ここから本文

2014年12月12日号 vol.284
やまぐち幕末維新寄り道紀行
第一弾 萩市浜崎エリアで寄り道

誕生地や旧宅地、寺社に石碑に記念館。山口県には、幕末の志士ゆかりの地がたくさん。
歴史好きのあなたに贈る、憧れの聖地から行く寄り道企画!

今回は、萩市浜崎エリアで寄り道! ここは、江戸時代、城下町・萩を経済面で支えた港町。萩循環まぁーるバス(東回りコース)の「御船倉(おふなぐら)入口」バス停で下車すると、徒歩圏内に幕末維新関連の史跡がたくさんあります。萩観光ガイド「浜崎しっちょる会」の方のご案内で、幕末に大きな役割を果たした人々や萩藩にまつわる史跡へ、さぁ! 行ってみましょう!


吉田松陰の菩提寺「泉福寺」

泉福寺(せんぷくじ)は、幕末の思想家・教育者である吉田松陰(よしだ しょういん)の菩提寺(ぼだいじ)で、位牌(いはい)が安置されています。お寺の方に声を掛け、本堂に入ると吉田家の家系図が。平成27(2015)年大河ドラマに登場する松陰の妹・文(ふみ。後の楫取美和子(かとり みわこ))やその夫・楫取素彦(かとり もとひこ)などとの家族関係もよく分かります。

泉福寺外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

泉福寺外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

泉福寺前にある説明板の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

泉福寺前にある説明板
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

吉田家の家系図の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

吉田家の家系図
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


【関連リンク】:泉福寺(萩市観光協会公式サイト)


密命!「鉄砲1,000丁を密輸せよ」 不可能を可能にした男・梅屋七兵衛旧宅

泉福寺を後にして、早速いろいろ寄り道します。萩の商人・梅屋七兵衛(うめや しちべえ)は、幕末、藩から鉄砲1,000丁購入の密命を受け、長崎へ赴いた一人です。幕府と対立する長州が洋式の武器を手に入れるには密輸しかなく、その苦労は並大抵ではありませんでした。最初の商談は価格が折り合わず、別の商人と契約したところ、最初の商談相手が恨んで長崎奉行に密告。七兵衛は拘束されますが、何とか上海に逃れて使命を果たしました。浜崎には、七兵衛が晩年暮らした旧宅が残っています。

梅屋七兵衛旧宅の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

梅屋七兵衛旧宅
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

梅屋七兵衛旧宅外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

梅屋七兵衛旧宅外観
泉福寺から徒歩2分
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

梅屋七兵衛旧宅の庭の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

梅屋七兵衛旧宅の庭
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


【関連リンク】:幕末の萩の商人 梅屋七兵衛(おもしろ山口学 2009年4月24日Vol.164)


食べてみたいな、幕末のパン! 幕末の科学者・中嶋治平旧宅跡

石碑が残る中嶋治平旧宅跡の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

石碑が残る中嶋治平旧宅跡
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

浜崎の朝鮮通詞(つうじ。通訳のこと)の家に生まれた中嶋治平(なかしま じへい)は、オランダ語や英語などを学ぶため長崎へ留学し、そこでパンやガラスの製造方法も学びました。治平が記したパンのレシピにより、松下村塾の塾生でもある商人の大賀大眉(おおが たいび)が焼いたパンは「備急餅(びきゅうもち)」と名付けられました。幕末の長州には、パンがあったんですね!
萩のガラスは、朝廷への献上品などとして珍重されました。幕末に活躍した周布政之助(すふ まさのすけ)や大村益次郎(おおむら ますじろう)、高杉晋作(たかすぎ しんさく)が大切にしていたグラスの復刻版は、お土産品になっています。

「周布政之助所用ガラス杯」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「周布政之助所用ガラス杯」
(山口県立山口博物館蔵)
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「大村益次郎拝領ガラス盃」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「大村益次郎拝領ガラス盃」
(山口県立山口博物館蔵)
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

「高杉晋作所用脚付ガラス杯」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「高杉晋作所用脚付ガラス杯」
(東行庵蔵/下関市立東行記念館寄託)
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


【関連リンク】:萩のガラス(おもしろ山口学 2007年2月9日Vol.111)


屋根を葺(ふ)いた旧藩時代の船倉としては全国唯一! 国指定史跡「旧萩藩御船倉」

藩主の御座船(ござぶね)の格納庫「御船倉」へやって来ました。現在は1棟だけですが、江戸時代には4棟あったそうです。「萩城を築城した時に余った石を使ったそうですよ」とガイドさん。大きな石には、ノミの跡が生々しく残っています。内部を見学希望の方はぜひ「浜崎しっちょる会」に事前予約を!(団体1,000円)

御船倉の外観の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

御船倉の外観
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

毛利の家紋入り瓦の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

毛利(もうり)の家紋入り瓦がずらり
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

御船倉の内部の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

御船倉の内部
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


【関連リンク】:旧萩藩御船倉(萩市観光協会公式サイト)


浜崎の町並み

江戸時代の町家(まちや)をはじめとする伝統的建造物が数多く残る浜崎は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。虫籠窓(むしこまど)や、蔀戸(しとみど)、武家屋敷とは違った「見世(みせ) (店)」の工夫がある町家があちこちに見られます。幕末が身近に感じられる浜崎で、あなたも寄り道してみませんか?

旧山村家住宅の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

旧山村家住宅
江戸時代に建てられた町屋。浜崎に伝わる品々や資料を展示しています
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

旧山中家住宅の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

旧山中家住宅
「浜崎しっちょる会」のガイドさんもおられ、浜崎の情報が得られます
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

馬をつないだという柵(横木)の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

写真手前は、馬をつないだという柵(横木)
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


「雑魚場定食」の看板の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「雑魚場(ざこば)定食」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

【寄り道グルメ情報】
毎年5月、町家や寺社がそれぞれの自慢の品々を展示するイベント「浜崎伝建おたから博物館」が開催されます。その開催日には、浜崎にある卸売魚市場で、萩自慢の海の幸を使った「雑魚場(ざこば)定食」や萩市見島(みしま)の名物「ウニメシ」などを堪能できます。
萩市浜崎エリアの地図
萩市浜崎エリア

所在地:
萩市大字浜崎町周辺

アクセス:
東萩駅から徒歩約15分
(駅から萩橋を渡り右折。松本川沿いを進む)
萩循環まぁーるバス(東回りコース)「御船倉入口」バス停下車
萩博物館から徒歩約15分

関連リンク:
萩市内の交通(萩市観光協会公式サイト)
萩観光ガイド(萩市観光協会公式サイト)
浜崎伝統的建造物群保存地区(萩市観光協会公式サイト)
浜崎エリアのマップをダウンロードできます。

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ