ここから本文

2013年11月8日号 vol.261
ちょるる本部長も応援!! 頑張っちょる山口県人

ちょるるみんな、元気?!山口県PR本部長の「ちょるる」だよ。岩国市の錦帯橋(きんたいきょう)の下を流れる清流、錦川(にしきがわ)。今回は、この錦川上流の中山間地域、岩国市の山代(やましろ)地域(※1)へ出張して、農林家ホームステイや体験プログラムによる都市・農山村交流に取り組んでいる「やましろ体験交流協議会」の皆さんにお話を聞いてきたよ。

やましろ体験交流協議会の皆さん

ちょるる

錦川を生かしたカヌー・ラフティング体験や沢登り、ツリークライミングや農山村の生活体験。ここでは、他にもいろんな体験ができるんだね!

協議会の皆さん私たちが暮らすこの豊かな自然環境を都市部の方たちにもぜひ味わってほしいと交流事業をしているんだよ。学校などの団体や個人客からの申し込みをワンストップで受け付けたり、地域の受け入れ組織や家庭などとの各種調整をしているのが「やましろ体験交流協議会」だよ。一般家庭に宿泊するホームステイの受け入れ家庭は現在約65軒の登録があるよ。首都圏や関西の学校などの教育旅行や家族旅行などでこれまでに約900人が訪れて、ここでの暮らしや各種体験プログラムを楽しんでいるよ。来訪者を家族のように迎えたいと、「共に暮らす」をテーマに活動しているんだ。

やましろ体験交流協議会の皆さんの写真錦川鉄道の車両の前で:やましろ体験交流協議会の皆さん。「錦川清流線に乗っていらっしゃい! 車窓からの景色が素晴らしいよ!!」


ちょるる

教育旅行で訪れた子どもたちは、どんな様子?

協議会の皆さんホームステイを楽しんでるね! 3人から5人くらいで1つの家庭に泊まるんだけど、そのお宅の方と干し柿を作ったり、まきを割ってお風呂をたいたり、体験内容はホームステイ先や季節によってさまざま。「ここで初めて包丁を握って料理をした」という子どもたちの中には、旅行の後、自宅でも進んで料理を作るようになった子もいてご両親も大喜び。温かく迎えるホームステイ先の家族に、日頃は話せない胸の内を、ついほろりと打ち明ける子もいてね。 1泊でも交流の中身は濃くて、互いに人との触れ合いを強く感じているようだよ。その後も、ホームステイ先の家庭には、子どもたちやそのご家族、先生方から手紙が届いたり、滞在先の家庭が記録写真を送ったりと交流が続いているんだよ。


ちょるる

心の交流が生まれるんだね。来訪者を「自宅に受け入れる」って、難しくなかった?

協議会の皆さん農林家ホームステイを始めるに当たっては、事前に研修もしたよ。この辺りは祭りがあれば皆で集まって食事をしたり、冠婚葬祭も地域の皆で協力して執り行うことも多いよ。家族のように来訪者を受け入れられるのは、そうした暮らしぶりのおかげかもしれないね。山代地域は神楽が盛んでね。夜、神楽を披露することもあるんだ。

神楽の写真山代神楽:大蛇(おろち)の面をかぶり、神楽体験をした生徒さんも。


ちょるる

「お・も・て・な・し」が日頃の生活の中にあふれているんだね。お友達とお泊まり、楽しいだろうなぁ。体験プログラムにも興味津々!!

協議会の皆さん学生さんに特にお薦めなのは、仲間と力を合わせないとうまく進めないラフティングボート体験。錦川は流れも穏やかで、先生方が安全確認できるポイントも点在してるんだ。みんな、すごく楽しんでくれるよ。先生が「生徒たちが、あんなに大声を出して目をキラキラさせている姿は初めて見た!」と驚かれるほど。沢トレッキングも楽しめるよ。年齢やレベルに応じた沢をインストラクターが選んで連れて行ってくれるよ。自らの体も五感もフル活用して、ここでの暮らしに触れる、そんな「本物の体験」が喜ばれているんだよ。

ラフティングボートの様子錦川は水がきれいで流れが穏やか。だから、ボートやカヌーといった清流体験に適しているんだ!


ちょるる

この辺りは山の楽しみもありそうだね。山里体験や味覚体験も楽しそう!!

協議会の皆さん専用の道具を使って木登りするツリークライミングやさまざまな農作業体験もできるよ。特産品でもある「こんにゃく作り」や地域に伝わる「あんこ寿司(ずし)(※2)作り」など、地域性を生かした食のプログラムもたくさんあるし、イノシシの肉を使った「ボタン鍋」を楽しめる時季もあるよ。ここで暮らす者にとって来訪者との交流は、自分たちの地域の魅力にあらためて気付き、誇りを感じることにもつながっているんだ。今後は、個人客や家族連れ、大学や企業などの受け入れにも力を入れていくよ。いつか体験交流で来た子どもたちが大人になって自分の子どもを連れて来たり、「ここに住みたい」っていう人が現れたりするといいな。いつでも帰ってこられる「ふるさと」として、変わらずここを守っていきたいんだ。読者の皆さんも、ぜひ、遊びに来てね!!

とことこトレインの写真とことこトレイン:近隣の観光としては、幻想的な光のトンネルが人気の「とことこトレイン」もお薦め!!


  • ※1 岩国市本郷町(ほんごうまち)・錦町(にしきまち)・美川町(みかわまち)・美和町(みわまち)。本文※1へ戻る
  • ※2 具をあんこ餅のあんのように中に隠した押しずし。本文※2へ戻る

ちょるるちょるる本部長からのメッセージ!!

現在、約60の体験プログラムがあるんだって。詳しくは、やましろ体験交流協議会に相談してみてね。

やましろ体験交流協議会の皆さんのオススメ逸品

やましろ地域の特産「こんにゃく」

こんにゃくラーメンの写真地域の特産「こんにゃく」。そのお刺し身「やまふぐ」をはじめ、こんにゃく料理のレパートリーの多さにはびっくり!! 豚肉の代わりにこんにゃくを使った、酢豚風の甘酢あんかけ、こんにゃくステーキにこんにゃくスパゲティ、こんにゃくラーメンなどもあります。道の駅ピュアラインにしきでもお召し上がりいただけます。

関連リンク やましろ体験交流協議会ホームページ

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ