ここから本文

2014年6月27日号 vol.274
山口県の道の駅/周南ブランドを発信 道の駅 ソレーネ周南

温泉や地元の美味を楽しめる道の駅、ロケーションが素晴らしい道の駅…
山口県には、旅の目的地に加えたくなる道の駅がたくさん!

今回は、平成26(2014)年5月にオープンした山口県で一番新しい道の駅「ソレーネ周南」をご紹介します。
山口県の瀬戸内海側を東西に貫く大動脈、国道2号沿いにあり、周南市の西の玄関口にあります。ドーム型の屋根が特徴のモダンな建物が目を引きます。ちなみに「ソレーネ」には、「それ、いいね」と喜んでもらえる道の駅という意味が込められており、「それーね」は、「そうですね」という意味の山口弁でもあるんですよ!

24時間利用可能な道の駅
24時間営業の直営物販コーナーの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

24時間営業の直営物販コーナー
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

夜の道の駅の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

夜の道の駅。アジサイが並んでいます
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

この道の駅は、これまでの道の駅と異なる点があります。それは24時間営業のコンビニや直営物販コーナーがあること。道の駅では、駐車場、トイレ、電話は24時間利用できますが、店舗まで営業している道の駅は、山口県で初です。一般的なコンビニの商品以外にも、地元の農水産物を販売しているので「お土産を買い忘れた!」なんて人にもありがたいですね。
交通量の多い国道沿いにあるので、高速道路のサービスエリアのような雰囲気もあります。

販売されている農産物も昼夜関係なしに運ばれてくるので、いつもみずみずしい花や野菜が並んでいます。夜の道の駅なんてなかなか体験できないので、新鮮ですよ。


必ずおなかをすかせてから行ってください!

周南市の特産品を使った料理の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

周南市の特産品を使った料理の数々
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

牛肉のピンチョスの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

白ワインと、しょうゆのタレに漬け込んだ牛肉を焼いた「牛肉のピンチョス」。数量限定商品です
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

魚屋の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

調理法などを丁寧に説明してくれる魚屋さん。買った魚をおろしてくれます
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

飲食店は、中に2つ、外に4つ。それぞれのお店で、周南市の特産品を使ったメニューが用意されていて、「どれも食べてみたい!」と思うものばかり。新鮮な魚介類を使ったおすしは、その場で握ったものが販売されていますし、総菜屋さんでは作りたて商品がいただけます。他にも、鹿野(かの)高原豚のハムやソーセージを挟んだハンバーガーに、ホットドッグ…。あまりにも多過ぎて、全て紹介できません。

そんな中、熟考に熟考を重ねて、決めたものが、右の写真の4品です。右端の黒くて丸いのは「いかすみおにぎり」。イカスミの風味とニンニクが効いています。イカスミパスタのおにぎり版ですね。一緒にパックに入っているのは「揚げいなりずし」。両方とも、結構なボリュームで食べ応えがありますよ。
ハンバーガーは鹿野高原・黒毛和牛を使用したものです。全粒粉のパンは香ばしく、厚めのハンバーグは肉の味がしっかりしてとっても美味!
周南市沖で捕れた魚介で作った「海鮮丼」は新鮮そのもの。精肉店で販売している、鹿野高原豚の豚丼は、お肉がジューシーでご飯との相性が抜群です。

食後にいろいろ見学していたら、おすし屋さんから、焼きたての「ホタテのバター焼き」が出てきました。くぅぅぅ、早く気が付いていれば、買ったのに!

おいしそうな物がいっぱいで、いろいろ目移りしてしまう道の駅。訪ねるときは、必ずおなかをすかせてからにしましょう!

親水公園で水遊び

親水公園の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

道の駅のそばを流れる夜市川を整備した親水公園
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

テラスの奥には夜市(やじ)川が流れています。護岸がきれいに整備され、親水公園として開放されており、川に下りる石段では、食事をする家族や、楽しそうに会話をするカップルなど、ほのぼのとした光景が繰り広げられています。川の中に入って遊ぶこともできるので、これからの季節、子どもたちでにぎわいそうです。


ユニークなものを見つけました!

お肉屋さんの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

何キログラムもあるお肉がどーんと陳列されています
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

いろいろと見学していると、所々に一風変わった商品を見つけることができます。
コンビニでよくサラダを入れて売られているプラスチックの容器を使って、小さな魚が販売されています。離れて見ると水草を売っているように見えます。他にも「金魚」に「エビ」。気が付いた人は、珍しそうにのぞいています。
また、先ほどのハンバーガーのところで紹介した鹿野高原・黒毛和牛がブロックで販売されています。お値段なんと81,000円!道の駅のあらゆる商品の中でも、相当高額なものではないでしょうか。それもそのはず、重さは8.4キログラム。大迫力ですよ。これだけの量のお肉を買う人ってどんな人なのでしょうか。

オープンして間もない道の駅。取材時には、レストランの工事が行われていました。ベーカリーレストランということまでは決定しているのですが、どんなメニューができるのでしょうか?楽しみですね。


道の駅 ソレーネ周南の地図
道の駅 ソレーネ周南
所在地:周南市大字戸田2713番地
電話:0834-83-3303
営業時間:
24時間営業
軽食・喫茶:9時から18時まで(一部9時から20時まで)
定休日:
なし
※電気自動車急速充電器があります。
道の駅 ソレーネ周南:http://www.solene.jp/
周辺の名所:湯野温泉、永源山公園、周南市徳山動物園など
関連リンク:周南市ホームページ

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ