ここから本文

2013年10月11日号 vol.259
山口県の道の駅/道の駅みとう

温泉や地元の美味を楽しめる道の駅、ロケーションが素晴らしい道の駅…
山口県には、旅の目的地に加えたくなる道の駅がたくさん!

今回から始まったコーナー「山口県の道の駅」!
ところで、道の駅って、ある会議で山口県から参加した方の「鉄道に駅があるように、道にも駅があっていいんじゃない?」という提案をきっかけに生まれたって知ってました?
そんな山口県に20ある道の駅から、第1回目に選んだのは「道の駅みとう」です。
理由は、行ってみよう!見てみよう!のコーナーで銅山まつりを取り上げているからとか、美東ごぼうが旬の時期だとか、いろいろありますが、私の「道の駅みとうに行ったことがないから行ってみたい!」の一存で、決定させていただきました。

道の駅みとうは、小郡萩道路大田インターチェンジを降りてすぐなのでアクセスも抜群。なんで今まで立ち寄ったことがなかったのだろう。大田川沿いの広い敷地に、平屋の駅舎がある光景は、なかなかのどか。駐車場は広めなので、運転に自信がない人でも安心して車を止められます。


大仏さまのふるさと

大仏の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

近くで見るとヒゲを生やしています。
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

駅舎に向かおうと車を降りた時、何やら視界に入ってきました。
大仏さまです。
なんでも、奈良の大仏さまは、ここ美東町の長登(ながのぼり)銅山で産出された銅を使って作られたそうです。「奈良登り」が変化して「長登」という地名になったとの言い伝えもあります。なるほど、大仏さまのふるさとも納得です。
この長登銅山は、奈良時代から昭和35年まで採掘された、日本最古の銅山です。道の駅近くの「長登銅山文化交流館」では、資料展示の他、銅山跡見学やメダルやコインの鋳造体験などができます。
にっこりと笑って愛嬌(あいきょう)のある大仏さまに見送られ、駅舎に入ります。


超個性的!みとうの世界!

手書きポップの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

手本のような手洗いの方法。
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

駅舎は2棟あり、観光案内所とレストランに分かれています。
まずは、観光案内所に向かいます。窓ガラスに「しあわせます道の駅みとう」と毛筆のインパクトのある書体で、でかでかと張り出されています。駅舎内のそこかしこにも、同じ毛筆のポップが張ってあり、印刷ではないのか?と疑ってみたのですが、全部副駅長さんが書かれているとのこと。すみませんでした…。
なんとトイレにまで張ってあります。こういうのってついつい読んじゃいますよね(笑)
手洗いの順番が書いてあるだけなのに、かの有名な詩人の作品かのように心に響きます。
超個性的ではないか!この道の駅!


滞在型の道の駅

本棚とベンチが用意されている一角の写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

本棚とベンチが用意されている一角。「本でも読みながらゆっくりしてください」と駅長さん。
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

駅舎内は通路が広く、フリースペースもあり、所々にベンチが設置されています。これは駅長さんの、ゆっくり滞在して、人と人が交流できるような場所にしたいという気持ちで作られたもので、今では、お客さんだけでなく、近所の子どもたちも遊びに来るようになったそうです。
他にも気持ちよく過ごすための工夫がたくさんあります。落書き帳に旅の思い出を書いたり、本を読んだりと、のんびり過ごせます。


かわいい集団と遭遇

水生生物や鳥などの生活環境が再現されています。/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

水生生物や鳥などの生活環境が再現されています。
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

カモの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

人なつっこいカモの集団。アヒルも交ざっています。
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

駅舎の中を楽しんだ後は、裏手にある親水公園を散策。この公園は、カモやコイが泳いでいます。夏になると、ホタルの観賞や、川遊びもできるそうです。
今日はサイクリングをしている人や、遊具で遊ぶ子どもたちで、のどかな時間が流れています。
大田川の流れが気持ちよく、ここで先ほど買った美東ごぼうのかりんとうを食べつつ、休憩することに。
このかりんとう、かりんとうという名前からして甘いのかなと思っていたら、ぴりっと辛い。ゴボウの風味もしっかりして、おつまみになりそうな大人の味です。
かりんとうをポリポリ食べながらぼーっとしていると、カモがやって来ました。
人になれているのか、全くおびえる様子はなし。次々と私の周りにやって来て、ぐぁぐぁ鳴いてかりんとうを催促してきます。が、君たちにはちょっと刺激が強すぎるだろう。レストランで餌(1袋100円)を売っているので、それをやることに。レストランから戻ってくると、カモが大量発生していました(笑)

ゴボウ天うどんの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

美東ごぼうを使ったゴボウ天うどん。
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

カボチャのソフトクリームの写真/写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります

カボチャを使ったソフトクリーム。
※写真をクリックで拡大。Escキーで戻ります。

レストランには当然人間用のメニューもあります。
個人的にオススメなのがゴボウ天うどんです。ガッツリ系の食事が好きな私は、もう一つの名物「美東ちゃんぽん」も気になりましたが、ここは特産品の美東ごぼうを使用したゴボウ天うどんを注文。
これはウマイ!ゴボウ天が大きくてボリュームがあり、食感はシャキシャキ!ゴボウの風味がだしに溶け出しているようで、だしまで全部飲んじゃいました。
さらに道の駅といえば、ご当地ソフト!多くの人が、カボチャソフトを注文していました。他にも、いろいろおいしそうなソフトクリームがあります。
もう少ししたら、人気のクリやカキのソフトクリームもお店に出せるかなとのこと。これも楽しみです!

ちなみに、レストランの伝票が挟まれた板の裏にまで、副駅長さんの書が貼られていました。書を探してぶらぶらするだけでも楽しい道の駅でした!


道の駅みとうの地図
道の駅 みとう
所在地:美祢市美東町大田近光5480-1
電話:08396-2-2500(レストラン08396-2-5061)
営業時間:8時から18時まで、(レストラン10時から18時30分まで ラストオーダー18時)
定休日:なし、(レストラン不定休)
道の駅みとうブログ:http://michinoekimitou.blog.fc2.com/
周辺の名所:秋吉台・秋芳洞・景清洞・大正洞など
関連リンク:美祢市観光サイト「カルストドットコム」
道の駅記念切符 道の駅みとうの写真

道の駅記念きっぷ

県内全ての道の駅で記念切符を販売しているわけではありませんが、いろいろ探してみるのも、また楽しそうです。
(怪獣映画のフィギュアに切符を持たせているあたり、どこまでも個性的です。(笑))

山口県の「道の駅」(山口県道路整備課)

ページの先頭へ戻る



ページの先頭へ