ここから本文

2013年11月22日号 vol.262
山口県の道の駅/道の駅きららあじす

温泉や地元の美味を楽しめる道の駅、ロケーションが素晴らしい道の駅…
山口県には、旅の目的地に加えたくなる道の駅がたくさん!

平成13(2001)年7月から9月まで行われた「21世紀未来博覧会(山口きらら博)」というイベントをご存じですか。山口市阿知須(あじす)で行われた博覧会で、来場者は延べ250万人を超えたそうです。当時の山口県の人口が約150万人ですから250万人とは驚きです。博覧会の後、多目的ドームやスポーツ広場などは、そのまま残し、自然共生型運動公園「山口きらら博記念公園」として利用されています。
独特の造形のドームと芝生の広場、建造物と自然が美しく調和した公園のそばに「道の駅 きららあじす」があります。

ジャガイモでもない、メンチでもない。あれは何!?

ボードウオークにオープンテラスの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

開放感あるボードウオーク
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

ボードウオーク(板張りの遊歩道)があり、海が近く、天気は快晴ということもあって、どことなく南国リゾートの雰囲気。ボードウオークは屋根付きのテラスになっていて、食事をする人、休憩をする人、皆さん思い思いに過ごしています。

その中にコロッケを食べている人がちらほらといます。いくら南国リゾート気分でも、今は11月。しかも急に冷え込んで、秋をすっ飛ばして冬が来たような天候。温かいコロッケは、さぞかしおいしかろう。不審がられないようにチラチラと様子をうかがうと、濃厚な黄色をしている。ジャガイモでもない、メンチでもない。黄色の正体は一体何なのだ?これは食べておかないと。

クリに勝る「くりまさる」?

目的のコロッケは軽食コーナーで売っています。表の看板を見ると、黄色の正体は、阿知須特産の「くりまさる」というカボチャらしい。「元兄弟力士のお兄ちゃんや、懐かしいテレビ番組の司会者の名前みたい。生産者の方の名前かな?」と思ったのですが、どうやら「クリにも勝る」という意味らしい。何が勝っているのかというと糖度ですが、確かに甘い。熱々のコロッケをひとかじりすると、カボチャの優しい甘さが広がります。ペースト状になったカボチャは、筋っぽさが全然なく、滑らかな舌触りで、とてもクリーミー。夢中で食べていると、中心にお肉を発見。一緒に食べると、お肉の塩加減でさらに引き立つカボチャの甘味!これはうまい!
くりまさるのとりこになった私は、「かぼちゃソフト」を追加注文。ご当地ソフトは要チェックですよね!一番人気は、バニラとカボチャのミックスらしいが、ここはくりまさるを堪能するために「かぼちゃソフト」をチョイス。濃厚だけど飽きがこない。カボチャを味わって食べることなんてあまりなかった気がする。カボチャっておいしい!カボチャって素晴らしい!

かぼちゃコロッケの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

かぼちゃコロッケは、裏ごしされているのか、とてもクリーミー!
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

軽食コーナーの看板の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

軽食コーナーの看板。人気No.1ソフトはバニラとカボチャのミックス
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

くりまさるを使用したかぼちゃソフトの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

くりまさるを使用したかぼちゃソフト
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


品ぞろえの多さにビックリ!!

くりまさるを使用したロールケーキ「くりまさロール」の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

くりまさるを使用したロールケーキ「くりまさロール」
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

次は、地元の野菜や特産品を取り扱う販売コーナーへ。先ほど食べたコロッケの冷凍パックに、ロールケーキ、かりんとうなどカボチャの加工品が豊富。それ以外にも、お弁当(これが種類が多い!)や、阿知須の旬の素材を使った焼きたてパンに、これまた山口産のもち米を使ったもちなど、品ぞろえの多さには目を引かれます。
野菜の販売コーナーも人気で、買い物客の方が次々とかごに入れています。毎朝地元の農家の方が届けるそうで、新鮮野菜もこの道の駅のウリの一つ。昼までにはだいたい品切れになるので、狙い目は午前中だそうです。
鮮魚売場もありました。ショーケースにはブリがドーンと並んでいます。寒ブリ!これから旬ですね!他にも刺し身や加工品がたくさん並び、大きないけすの中には、大粒サザエがごろごろと入っています。これらは、山口県近海で捕れたもので、市場から直接送られてくるそうです。

パン工房の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

パン工房
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

野菜売り場の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

野菜売り場
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

市場直送の新鮮な魚介類の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

市場直送の新鮮な魚介類
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。


県産牛も味わえるレストラン

エスニックラーメンの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

エスニックラーメン
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

いろいろ見て回っているとお昼の時間になったので、麺・南蛮料理のレストランで昼食を。こちらはやまぐち食彩店登録のお店で、「県産牛肉をおいしく食べること」をコンセプトに、さまざまなメニューが楽しめるレストランです。うどんやハンバーグなどの定番ものから、ナンカレーなど個性的なものもあり、幅広いメニュー構成なので、きっと食べたいものが見つかると思いますよ。取材を行った11月は、エスニックラーメンやチゲ煮込みうどんなど、体の温まりそうな新メニューが追加されていました。

道の駅きららあじすの地図
道の駅 きららあじす
所在地:山口県山口市阿知須509-88
電話:0836-66-1001
営業時間:8時30分から19時まで(レストランは8時30分から21時30分 オーダーストップ21時まで)
定休日:不定休
道の駅 きららあじす:http://www.c-able.ne.jp/~machikai/index.html
周辺の名所:きらら浜自然観察公園、山口きらら博記念公園、居蔵(いぐら)造りの町並みなど
関連リンク:山口市観光情報サイト
道の駅記念切符 道の駅 きららあじすの写真

道の駅記念きっぷ

県内全ての道の駅で記念切符を販売しているわけではありませんが、いろいろ探してみるのも、また楽しそうです。

山口県の「道の駅」(山口県道路整備課)

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ