ここから本文

2013年11月22日号 vol.262
気になる山口 ここが知りたい!!

山口県では、輝く、夢あふれる山口県の実現に向けて、さまざまな取り組みを行っています。その中の一つ「林業に携わる女性の活動支援」について、農林水産政策課の田中加奈子(たなか かなこ)さんにインタビューしました。

ちょるる

林業に携わる女性の活動支援

「和風縁側お茶セット」に「冬のティータイム」。この商品カタログ「里と森からの贈り物」には、冬に向かうこの季節にピッタリな商品セットがありますね。

田中さん 「和風縁側お茶セット」は、下関市豊田町だけで生産されている黒大豆「のんたぐろ」や、炊飯時や飲料水にそのまま使える長門市俵山(たわらやま)産の煮沸竹炭などの詰め合わせ。「冬のティータイム」は、萩市産の健康茶と草木染めのランチョンマットなどの詰め合わせです。その他にも、山口市仁保(にほ)の旬の素材を使った「かぼちゃの馬車スイーツセット」や、岩国の清流「錦川(にしきがわ)」の水で育った素材を使った「錦清流セット」があります。農山村で暮らす女性たちならではの手作りの逸品が並んでるでしょう?

まるでふるさとからの小包のよう! これらの商品は、どんな方々が作られているんですか?

田中さん農林業を営みながら、豊かな森の恵みを広く伝えたいと活動している女性起業家グループ「やまぐち森の恵みネットワーク」の皆さんが企画・販売しています。これらの女性らしい知恵と地域の特産のコラボ商品は、日頃は、山口県内の観光施設や道の駅などに行かないと購入できませんが、年に1回、多くの方々にその良さを知っていただこうとセットでのカタログ販売を行っています。11月28日(木曜日)まで、このカタログで簡単にファクス注文できますので、ぜひご利用ください。こうした販売は、7回目になるんですが、品質の良さからリピーターになる方もいらっしゃいます。カタログは、このページの関連リンクから、データを印刷してご利用いただけます。お気軽にお問い合わせください。今年は4種類のみですが、今後バリエーションを増やしていきたいと考えています。

林業の分野でも女性が活躍しているんですね!

田中さん実は、昭和46年に林業に携わる女性(林業女性)を対象とした「婦人林業教室」を全国で初めて開催したのが山口県なんですよ。今では、林業研究グループに所属する女性会員数や女性のグループ数は、全国トップクラスの規模です。長年実施してきた婦人林業教室をきっかけに、受講者が女性グループを結成して、林業の技術や知識を学び、仲間づくりを行ってきました。その活動の中から「山の資源をもっと活用したい」という思いが生まれ、山の資源を活用した商品化や体験交流活動が始まりました。この「やまぐち森の恵みネットワーク」の会員も、そんな女性たちで構成しているんですよ。県としては、情報発信や販売促進に関するアドバイスを行ったりして、こうした起業活動を支援しています。

全国に先駆けて林業女性の人材育成をしてきたんですね。会員の皆さんの商品情報や活動情報などは、どこで入手できますか?

田中さん「やまぐち森の恵みネットワーク」は、今年度からフェイスブックでの情報発信を始めたんですよ。今回ご紹介した商品セット以外にもさまざまな商品情報を掲載しています。合同販売など、会員の活動情報も随時更新していますので、ぜひご覧ください!

取材の日、「インターネットで『やまぐち森の恵みネットワーク』って検索しても、まだ検索の上位には出てこないんですよね…。」と言いながら田中さんが検索すると、ぱっと上位に表示されました! 「これまでは出なかったのに、わー!うれしい!」と喜ぶ田中さんが印象的でした。


関連リンク
「里と森からの贈り物」詰め合わせ商品
やまぐち森の恵みネットワーク(フェイスブック)

農林水産政策課の田中加奈子さんの写真やまぐち森の恵みネットワークのフェイスブック、「いいね!」で応援してくださいね!(田中さん)

和風縁側お茶セットの写真和風縁側お茶セット

冬のティータイムの写真冬のティータイム

かぼちゃの馬車スイーツセットの写真かぼちゃの馬車スイーツセット

錦清流セットの写真錦清流セット

やまぐち森の恵みネットワークのフェイスブックページの写真やまぐち森の恵みネットワークのフェイスブックページ

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ