ここから本文

2014年8月8日号 vol.277
ちょるる本部長も応援!! 頑張っちょる山口県人

ちょるるみんな、元気?!山口県PR本部長の「ちょるる」だよ。平成20(2008)年に山口県で実施された大型観光キャンペーンをきっかけに誕生した「山口どこでも紙芝居連絡協議会」。加盟団体は現在23団体あり、観光客のおもてなしなどでも活躍しているよ。会長の松井邦昭(まつい くにあき)さんにお話を聞いてきたよ。

山口どこでも紙芝居連絡協議会の皆さん

ちょるる山口県では、地域に伝わる昔話や歴史を教えてくれる紙芝居がとっても盛んだね。

松井さん今、上演できる紙芝居は約200作品もあるんだよ。平成24(2012)年に「第1回ふるさと紙芝居全国大会」を山口県で実施した時に調べたら、他県でも観光地で紙芝居を行っているところはあるけれど、全県的に組織を作って紙芝居に取り組んでいるのは山口県だけ。他県から今、とっても注目されているんだよ。紙芝居って、年配の方には懐かしく、子どもたちには珍しい。衣装や声色、その場で発する効果音など、アナログな魅力がいっぱい。紙芝居が始まると、皆、つい引き込まれてしまうんだよ。

松井さんとちょるるの写真「新作もあるよ!お楽しみに!」と松井さん


ちょるる紙芝居は、どんな所で上演しているの?

松井さん例えば、関門海峡が目の前に広がる下関市の「みもすそ川公園」では、12月25日(木曜日)まで毎日紙芝居が見られるよ。8月中は『怪談 耳なし芳一(ほういち)』を、9月からは、『壇之浦(だんのうら)合戦絵巻』を上演するよ。観覧無料、予約不要、プレゼントありの好評企画なんだ。今、県内各地域の趣向を凝らした紙芝居を多くの方に楽しんでもらおうと、11月30日(日曜日)まで、「山口どこでも紙芝居スタンプラリー」を実施しているよ。県内17会場に設置してあるスタンプを3個以上押して応募すると、抽選で県内旅館のペア宿泊券など、すてきな賞品が当たるよ。

下関市・歴史体感☆紙芝居の写真みもすそ川公園での紙芝居の様子
しものせき観光ホームページ「歴史体感☆紙芝居」
下関市と長門市を結ぶ山陰観光列車「みすゞ潮彩(しおさい)」の指定席車内でも紙芝居を上演しているよ

萩市紙芝居の様子萩市では、毎週土曜日に萩博物館エントランスホールで、12月から3月までを除く毎週土曜日・日曜日には田中大将像(※)前の公園で上演
※ 萩藩出身の軍人・政治家、田中義一(たなか ぎいち)の銅像。萩博物館横の「素水園」にある


ちょるる紙芝居を見たあとも、お楽しみがあるんだね! ところで、紙芝居を演じる皆さんは、どんな方たちなの?

松井さん定年退職した方などがとても熱心に活動しておられ、紙芝居を通じて、埋もれていた歴史を掘り起こすなど、地域文化の継承などの面でも効果があるんだ。また、魅力的な紙芝居を上演するためには、さまざまな紙芝居を見て勉強することも大切。そこで、8月16日(土曜日)・17日(日曜日)には、22団体が県内各地から集結し、ご当地紙芝居を一挙に上演する「山口どこでも紙芝居フェアin下松 -明治維新150周年へのカウントダウン-」を下松市のザ・モール周南で開催するんだ。一つの紙芝居は約15分。会場内の三つのエリアで次々と上演され、いろんな紙芝居を誰でも気軽に楽しめるよ。来年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の主人公、吉田松陰(よしだ しょういん)の妹・文(ふみ)さんを題材にした新作も初披露するよ。大道芸や縁日コーナーなど、紙芝居以外のお楽しみもたくさん。誰でも参加できるから、ぜひ見に来てね!

伊藤博文生家の写真光市の光ふるさと郷土館で第3土曜日に定期上演(11月以降は三島温泉ゆーぱーく光)。伊藤公記念公園の伊藤博文(いとう ひろぶみ)生家前では11月の毎週土曜日に上演するよ

山口どこでも紙芝居フェアのちらし「山口どこでも紙芝居フェアin下松」を8月16日(土曜日)・17日(日曜日)、ザ・モール周南で開催!


ちょるる新作も楽しみだね! 紙芝居を演じる皆さんは、どんどん新しいものを取り入れ、スキルアップしながら、観光客の皆さんのおもてなしをしているんだね。

松井さん観光地での紙芝居は、終わった後が肝心。そこから観光客の皆さんとの交流が始まるんだ。紙芝居のことだけでなく、ご当地グルメや次の観光地へのアクセスなど、観光客の皆さんからの質問はさまざまで、人と人とが向き合って伝えるアナログな紙芝居だからこそ生まれる交流があると感じるよ。これからは、来年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」の放映や、平成30(2018)年の「明治維新150年」に向けて、長州の幕末維新を紙芝居で分かりやすく発信するので、ぜひ見に来てね!

山口どこでも紙芝居スタンプラリーのちらし山口どこでも紙芝居スタンプラリー」を11月30日(日曜日)まで実施!

山口どこでも紙芝居連絡協議会のパンフレット県内各地の紙芝居団体を紹介するパンフレットができました!


ちょるる紙芝居でおもてなしって、すてきだね!!これからも山口県の魅力をいっぱい伝えてね!!


松井さんのオススメ逸品

「須佐 男命(すさ みこと)いか」

須佐 男命いかの写真須佐地域でとれるケンサキイカを「須佐之男命(すさのおのみこと)」の伝説にちなんで「須佐 男命いか」と名付けています。肉質は弾力性に富み柔らかく、歯触りは適度なコリコリ感が残り、特に生きたままの状態で刺し身にして食すと旨みが口いっぱいに広がります。

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ