういん)の妹・文(ふみ)を主人公とした大河ドラマの舞台・萩は、幕末維新のふるさとであるとともに食材の宝庫です。萩市では、この大河ドラマを機に「ふみ御膳・ふみ弁当」を開発し、1月から提供を始めました。

その開発に当たっては条件が定められました。ふみ御膳は、萩焼や萩ガラスの器を用い、九つのマス形で区切られた萩産きり箱の器に入れて提供することや、文にちなんで萩産の魚介類の中から女性のイメージのある魚介類を6マス以上用いることなどが条件。一方、ふみ弁当は、六つのマス形で区切られた器で提供することや、ふみ御膳と同様の魚介類を4マス以上用いることなどが条件。どちらも郷土料理の手法などを用いて料理することも条件となっています。

ふみ御膳の写真

萩産の「女性のイメージのある魚介類」とは、萩では「べっぴんさん」と呼ばれている高級魚アマダイや、萩で「フグの女王」といわれているマフグ、ヒメジなどです。ヒメジは体表が赤く、萩では「金太郎」の名で愛されていますが、漢字では「姫女」とも書かれる魚です。

花が咲いたように美しく盛り付けられる、ふみ御膳・ふみ弁当。いろいろな味を少量ずつ楽しめ、思わず笑顔がこぼれます。しかも旬の魚を用いるので時季によって異なる味も魅力です。

また、3月31日(火曜日)まで「萩まちじゅう味めぐり・萩温泉郷湯めぐりキャンペーン」を開催中です。これは萩のグルメ・温泉・イベント情報を1冊にまとめたパスポートに付いているクーポンを利用すると、お得な特典が得られるというものです。特典の中には、大河ドラマゆかりの企画展を開催中の萩博物館や松陰神社宝物殿「至誠館(しせいかん)」の観覧料割引もあります。松陰の妹・文にちなんだ「ふみクーポン」も付いており、飲食店などで特典を利用できます。
パスポートは萩市観光協会や市内の協賛施設などで無料で配布されています。

冬の萩は笠山(かさやま)椿(つばき)群生林のツバキもお薦めです。花も、グルメも、温泉も、歴史も魅力いっぱいの萩で大河ドラマの世界に思いをはせてみませんか。

ふみ御膳・ふみ弁当

ふみ御膳の写真
提供期間
12月31日(木曜日)まで
場所
市内12軒の飲食店や仕出し料理店など

萩まちじゅう味めぐり・萩温泉郷湯めぐりキャンペーン

萩の温泉の写真
開催期間
3月31日(火曜日)まで
場所
市内各地
おすすめリンク
萩・椿まつり
ふみ御膳の写真 笠山椿群生林の写真

ページの先頭へ戻る

山口市|維新策源地ウォーク

やまぐち萩往還語り部の会の皆さんの写真

幕末、萩から藩庁が移された山口は、藩の政事堂などが置かれ、多くの志士らが集った「明治維新の策源地」です。山口御茶屋跡や十朋亭(じっぽうてい)などの明治維新ゆかりの地を、やまぐち萩往還(はぎおうかん)語り部の会の案内で歩いてみませんか。

開催日
3月29日(日曜日)までの土曜日・日曜日・祝日。1週間前までの予約が必要
出発場所
香山(こうざん)公園観光案内所

防府市|節分鬼まつり 鍋-1(なべわん)グランプリ

前回優勝した鍋料理の写真

地元の食材で創作したオリジナルの鍋料理のおいしさを競う人気のイベントです。来場者が食べて気に入った鍋料理に箸を投票し、箸の重さでグランプリを決定します。今年は、ほうふ花燃ゆ大河ドラマ館「文(ふみ)の防府日和。」を開催中のルルサス防府などで行われます。

開催日
2月1日(日曜日)
場所
天神町銀座商店街、ルルサス防府

柳井市|阿月神明祭

阿月神明祭の写真

豊作などを祈る勇壮な火祭りで、国の重要無形民俗文化財に指定されています。早朝、松や竹などで作った高さ約20メートルものご神体が東西の浜に1本ずつ起こし立てられ、夜、その周りで神明踊りを奉納した後、火を放って引き倒します。

開催日
2月11日(水曜日・祝日)
場所
阿月(あつき)東西神明(しんめい)宮前

下関市|下関ふくの日まつり

下関ふくの日まつりの写真

フグの本場・下関では、フグを福とかけて「ふく」と呼び、毎年2月9日の「ふくの日」に近い建国記念の日にイベントを行っています。ジャンボふく鍋の無料サービス(先着1,000人)や、ふく刺しなどが当たる大抽選会、袋せりによるオークション、新鮮な魚介類の即売などが行われます。

開催日
2月11日(水曜日・祝日)
場所
南風泊(はえどまり)市場

長門市|LOVE花火 in バレンタイン

LOVE花火の写真とイルミネーションの写真

「恋人の聖地」に認定されている長門 湯本温泉。この日はご当地グルメが並ぶ「ながとのグルメin湯本温泉」や、メッセージ付きで打ち上げられるハート型の花火を楽しめます(打ち上げ希望者は事前申し込みが必要)。隠されたハートの形を探して楽しめるイルミネーションも3月14日(土曜日)まで行われます。

開催日
2月14日(土曜日)
場所
音信川(おとずれがわ)河川公園

美祢市|秋吉台山焼き、秋吉台野火の祭典

秋吉台野火の祭典の写真

秋吉台では、肥料や飼料に用いる草の芽吹きを促すため昔から山焼きが行われ、春を呼ぶ風物詩となっています。山焼きは9時30分から。野火の祭典は19時15分から行われ、直径約50メートルの火文字が夜の秋吉台に浮かび上がります。

開催日
2月15日(日曜日)。雨天の場合、21日(土曜日)に延期、以降順延(ただし野火(のび)の祭典は中止の場合あり)
場所
秋吉台

ページの先頭へ戻る


ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。



バックナンバー

記載されている情報(特にリンク)は発行時点のものです。このため、リンク先がない場合、あるいは更新されている場合等ありますので御了承ください。


ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ