ここから本文

2013年12月13日号 vol.263
ちょるる本部長も応援!! 頑張っちょる山口県人

ちょるるみんな、元気?!山口県PR本部長の「ちょるる」だよ。瀬戸内のハワイ・周防大島町への移住を希望する人たちのために、アイデアあふれる支援策を次々と生み出している「周防大島町定住促進協議会」の泉谷勝敏(いずたに かつとし)さんにお話を聞いてきたよ。

周防大島町定住促進協議会の皆さん

ちょるる

最近、山口県や周防大島町への移住を考えている人って多いのかな?

泉谷さん全国各地の移住に関する情報を発信しているウェブサイトがあるんだけど、長野県、北海道に次いで山口県が第3位のアクセス件数(※1)と、移住先として注目されているよ!周防大島町は、近年、転入者が増加していて、今年は転入者が転出者を上回りそうなんだ。周防大島町は、島といっても本土とは大島大橋でつながる半島のような所で、その橋からJR山陽本線の大畠駅へは車で約3分、隣の柳井市にある大型ショッピングセンターや地域の基幹病院へは約20分圏内と利便性も高い。そうしたことが自然豊かな中で子育てをしたいという若い人たちにも魅力になっているんだ。

泉谷さんの写真泉谷さん自身もIターン。泉谷さんの左肩には周防大島町PRサポーター「みかキン」!


ちょるる

移住を成功させるために大切なことは何?

泉谷さん移住後の生活を具体的にイメージして、人生設計を立てることが大事だね。まずは生活費や医療機関までの距離など、地域での実際の暮らしぶりを現地で見聞したり、体験したりすることが大切だと思うんだ。

周防大島町定住促進協議会ホームページの画像移住に役立つ情報がいっぱいのホームページ。島時々半島ツアーの様子を「動画」で見られるよ!


ちょるる

定住促進協議会では、そのためにどんなことをしているの?

泉谷さん首都圏などで開催される移住相談会などに参加し、そこで周防大島町に関心を持った人のために、今年から「定住前に1泊2日の島暮らし-島時々半島ツアー」を始めたんだ。また、「少し長期に移住生活を試したい」という方には、お試し暮らしができる大人の下宿「島暮ら荘(しまくらそう)」があるよ。そこで2週間から4週間滞在しながら、町の「空き家バンク(※2)」などを利用して住まい探しをしたり、町が開設した「無料職業紹介所」で仕事探しができるんだ。移住相談窓口では、全国初のサービスとして、生活設計の相談にファイナンシャル・プランナー(※3)が無料で応じていて、実はそれ、僕なんだけど(笑)。そういう包括的な支援が周防大島町の特徴だね。それに最大の魅力は人!!先輩移住者から話を聞ける「無料島人(しまびと)紹介所」も開設したんだ。

「島暮ら荘」の写真古民家を少しリフォームした、お試し暮らし用の「島暮ら荘」。


ちょるる

どんな移住者の先輩がいるの?

泉谷さん農業に取り組む人、養蜂家、ジャム専門店を開業した人、6次産業(※4)で起業した人、島外で起業した人、女性起業家などパターンは多彩!だから、きっとピッタリな相談相手が見つかると思うよ。先日、「ミカン農家になりたい」という方に先輩移住者を紹介したところ、移住を決意してくれたんだ!

協議会パンフレットの画像笑顔がまぶしい協議会のパンフレット。人の魅力がいっぱい詰まってます!


ちょるる

来年1月11日(土曜日)・12日(日曜日)に、4回目の「島時々半島ツアー」を行うそうだけど、どんな内容なの?

泉谷さんまず柳井市の生活関連施設を車窓見学し、次に周防大島で医師会会長から島の医療制度の説明を受けたり、空き家バンク登録物件を見学したりするよ。島人との交流会やマネー講座もあり、移住に不可欠な情報をつかめる内容が特徴だよ。先輩移住者は、地域の人々に自然に溶け込み、そういう人々で10年前とは島が変わってきたと感じるんだ。「周防大島みかん鍋」に代表されるように、島を盛り上げようといろんな人がアイデアを出す、やれば何か成果が出る。島外から人が訪れ、話題になるとマスメディアが取材に訪れる。そんな良い循環が島を活気づけ、若い移住希望者をさらに引き付けているんじゃないかな。移住を考えている人には、ぜひ周防大島を体感してほしいな。島時々半島ツアーへのお申し込み、お待ちしています!


  • ※1 取材時点のアクセス件数。本文※1へ戻る
  • ※2 町と宅建業協会が連携し、町内の空き家情報を提供する制度。本文※2へ戻る
  • ※3 人生設計に応じた助言や資金設計などを行う人。本文※3へ戻る
  • ※4 農林漁業としての1次産業に加え、2次産業としての製造業、3次産業としてのサービス業や販売業等を総合的かつ一体的に展開することで、新たな付加価値を生み出し、農林漁業者等の所得の向上や地域雇用の創出を図る取組。本文※4へ戻る

ちょるるちょるる本部長からのメッセージ!!

島時々半島ツアーの定員は15人。定員になり次第締め切るそうだから早めに申し込んでね!

周防大島町定住促進協議会の皆さんのオススメ逸品

タチウオ

太刀魚の鏡盛りの写真周防大島は、やまぐちブランド「周防瀬戸の太刀魚(タチウオ)」の産地。今年、産地ならではのおいしさを満喫できる創作刺し身料理が誕生!!ぜひ周防大島へ来て、味わってくださいね!

周防大島町の地図
関連リンク
周防大島町定住促進協議会ホームページ
周防大島町ホームページ(UJIターン)
見つけて!やまぐちニューライフ

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ