ここから本文

2014年8月8日号 vol.277
山口県の道の駅/ぷりっぷりの車エビが自慢! 道の駅 あいお

温泉や地元の美味を楽しめる道の駅、ロケーションが素晴らしい道の駅…
山口県には、旅の目的地に加えたくなる道の駅がたくさん!

道の駅「あいお」は、瀬戸内海に面した山口市秋穂(あいお)にある道の駅。宇部市と防府市を結ぶ県道338号沿いにあり、三角屋根の建物が特徴的。地元の海の幸をはじめ、野菜やジャムなどがそろいます。そしてなんといっても「車エビ」!レストランでは、特産品の車エビ料理が味わえます。

エビ好きにはたまらない道の駅

いいもん山口でも紹介していますが、秋穂は「車エビ養殖発祥の地」ということもあり、生き車エビや加工品など、車エビ商品を多く取り扱っています。

シューマイやコロッケといった加工品の他に、個人的に気になったものがありました。「えび醤油(しょうゆ)」。今晩は、これで焼き飯を作ってみようと思います。きっとうまいに違いない!
道の駅の方のお薦めは「車えびみそ漬」。そのまま焼いて、がぶっといきたいですね!ビールに合いそう!

ちなみに訪れたことがある人なら、一度は気になったであろうワイヤーを張ったモニュメント、あれは車エビのヒゲがモチーフなんですよ。

「えび醤油」で作った焼き飯の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「えび醤油」で焼き飯を作ってみました。エビは入ってませんが、エビの風味が最高!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

車えびみそ漬の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

「車えびみそ漬」は軽く焼くと、車エビの甘さと、ミソの香ばしさがGOOD!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

車エビのヒゲをモチーフにしたモニュメントの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

駅舎の前に立つ、車エビのヒゲをモチーフにしたモニュメント
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


ぷりぷりの車エビをいただきます!!

えびフライ定食の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

大きなエビフライが2本もあって大満足の「えびフライ定食」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

えび焼き飯の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

シンプルながら、しっかりとした味の「えび焼き飯」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

それでは、待ちに待った車エビの実食タイム!
「えび天うどん」に「えび雑炊」、「えびサラダ」と豊富なエビメニューから、「えびフライ定食」をいただくことにしました。私の中ではキング・オブ・エビ料理!ぷりぷりのエビとサクサクの衣のハーモニー。しかも車エビですよ!普段食べているエビフライとは、うま味や甘味が全然違います。尻尾もおいしくいただきました!

他に人気が高いメニューとして「えび焼き飯」があります。ブラックペッパーが効いたスパイシーな焼き飯で、エビの食感がたまらない一品です。

私は好きな物を食べるタイミングにこだわりはないのですが、エビフライに限っては、必ず最後に食べる傾向があります。同行したカメラマンも同じことを言っていましたが、山口県にはエビフライを最後に食べる文化でもあるのでしょうか。皆さんはいかがですか?


小さいながらも、いいものたくさんの道の駅

あいおまんじゅうの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

人気商品「あいおまんじゅう」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

車エビの紹介が多くなりましたが、他にも人気商品がたくさんあります!
まずは「あいおまんじゅう」。大判焼きのような見た目で、中は白あんです。私が、レジで支払いしている間にも「あいおまんじゅうはどこですか?」と買い求める方がいました。

この道の駅の近くにある、週に2日しか営業しない人気のパン屋の商品も、ここなら常時買うことができます。取材を行った日は、バターケーキやシフォンケーキ、クッキーなどが販売されていました。

建物は小さいながらも、いいものが豊富でぎゅっと詰まった道の駅「あいお」。夏休みのお楽しみ、海水浴の帰りに、ぜひ立ち寄ってみてください。


道の駅 あいおの地図
道の駅 あいお
所在地:山口市秋穂東1520-4
電話:083-984-5704
営業時間:
9時から18時まで
レストラン:9時30分から17時45分まで
定休日:
第2・第4週水曜日(祝日の場合は営業)、年末年始
道の駅 あいお:http://www.city.yamaguchi.lg.jp/cms-sypher/www/section/detail.jsp?id=2590
周辺の名所:秋穂八十八ケ所、中道海水浴場など
関連リンク:山口市観光情報サイト

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ