ここから本文

2014年6月13日号 vol.273
山口県の道の駅/みんなの「まごころ」が集まる笑顔の駅 道の駅 阿武町

温泉や地元の美味を楽しめる道の駅、ロケーションが素晴らしい道の駅…
山口県には、旅の目的地に加えたくなる道の駅がたくさん!

今回は、平成26(2014)年4月20日(日曜日)にリニューアルオープンした道の駅「阿武町(あぶちょう)」を紹介します。
この道の駅は、阿武郡阿武町奈古(なご)の国道191号沿い、日本海に面した絶好のロケーションにあり、全国に先駆けてオープンしたことから、道の駅発祥の地といわれています。

阿武町の「イイモノ」が集まる道の駅
天然物の海の幸の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

日本海の新鮮な海の幸。全て天然物です
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

萩たまげなすの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

実は柔らかく、とろけるような食感が特徴の「萩たまげなす」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

日本地図の組み木の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

精巧な作りの日本地図の組み木
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

道の駅「阿武町」が取材先に決定した時にまず思い浮かべたのは、今回の「いいもん山口」でも紹介している「無角(むかく)和牛」!
毎月3、4頭しか出荷されない希少なお肉で、多くを阿武町で飼育しています。脂身が少なくヘルシー。しかも肉質は柔らかく、肉本来のうま味を楽しめる逸品です。

あと、忘れてはいけないのが海の幸。日本海で捕れた天然物の魚介類。おなかがパンパンに張って、肝がたくさん詰まってます!って感じのカワハギや、30センチメートルはあるアジなど、新鮮でおいしそうな魚が販売されています。珍しい魚も多く、サメなんてものも販売していました。購入した魚を刺し身や、三枚におろしてくれるのですが、サメも三枚におろせるのでしょうか。

やまぐちブランドの商品「萩たまげなす」もありました。“たまげる”は山口の方言で“びっくりする”という意味です。確かに“たまげる”ほど大きく育っています。他の野菜と比べても存在感が際立っています。
山口県産の木材を使用した日本地図の組み木なんかもありました。各都道府県の形に切り出されて、パズルになっています。精巧に作られていて職人の技を感じます。一度ばらして組み立てると、いい勉強になりそうです。


阿武のおいしいものが一つになった定食!

阿武のおいしいもの定食の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

ボリューム満点の「阿武のおいしいもの定食」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

新設されたレストランでは、希少な無角和牛や、新鮮な魚介類をいただくことができます。肉か魚か迷った方には、無角和牛のしゃぶしゃぶと、魚料理(刺し身か煮付けを選べます)がセットになった「阿武のおいしいもの定食」がお薦め。
取材した時の刺し身は、ヒラソ・タイ・ヒラメ・スズキ・サーモンの5種類。煮付けは、なんとアマダイ!しかもまるまる1匹!なんとも豪華です!

食事の他にも、ケーキなどのカフェメニューも充実しています。オープンテラスで目の前に広がる日本海を眺めながらティータイムなんてのもいいですね!


パワースポットを発見!

幸せのモニュメントの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

モニュメントの間から男鹿島(右)・女鹿島(左)が見えます
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

道の駅を海側に抜けたところに「幸せのモニュメント」があります。左右で大きさが違うのは、正面に見える夫婦(めおと)島とも呼ばれる男鹿島(おがしま)、女鹿島(めがしま)をモチーフにしてあるから。仲むつまじい夫婦にあやかって、幸せの鐘を鳴らしてみませんか。
西側を向いているので、夕方には美しい夕日を見ることができます。


日本海に沈む夕日を眺めながら入れる温泉

温泉からの眺め/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

温泉からの眺め。日本海が広がります
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

日本海温泉「鹿島の湯」は、夕日を眺めながら入ることができる温泉。効能は神経痛や関節痛など、いろいろありますが、注目は「夫婦円満」。お風呂から見える、仲むつまじい男鹿島・女鹿島からパワーをもらいましょう!サウナやリラクセーションサロンも設置してあり、日ごろの疲れをゆっくり癒やせます。
他にも、道の駅には珍しく温水プールがあります。25メートルの本格的なプールに、水深50センチメートルの幼児用プールもあり、子どもから大人まで楽しめます。
買い物をして、おいしいものを食べて、パワースポットで鐘を鳴らして、温泉に温水プール!楽しいこと間違いなしの道の駅です!


道の駅 阿武町の地図
道の駅 阿武町
所在地:阿武郡阿武町大字奈古2249
電話:08388-2-0355
営業時間
物産直売所:
9時から18時まで
レストラン:
10時から21時まで(オーダーストップ20時30分)
温泉:
10時から21時まで
温水プール:
10時から20時まで(7月から9月)
14時から20時まで(10月から6月※土日祝日は11時から)
発祥交流館:
9時から17時まで
焼きたてパン工房:
10時から17時まで
定休日
物産直売所:
年末年始
レストラン:
毎月第1・3水曜日(祝日の場合、翌日)および年末年始
温泉:
毎月第1・3水曜日(祝日の場合、翌日)および年末
温水プール:
毎月第1・3水曜日(祝日の場合、翌日)年末年始の休みは未定
発祥交流館:
毎週火曜日 年末年始の休みは未定
焼きたてパン工房:
毎週月曜日・火曜日 年末年始の休みは未定
※電気自動車急速充電器があります。
道の駅 阿武町:http://www.abucreation.com/
周辺の名所:JR惣郷鉄橋、佐々木小次郎の墓、たたら遺跡、大覚寺など
関連リンク:阿武町役場ホームページ

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ