ここから本文

2014年9月12日号 vol.278
いいもん山口/見蘭牛

見蘭牛の写真

血統もおいしさも極上品!

見蘭牛(けんらんぎゅう)は、国の天然記念物に指定されている「見島(みしま)ウシ(※)」(父)と、ホルスタイン種(母)を交配させて誕生したブランド牛です。
ほどよい柔らかさと、しっかりとした食感を併せ持ち、赤身に適度な脂が入った霜降り肉が特徴で、肉本来のうまみを楽しんでいただける萩の特産牛肉です。

※見島ウシ…萩市沖の日本海に浮かぶ「見島」で古くから飼育されている牛。離島であるため、外国種の影響を受けることなく、日本の在来牛の姿を伝えていると考えられている。昭和3(1928)年に「見島ウシ産地」として国の天然記念物に指定。一時は30頭近くまで激減したが、熱心な保護の取組により、現在は80頭ほどまで回復している。

次号では、「見蘭牛」が当たる読者クイズ・アンケートを行います。


「車エビ」読者プレゼント

8月8日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。「アンケートの結果・クイズの答え」は、次回配信の「山口きらめーる」でお知らせします。

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ