ここから本文

2014年12月26日号 vol.285
行ってみよう!見てみよう!

防府市/ほうふ花燃ゆ大河ドラマ館「文の防府日和。」

幕末、多くの志士を育んだ「松下村塾(しょうかそんじゅく)」を主宰した吉田松陰(よしだ しょういん)。その妹・杉文(すぎ ふみ。後の楫取美和子(かとり みわこ))を主人公とする大河ドラマ『花燃ゆ』の放送が、いよいよ来年1月4日(日曜日)から始まります。

文は松下村塾の門下生・久坂玄瑞(くさか げんずい)と結婚。死別後、松陰が厚く信頼していた楫取素彦(もとひこ)と再婚しました。素彦・美和子夫妻は明治26(1893)年以降、亡くなるまで三田尻(みたじり。現在の防府市)で過ごし、今は共に大楽寺(だいらくじ)の墓所に眠っています。市内には他にも素彦・美和子夫妻にゆかりの深いスポットが数多くあります。

また、三田尻は江戸時代、城下町・萩と瀬戸内海を結ぶ街道「萩往還(はぎおうかん)」の起点・終点として栄えた長州の要の地。萩藩の御舟倉や公館「三田尻御茶屋(英雲荘(えいうんそう))(※1)」があり、幕末、「七卿(しちきょう)落ち」の公卿が一時滞在するなど、熱い思いに燃えた多くの志士らが集いました。

ほうふ花燃ゆ大河ドラマ館の外観イメージ

その防府市のJR防府駅のそばに平成27(2015)年1月11日(日曜日)、「ほうふ花燃ゆ大河ドラマ館『文の防府日和。』」がオープンします。そこでは、大河ドラマの世界を体感できる記念撮影スポットや、坂本龍馬(さかもと りょうま)や高杉晋作(たかすぎ しんさく)らが密議を交わしたとされる英雲荘のジオラマの展示、志士が三田尻のまちを往来する様子を映像化した「志士闊歩(かっぽ)の地・防府」のCG再現など、大河ドラマの世界観を存分に体験できます。

また、大河ドラマ館だけでなく、「防府天満宮歴史館」「英雲荘」「毛利(もうり)博物館」をとてもお得な入場料で楽しめる4館セット料金の「ほうふ志士闊歩入場券」が発売されます。

さらにその4施設の観覧にとても便利で、素彦・美和子夫妻が眠る大楽寺の墓所も含めた市内8カ所を約50分かけて巡る「ほうふ花燃ゆ周遊バス」が平成27(2015)年1月11日から運行されます(9時から16時まで30分間隔)(※2)

素彦・美和子夫妻とゆかりが深い、志士闊歩の地・防府を巡って、日本の歴史を動かした男たち女たちの燃える思いを感じ取ってみませんか。

  • ※1 国指定史跡萩往還関連遺跡 三田尻御茶屋旧構内。藩主の公館として参勤交代の際などに利用された。幕末には「8月18日の政変」で追放された7人の公卿が一時滞在した。昭和14(1939)年、市に寄付され、英雲荘と命名。本文※1へ戻る
  • ※2 運行初日や、祭り・イベント開催などにより、ルートと時間が変わる場合があります。土曜日・日曜日・祝日には、バス内に花燃ゆボランティアガイドが添乗予定。本文※2へ戻る

ほうふ花燃ゆ大河ドラマ館 「文の防府日和。」

ほうふ花燃ゆ大河ドラマ館のチラシ
開催期間
平成27(2015)年1月11日(日曜日)から平成28(2016)年1月11日(月曜日・祝日)まで
場所
ルルサス防府 2階多目的ホール

ほうふ花燃ゆ周遊バス

運行期間
平成27(2015)年1月11日(日曜日)から平成28(2016)年1月11日(月曜日・祝日)まで
場所
大河ドラマ館、防府天満宮、英雲荘、毛利博物館、大楽寺など8カ所
毛利博物館の写真

毛利博物館。大正5(1916)年、毛利家の本邸として完成

暁天楼の写真

志士らが集った「暁天楼(ぎょうてんろう)」。防府天満宮の参道沿いに移設・復元

防府天満宮の写真

素彦や晋作ら多くの志士が崇敬した防府天満宮

大和屋政助の船倉の写真

晋作や玄瑞らを支援した飛船(とびふね)問屋・大和屋政助(やまとや まさすけ)の船倉


ページの先頭へ戻る

下関市|常設企画展「晋作を支えた人々」

梅処尼所用鞄の写真

幕末の志士・高杉晋作(たかすぎ しんさく)と、家族・友・恋人などの身近な人々との交流を紹介します。晋作の両親宛ての手紙や、晋作が恋人の「おうの」(後の梅処尼(ばいしょに))に贈った英国製のかばんなど、晋作ゆかりの歴史資料が展示されます。

開催期間
平成27(2015)年4月5日(日曜日)まで
場所
下関市立東行(とうぎょう)記念館

岩国市|「吉川経幹展」

吉川経幹の写真

幕府軍による長州征討(第1次)が迫った幕末、征討を回避するため、幕府軍と萩藩との周旋に尽力した岩国藩主・吉川経幹(きっかわ つねまさ)を、吉川史料館が所蔵する貴重な史料を通じて紹介します。

開催期間
平成27(2015)年1月2日(金曜日)から3月15日(日曜日)まで
場所
吉川史料館

萩市|松陰神社勧学祭

松陰神社の写真

「松下村塾(しょうかそんじゅく)」を主宰した吉田松陰(よしだ しょういん)をまつる松陰神社で、受験生の合格を祈願する勧学祭が行われます。また、松陰神社宝物殿「至誠館」では、特別展「吉田松陰が生まれた杉(すぎ)家とその家族‐妹たちとの絆-」を開催中です。

勧学祭
【開催日】 平成27(2015)年1月12日(月曜日・祝日)
【場所】 松陰神社
特別展
【開催期間】 平成27(2015)年10月13日(火曜日)まで
【場所】 松陰神社宝物殿「至誠館(しせいかん)」

上関町|上関神明祭(しんめいさい)

上関神明祭の写真

400年以上の歴史がある小正月の伝統行事です。松や竹などを用い、鏡餅のような形の三段飾りを設けて作られた高さ約10メートルにも及ぶご神体や、地域の人たちが持ち寄ったしめ飾りに火を付け、無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)などを祈ります。

開催日
平成27(2015)年1月18日(日曜日)
場所
沖の浜埋め立て地

ページの先頭へ戻る


萩市|萩イルミネフェスタ

開催期間
平成27(2015)年1月7日(水曜日)まで
場所
JR萩駅前ロータリー

周南市|三沢厚彦(みさわ あつひこ)ANIMALS in 周南

開催期間
平成27(2015)年1月18日(日曜日)まで
場所
周南市美術博物館

山口市|あいお道の駅まつり

開催日
12月28日(日曜日)
場所
道の駅あいお

下関市|海峡ゆめタワー元旦早朝営業・新春プレゼント

開催日
平成27(2015)年1月1日(木曜日・祝日)。新春プレゼントは3日(土曜日)まで
場所
海峡ゆめタワー

下松市|大黒市

開催日
平成27(2015)年1月7日(水曜日)
場所
妙見宮鷲頭寺(みょうけんぐうじゅとうじ)
問い合わせ
下松市観光協会 電話:0833-45-1841
妙見宮鷲頭寺 電話:0833-41-1345

下関市|歩射祭(ぶしゃさい)

開催日
平成27(2015)年1月16日(金曜日)
場所
住吉神社

防府市|大寒みそぎ

開催期間
平成27(2015)年1月20日(火曜日)から22日(木曜日)まで
場所
春日(かすが)神社

宇部市|北向地蔵大祭(寒詣(かんまい)り)

開催日
平成27(2015)年1月24日(土曜日)
場所
北向(きたむき)地蔵尊
問い合わせ
宇部市観光・6次産業推進課
電話:0836-34-8353
北向地蔵宗務所
電話:0836-51-4053

山口市|冬の元気がでるっちゃフェスタ

開催日
平成27(2015)年1月24日(土曜日)・25日(日曜日)
場所
道の駅 仁保の郷(にほのさと)

ページの先頭へ戻る


ご紹介した以外にも、たくさんのイベントが県内で行われています。
その他のイベント情報は、下記のリンクをご覧ください。



バックナンバー

記載されている情報(特にリンク)は発行時点のものです。このため、リンク先がない場合、あるいは更新されている場合等ありますので御了承ください。


ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ