ちょるる本部長も応援!!「頑張っちょる山口県人」

みんな、元気?!山口県PR本部長の「ちょるる」だよ。毎月、第2週目の配信号で、「頑張っちょる山口県人」を紹介するよ。今回は、長門市へ出張して「ながとボランティアガイド会」会長の金谷和夫(かなや かずお)さんに、突撃インタビューだよ!!

ちょるる本部長

第6回 ながとボランティアガイド会の皆さん

ちょるる本部長

こんにちは!!ながとボランティアガイド会は、どんなグループなの?

会長さんの後ろに見えるのが「金子みすゞ記念館」の一部。本屋さんだったみすゞさんの実家を再現したものだよ。

金谷さん「長門を訪れた方に町歩きを楽しんでもらいたい」と平成8年に結成したんだよ。ガイドは地元の歴史などをいろいろと勉強してきたんだよ。現在は主に「こだまでしょうか」の詩などで知られる童謡詩人・金子みすゞさんが生まれ育った仙崎の「みすゞ通り」を案内しているんだ。観光客の皆さんの持ち時間に合わせて見どころを案内するんだけど、紹介したいことがたくさんあって、これがなかなか難しいんだ。中には、団体旅行の後、もう一度個人で来てくださる方もいらっしゃるんだ。メモを取りながら話を聞く子や修学旅行の子どもたちもいたり…。子どもたちから礼状が届くこともあるよ。

ちょるる本部長

へーっ、それって、とっても嬉しいね!!

金谷さんそうなんだ!みすゞさんで有名な仙崎だけど、戦後は海外居住者の引き揚げ港(※1)だった時代もあってね。お寺や学校だけでは大勢の帰国者を受け入れきれず民家にも泊めたんだ。これまでのガイドで忘れられないのは、観光客の中に「小学生の時に引き揚げてきて、仙崎で同い年の女の子がいる家にお世話になって…」という思い出を話された方がいたんだ。その記憶を頼りに探したら家が分かり数十年ぶりに再会!喜んでくださってね。みすゞ通りには、そのころの写真を展示しているギャラリーもあるんだよ。ちょるる、一緒に歩いてみようか!!

ちょるる本部長

お願いします!!あっちこっちの軒先に詩を書いた木札が掲げられているけれど、これはなぁに?

今年、みすゞ通りの詩札をリニューアル。仙崎の町のあちこちに、詩の世界が広がっているよ。

金谷さんみすゞさんゆかりの場所を訪れる方の印象に残るものを何かできないかっていう声が市民から上がったんだ。そこで、みすゞ通りの各家庭に木札を配り、それに自分の好きなみすゞさんの詩を書いて軒先に掲げてもらったんだ。これを詩札といって、中には凝ったものもあるんだよ。あれから10年以上たって詩札も傷んできたから、今年3月、子どもたちや婦人会の皆さんが新たに木札に詩や絵を書き、私たちも参加して付け替えて回ったんだ。

ちょるる本部長

すてきなおもてなしだね!!会長さんたちが、みすゞ通りを案内するときは、どんなことに気を付けているの?

(左)こんな場所もあるよ。照明を消すと、ビックリ!!みすゞさんの詩「大漁」の世界、海の中の世界に一変するんだ。(右)壁画を構成する一枚一枚のメッセージも必見だよ!!

金谷さん自由に詩を感じてほしいから、詩の講釈はしないようにしているんだよ。ただ、仙崎は昔も今も漁業の町で、漁をするだけではなく、クジラや魚を供養する風習があり、そういう風土の中で、みすゞさんは育ってきたんだ…ということは必ず話しているんだ。漁師の世界は「板子(いたご)一枚下は地獄」(※2)といわれるだけに、この町には、漁の無事を祈り、また無事を感謝するため、出漁前後の朝と夕方、先祖の墓に参る風習もあるんだよ。

ちょるる本部長

そうなんだ…。会長さん、仙崎で今、ぜひ見てほしいところは?

金谷さんたくさんの人が参加してできたモザイクアートの壁画(※3)はぜひ見てほしいな。去年11月に新作の壁画が完成したんだ。ここがそうだよ。じゃ、まず左端に立って見てごらん。次に真ん中で。そして右端から見てみて。

ちょるる本部長

んっ…?えっ…?えええっ…?うわあ、1枚の壁画なのに、見る位置によって全然違う3種類のみすゞさんの絵が見えるよ!!ど・ど・どうして?!

これが新作の壁画。左端から見ると、青海島(おおみじま)の奇岩とみすゞさんの絵。それが見る場所を変えると、絵が変わっちゃうんだ!! どんなふうになるのか、来て確かめてみてね。

金谷さん近づいて見てごらん。ほら、三角柱の木切れを組み合わせてできているんだ。その1枚1枚には、たくさんの人たちのメッセージが書かれているよ。他にも、みすゞ通りには見てほしい所がいっぱい。ちょるる、PRよろしく!!

  • ※1 太平洋戦争終結後、海外居住者の引き揚げ港の1つとして国が定めていた。
  • ※2 船乗りの仕事が危険であることのたとえ。
  • ※3 長門商工会議所青年部等が中心になり、2003(平成15)年から、多くの参加者を募り、かまぼこ板等を組み合わせて、みすゞの詩の世界などを描いた壁画を10作品制作。6作品が現存。

ちょるる本部長から、
みんなへメッセージだよ!!

ちょるる本部長

今年は、みすゞさんの生誕110年なんだ。ながとボランティアガイド会は、希望すれば、みすゞさんのお墓にも案内してくれて、貴重な話を教えてくれるよ。ガイドをお願いしたい人は、長門市のホームページを見てね。これからも頑張って!!ながとボランティアガイド会さん!

ながとボランティアガイド会の
金谷さんのおススメ逸品

やきとり

やきとり
焼き抜きかまぼこに、仙崎イカ。「やきとり」もお薦め。長門市は、人口1万人当たりの焼き鳥店舗数が全国トップクラスの「やきとりのまち」なんです!

▲このページの先頭へ