ちょるる本部長も応援!!「頑張っちょる山口県人」

みんな、元気?!山口県PR本部長の「ちょるる」だよ。毎月、第2週目の配信号で、「頑張っちょる山口県人」を紹介するよ。今回は、美祢市へ出張して「秋吉台(あきよしだい)地域エコツーリズム協会」会長の前田時博(まえだ ときひろ)さん幹事の松井茂生(まつい しげお)さんに、突撃インタビューだよ!!

ちょるる本部長

第4回 秋吉台エコツアーを行っている皆さん
-秋吉台地域エコツーリズム協会-

ちょるる本部長

こんにちは!! 秋吉台地域エコツーリズム協会って、どんなものなの?

各分野の専門家が案内するエコツアーだから、秋吉台のさまざまな奥深い魅力に出会えます!!(左から松井さん、前田さん)

前田さん秋吉台(※1)地域のさまざまな分野に詳しい専門家が所属する団体や施設が集まって、2007(平成19)年に設立した協会だよ。秋吉台・秋芳洞(あきよしどう)(※2)は山口県を代表する観光地。でも、1970年代以降、観光客が減り、しかも短時間で観光する人がほとんどなんだ。だけど、秋吉台には、いろんな奥深い魅力がある。そんな魅力をじっくり楽しんでもらおうと、専門家のみんながインタープリター(※3)となって、参加者の皆さんに、草原のウオーキングや洞窟探検といった、秋吉台地域の生物・植物・地質・歴史・民俗などを楽しみながら深く知ってもらうエコツアーを始めたんだ。

ちょるる本部長

どんなことに気を付けてエコツアーを企画しているの?

石灰岩台地の秋吉台は、3億年前に太平洋上で生まれたサンゴ礁だったんだ。石灰岩には、そのころのサンゴ礁の生物の化石がいっぱい!これは春夏の風景だよ。

松井さん洞窟を探検するときはもちろん、秋吉台を歩くときも危険な所は避けるコースを作ること。また、絶滅が危惧される草原の植物が全国的に増えていて、秋吉台にも絶滅が危惧されているものがあるんだ。そんな珍しい植物を見ようと近づいたことで、そばの地面を踏み固めたり、周囲の植物を手でよけて、光が当たるようになったりしただけで、枯れてしまうものもあったりして…。だから、希少な植物などの保護に気を付けながらコースを考えているんだよ。

ちょるる本部長

うわあ!!そんな繊細な植物もあるの?!知らなかった…。どんなエコツアーが人気なの?

今や全国的に希少なオキナグサ。秋吉台は国定公園で動植物や石の採集は禁止されているから、見るだけ、写真撮影だけにしてね!

松井さん広大な草原の中、月のクレーターのようなくぼ地と、羊の群れのように石灰岩が点在する秋吉台。そんな特徴ある草原を歩きながら植物観察を楽しむエコツアーは、特に人気があるよ。3月下旬から4月中旬にかけて草原を歩くと、丈が約3センチメートルで直径約1センチメートルの白い花を咲かせるセンボンヤリや、オキナグサ(※4)などの春を告げるさまざまな草花に出合えるんだ。また、毎年2月に行われる山焼きの後、雨が降るとキノコなどの菌類がよく育ち、ベニヤマタケっていう小さくて真っ赤なキノコも顔を出すよ!そんな小さな花もキノコも山焼きで黒い台地になった後だから、見つけやすいんだ。

ちょるる本部長

春を告げる小さな花や真っ赤なキノコ!!見てみたいなあ…。エコツアーには、洞窟探検もあるんでしょ?

国の天然記念物「中尾洞(なかおどう)」は基本的に非公開。その洞窟探検を8月に予定。美しい洞窟生成物がいっぱいで地下宮殿のようだよ!(写真:秋吉台科学博物館提供)

前田さん秋芳洞でも観光化されていない少し奥の所とか、非公開の洞窟を探検するんだ。面白いよ!!そういう所は照明が設置されていないから、ヘルメットのライトや懐中電灯を消し、真の闇を体験してみたり、真っ暗な洞窟の水の中で目が退化した、体が透明な小さなエビなど珍しい生き物に出合えたり…。いろんな種類の洞窟生成物(※5)もあり、本当に美しいよ!!そうした非公開の洞窟を探検するには、美祢市への届け出や、美祢市の許可が必要なんだけど、インタープリターがいるからこそ体験でき、しかも安全に楽しめるんだ。

ちょるる本部長

うわあ、ワクワクしてきた!!エコツアーに参加した皆さんの反応は?

歴史のエコツアーも人気!! 4月には「しだれ桜と大田・絵堂(えどう)戦跡現地解説ウォーク」「鉱山、志道家(しじけ)墓所、遅咲きの大桜を楽しむ」があるよ。

前田さん珍しい植物との出合いや広大なスケールの秋芳洞に感動する方が多く、また、地元の食材を使った地域の女性グループの手作り弁当も好評だよ。参加者は増えているけれど、もっと県内外や地域の人に参加してもらって秋吉台を守ることの大切さを知ってほしいんだ。そして、インタープリターも今後に向けて養成していこうと考えているんだ。カルスト台地や鍾乳洞は全国各地にあるけれど、秋吉台は国内最大級の面積、洞窟の数は発見されているだけで約450と日本最多の洞窟地帯、秋芳洞は国内最大級の広大な空間を誇るんだ!!でも、それを知らない人がまだ多くて…。ちょるる、全国へ向けてPRよろしく!!

  • ※1 国内最大級の面積を誇るカルスト台地。国の特別天然記念物。
  • ※2 国内最大級の規模を誇る鍾乳洞。国の特別天然記念物。約8キロメートルまで判明しているが、全容は未解明。約1キロメートルのみ照明や遊歩道などが設置され、観光化されている。
  • ※3 自然観察等を通じて、自然の大切さなどを伝える人。
  • ※4 全体が白い毛に覆われ、ビロードのような紅紫色の花を咲かせる。
  • ※5 洞窟の天井からの水滴に含まれる石灰分が少しずつ天井に残って形成された鍾乳石や、床に落ちた水滴によってタケノコ状に形成された石筍(せきじゅん)など。

ちょるる本部長から、
みんなへメッセージだよ!!

ちょるる本部長

秋吉台地域エコツーリズム協会では、3月には、日本最古の「長登(ながのぼり)銅山露天掘り跡」登山や化石採集、湧き水などを見る「秋吉台ウォーキング」、4月には、春の花を楽しむエコツアーなどが行われるよ(事前申し込みが必要)。みんな参加してね。これからも頑張って!!秋吉台地域エコツーリズム協会さん!

秋吉台地域エコツーリズム協会の
前田さん、松井さんのおススメ逸品

美東ゴボウ

ごぼう麺
秋吉台の昔からの名物は、柔らかくておいしい「美東(みとう)ゴボウ」。その粉末を、うどんに練り込んだ新しいご当地グルメ「ごぼう麺」も好評です!

▲このページの先頭へ