気になる山口 ここが知りたい!!

山口県では、輝く、夢あふれる山口県の実現に向けて、さまざまな取り組みを行っています。その中の一つ「岩国錦帯橋(きんたいきょう)空港開港!やまぐち往還(おうかん)観光キャンペーン」について、県観光振興課の竹重浩太朗(たけしげ こうたろう)さんにインタビューしました。

インタビュアーのイラスト

岩国錦帯橋(きんたいきょう)空港開港!やまぐち往還(おうかん)観光キャンペーン

「(株)おいでませ山口県」設立!私も頑張ります!(竹重さん) 「島耕作社長(中央)についていきます!!皆さん、山口へおいでませ」と松村さん(左)、宮本さん(右)。 首都圏からお越しのお客さまを「株主」として、お得な割引や特典を盛り込んだ「株主様ご優待券」! これがうわさの周防大島みかん鍋。株主様ご優待券をお持ちの方対象の「オススメ鍋 決議投票」開催中! 観光キャンペーンでは、「味(あじ)」「泊(はく)」「楽(らく)」の3つをテーマにした、楽しい企画がいっぱいです。詳しくは特設サイトで!

岩国錦帯橋空港が開港しましたね!開港に合わせて実施中の「岩国錦帯橋空港開港!やまぐち往還観光キャンペーン」って、どういうものなんですか?

竹重さん県では、開港を契機として県内外に山口県の魅力をPRするため、全国に先駆けて県の観光部門を民営化したという設定で、初代社長に人気漫画の主人公・島耕作(しま こうさく)を迎え、架空の会社「(株)おいでませ山口県」を設立しました。この会社が取り組む山口県観光活性化プロジェクトの第1弾が、平成25年5月末まで実施している「岩国錦帯橋空港開港!やまぐち往還観光キャンペーン」になるんです。

(株)おいでませ山口県を設立!!面白いですね。初代社長には、あの「島耕作」さんが就任!!課長には、山口ふるさと大使で、タレントの松村邦洋(まつむら くにひろ)さんや、スポーツキャスターの宮本和知(みやもと かずとも)さんが就任されたそうですね?!

竹重さんはい!!島耕作社長は、山口県出身の漫画家で、山口ふるさと大使の弘兼憲史(ひろかね けんし)さんの人気漫画『社長島耕作』などの主人公としておなじみです。会社には、おいしい食べ物の魅力を紹介する「食べちょる課」、温泉地の魅力を紹介する「泊まっちょる課」、キャンペーン特別企画の楽しみ方を紹介する「楽しんじょる課」を設置しています。松村さんは「食べちょる課」の課長として、宮本さんは「楽しんじょる課」の課長として、島社長の下、山口県の魅力をPRしていきます。また、全県民が社員という設定で、全社員挙げて、お客さまをおもてなしいたします。会社の設立発表会には、弘兼さんや松村さん、宮本さんが出席して山口県をPRしてくださったんですよ!

皆さん、山口県出身だから、ぴったりですね!! ズバリ!このキャンペーンの目玉は何ですか?

竹重さんはい。今回は岩国と首都圏とを結ぶ岩国錦帯橋空港の開港を契機とする観光キャンペーンということで、首都圏からお越しの皆さんを「株主」とし、「株主様ご優待券」を発行しました。株主様ご優待券は、県内の主要観光地でさまざまな特典を受けられるもので、岩国錦帯橋空港や山口宇部空港、東京日本橋にある「おいでませ山口館(山口県東京観光物産センター)」などで、配布しています。

株主様ご優待券の特典って、どんなものがあるんですか?

竹重さんフグ鍋や周防(すおう)大島みかん鍋等の鍋料理を各店で食べて投票すると、抽選でペア航空券が当たる企画に参加できたり(オススメ鍋 決議投票)、県内各地の温泉の入浴料が割引になったり(湯めぐり手形)、日本三名橋の一つ錦帯橋の入橋料が無料になったりなど、さまざまな特典があります。

株主様ご優待券を持たないお客さまも楽しめる企画はありますか?

竹重さんはい!!鵜(う)飼船に乗って錦帯橋を眺めながら郷土料理や地酒を楽しむ「地酒船」の運航(要予約)や、岩国藩鉄砲隊の具足等を身に着けて記念撮影ができる武者体験、金魚ちょうちんが飾られた柳井の白壁の町並みを楽しめるなど、株主様ご優待券がなくても楽しめるさまざまな企画をご用意しています。詳しくは特設サイト「(株)おいでませ山口県」をご覧ください。どうぞ山口へおいでませ!!

▲このページの先頭へ