下関市 巌流島

行ってみよう!見てみよう!

今号のイチオシ
魅せる、伝える。未来輝く

やまぐちの技「ものづくりフェスタ2012」

ものづくりフェスタの様子

 「ものづくりフェスタ2012」が、11月4日に山口市の「維新百年記念公園 スポーツ文化センター」で開催されます。これは、県内のものづくりに携わるさまざまな団体が、ものづくりの大切さや素晴らしさをアピールし、技能に親しむ機会を提供しようというイベントです。
 今回の特徴は、山口県が誇る「現代の名工(※1)」による実演を行うことや、その作品展示コーナーを設けることです。実演では、岩国市の「錦帯橋(きんたいきょう)」の架け替え工事で棟梁(とうりょう)を務めた建築大工による「大がんな削り実演・体験教室」のほか、高度な技を持つかわらふき工による、軒先の瓦の下端を美しく一直線にそろえて施工する「一文字瓦(いちもんじがわら)施工実演」などが行われます。また、新幹線の先頭部分をハンマー1本で打ち出す、「打ち出し板金(ばんきん)」の技を駆使し製作されたアルミ製チェロ、マグネシウム製バイオリンの演奏も行われます。作品展示コーナーでは、手作業で製造され、京都迎賓館(※2)にも納められている高級竹すだれなど、さまざまな作品が展示されます。
 そのほか、来場者が技能士会等の皆さんと、木工やフラワーアレンジメントなどを体験できる「山口県技能フェア」、高校生や専門学校生が学習成果の実演や展示などを行う「ものづくり学園祭」、企業・団体が独自の技能・技術を紹介する「ものづくり企業フェア」、「おもしろ科学実験」などが行われます。
 山口県が誇る優れた技を間近に見ることができ、子どもも大人もワクワク、ドキドキできる、ものづくりフェスタ2012へ、ぜひお越しください。

※1 卓越した技能を持ち、その道で第一人者と目されている技能者を表彰する「卓越した技能者(現代の名工)表彰制度」に基づき、厚生労働大臣によって表彰された技能者のこと。
※2 日本の歴史、文化を象徴する都市京都で、海外からの賓客を迎えるために平成17年に建設された。

ものづくりフェスタ2012

【日時】
11月4日(日曜日) 10時から16時まで
【場所】
維新百年記念公園 スポーツ文化センター
【問い合わせ】
ものづくりフェスタ2012実行委員会事務局(県労働政策課内) 
電話:083-933-3234

やまぐち旬な話

みんなの笑顔あふれる

農大祭

農大祭の様子
防府市の大平山(おおひらやま)の麓にある県立農業大学校では、11月3日(土曜日・祝日)に「農大祭」を行います。これは、キャンパスを開放し、催し物などを通して、農業大学校のPRと農業に対する理解を深めてもらうものです。学生・研修生が丹精込めて育てた野菜や、花き、果物、牛肉等が販売されるほか、ミルク鍋や山菜おこわ、栗(くり)入りあずきご飯などを販売するバザー、フリーマーケットなどが行われます。牛たちがのんびりと草をはむ自然豊かなキャンパスで、新規就農へと一生懸命取り組む学生たちの思いに触れてみませんか。


●問い合わせ
県立農業大学校(農林総合技術センター農業研修部)
電話:0835-38-0510


上関町|愛・ランドフェア

球根のつかみ取りの様子

上関町民グラウンドでは、地元産の新鮮な農水産物の販売をはじめ、球根・菓子のつかみ取り、バス綱引きレース等、体育館では、芸能祭など、楽しい催しがいっぱいです。

【日時】
11月3日(土曜日・祝日) 9時30分から
【場所】
上関町民グラウンド・体育館
【問い合わせ】
上関町総合企画課 電話:0820-62-0316

下松市|稲穂祭(きつねの嫁入り)

きつねの嫁入りの様子

五穀豊穣(ほうじょう)などを感謝・祈願する祭りです。キツネの新郎・新婦に扮(ふん)した2人が、白ギツネの面をかぶった紋付きはかま姿などの親族やお供を従えて、町を練り歩きます。

【日時】
11月3日(土曜日・祝日) 14時から
【場所】
花岡福徳稲荷(はなおかふくとくいなり)社
【問い合わせ】
下松市観光協会 電話:0833-45-1841
花岡福徳稲荷社 電話:0833-43-4500

宇部市|宇部まつり

曳山パレードの様子

3日にはお笑いライブや、多国籍の料理屋台が並ぶワールドキッチン等、4日には、ご当地グルメの多彩な「石炭包(せきたんパオ)」を一堂に集めた初開催の「黒祭り」、巨大な曳山(ひきやま)のパレードなどが行われます。

【期日】
11月3日(土曜日・祝日)、4日(日曜日)
【場所】
宇部市役所周辺
【問い合わせ】
宇部市観光交流課 電話:0836-34-8353

岩国市|美和サンチャロウまつり

美和サンチャロウまつりの様子

みちゃろう、くうちゃろう、あるいちゃろう(見てやろう、食うて(食べて)やろう、歩いてやろう)という方言に由来する祭りです。地元に伝わる神楽の上演、大粒で評判の特産品「岸根(がんね)ぐり」の販売など、美和町の魅力を堪能できます。

【日時】
11月4日(日曜日) 8時から16時まで
【場所】
弥栄湖(やさかこ)スポーツ公園・黒沢グラウンド
【問い合わせ】
美和サンチャロウまつり実行委員会(やましろ商工会青年部美和支部内)
電話:0827-96-0132

萩市|萩ふるさとまつり萩時代まつり

萩大名行列の様子

萩ふるさとまつりでは、地元の農産品や水産品、ウニ飯などの特産品を販売します。萩時代まつりでは、江戸時代からの伝統を誇る「萩大名行列」が見どころです。

【日時】
[萩ふるさとまつり]11月10日(土曜日)・11日(日曜日) 10時から16時まで
[萩時代まつり]11月11日(日曜日) 8時から17時まで
【場所】
[萩ふるさとまつり]萩市中央公園、萩市民館、田町商店街
[萩時代まつり]萩城跡ほか市内各所
【問い合わせ】
[萩ふるさとまつり]萩市商工課
電話:0838-25-3583
[萩時代まつり]萩市観光課
電話:0838-25-3139

長門市|万作・萬斎 狂言公演[県立施設情報]

狂言「鬼瓦」
狂言「鬼瓦」

狂言師の野村万作(のむら まんさく)さん、萬斎(まんさい)さんによる、狂言「鬼瓦」「弓矢太郎(ゆみやたろう)」などが上演されます。開演に先立ち、萬斎さんによる解説も行われます。

【日時】
2013(平成25)年1月12日(土曜日) 開演14時
【料金】
全席指定1階席5,500円、2階席4,500円
【前売り券発売】
10月31日(水曜日)10時から
※発売初日は電話受付のみ
【場所】
ルネッサながと
【問い合わせ】
ルネッサながと 電話:0837-26-6001

▲このページの先頭へ


やまぐち写真館|第九回目テーマ「山口の鉄道」|2013年1月14日(月・祝)まで|あなたの撮影した山口県の写真をやまぐち写真館に掲載しませんか? 「ゆるキャラグランプリ2012」ちょるるも参加中!!応援してね!!

おもしろ山口学

大内義隆の栄華と悲劇

第2回:重臣らによるクーデターと毛利元就

 重臣らによるクーデターには、毛利氏も協力していたことを紹介します。

 1542(天文11)年、山口を本拠とする大内義隆(おおうち よしたか)は、大内氏の領国を脅かす尼子(あまこ)氏(※1)を攻めるべく、出雲国へ自ら出陣します。それは、勢力下の中国地方の国人領主(※2)らも参加した大軍での遠征でした。遠征は約1年にも及び、やがて大内氏方から尼子氏方へ寝返る国人領主が続出する事態に陥り、大内氏方は大敗します。敗走の途中で義隆は、同行した跡継ぎの養子が溺死する悲運にも見舞われました。
 しかし、義隆は山口に帰着後間もなく、再び各地へ軍を派遣します。石見国(いわみのくに)・安芸国(あきのくに)(※3)の守りを固め直し、備後国(びんごのくに)(※4)には全域に大内氏方の勢力を広げ、伊予国(いよのくに)(※5)でも反大内氏勢力を攻め、芸予(げいよ)諸島(※6)もほぼ勢力下に収めます。その結果、大内氏の勢力範囲は、北部九州も含めて歴代で最大となり、義隆の位階も室町幕府将軍を除き、武家としては破格の高い位階である従二位(じゅにい)を朝廷から賜りました。

陶氏らの挙兵からわずか3日目で義隆自刃

 ところが、義隆が栄華を極める裏側では、陶隆房(すえ たかふさ)をはじめとする重臣らによるクーデターの計画が進んでいきます。背景には、出雲からの敗走後、自らは出陣しなくなった義隆に対し、敵勢力に対応しながら、領国経営に腐心していた重臣らの不満がありました。そして1551(天文20)年8月28日、ついに陶氏らは挙兵します。
 しかし、このクーデターは重臣らだけによるものではありませんでした。挙兵1年前の8月、陶氏が安芸国の国人領主のリーダー格だった毛利元就(もうり もとなり)父子に宛てた、次のような意味の書状(画像を参照)が残っています。「かねてからの件、2人の重臣と相談し、義隆を廃して義隆の子を擁立することに合意した(※7)」…と。この書状には、そのことを毛利氏から他の国人領主に伝えてほしいとも記されています。計画を知らされた国人領主らは、賛同の条件として、それぞれが所有したい土地などの希望を、毛利氏を介して陶氏らに伝えます。さらに陶氏らの挙兵の直前には、毛利氏は安芸国で大内氏の城を奪い、自らの勢力範囲を広げます。後に陶氏を破り、中国地方の覇権を握ることになる毛利氏が、国人領主らとのパイプ役を務め、陰でクーデターに協力していたのでした。
 陶氏らの挙兵を受け、義隆はわずかな家臣らと山口から日本海方面へ逃れ、船で脱出を図ります。しかし、風や波に阻まれて船は戻され、大寧寺(たいねいじ)(※8)に入って高僧と夜通し語らった後、朝を迎え、同年9月1日に自刃を遂げたといわれています。それは陶氏らの挙兵からわずか3日目(※9)のことでした。

※1 出雲国(いずものくに。現在の島根県東部)を拠点とした戦国大名。
※2 小規模な地域の領主。
※3 石見国は現在の島根県西部、安芸国は現在の広島県西部。
※4 現在の広島県東部。
※5 現在の愛媛県。
※6 広島県・愛媛県にまたがる瀬戸内海の島々。
※7 その後、変更され、義隆の子も殺害された。
※8 長門市湯本温泉の近くにある寺院。
※9 その年の8月は、当時の日本の暦では、29日まで。

参考文献
河合正治『安芸毛利一族』1984
岸田裕之「陶隆房の挙兵と毛利元就」『山口県地方史研究』65 1991
岸田裕之編『毛利元就と地域社会』2007など

▲このページの先頭へ

気になる山口 ここが知りたい!!

山口県では、輝く、夢あふれる山口県の実現に向けて、さまざまな取り組みを行っています。その中の一つ「生涯を通じた歯・口腔(こうくう)の健康づくりの推進」について、県健康増進課の矢野淳也(やの じゅんや)さん山根良樹(やまね よしき)さんにインタビューしました。

インタビュアーのイラスト

生涯を通じた歯・口腔(こうくう)の健康づくりの推進

生涯を通じた歯・口腔の健康づくりに取り組みましょう!!(左から山根さん、矢野さん) 歯肉に出血があったり、歯がぐらぐらしたり…。気になるところをチェック!!※クリックで拡大します。 肺炎や糖尿病、動脈硬化…。歯周病は全身の健康と深く関わりがあるんです。※クリックで拡大します。 通院できない方のお口のことで困っていることがあれば、お問い合わせください。

なぜ生涯を通じた歯・口腔の健康づくりの推進に取り組んでいるのですか?

矢野さん食べ物をしっかりかんで、おいしく食べられることは、人生の中で楽しみの1つです。言葉をはっきり発音して人に伝えるときにも、歯は大切な役割を果たしています。歯や口腔の健康は人生を豊かに過ごす上で重要な要素であることから、県では、80歳になっても自分の歯を20本以上保つことを目標とする「8020(はちまるにいまる)運動」に長年取り組み、その結果、高齢の方でも自分の歯を20本以上保っている方が増えてきました。一方、歯を失う要因の一つとなっている歯周病にかかっている人の割合は依然として高い状況です。この歯周病ですが、全身の健康とも深く関わりがあることが分かってきたんです!

えっ、歯周病は全身の健康と関わりがある…って、具体的にはどういうことですか?

矢野さん1つ目は糖尿病との関係です。歯周病は糖尿病を悪化させ、糖尿病も歯周病を悪化させます。そのため、歯周病の治療によって、糖尿病の症状が改善するといわれているんです。2つ目は肺炎です。歯垢(しこう)には、ものすごくたくさんの、ばい菌がいます。年を取ると、飲み込むことが難しくなり、ばい菌と共に食べ物や唾液が誤って肺へ入ると誤嚥性(ごえんせい)肺炎になりやすくなります。その誤嚥性肺炎の大きな原因が、口の中のばい菌に含まれる歯周病菌であるといわれています。3つ目は肥満との関わりです。あまりかまずに食べると、歯周病を防ぐ唾液があまり出ない上、満腹感を得られにくいため肥満になりやすいといえます。 他にも、血液中に侵入した歯周病菌が血管等に付着することで、動脈硬化や心筋梗塞など重篤な状態を引き起こすこともあるんです。

歯周病菌が動脈硬化や心筋梗塞の原因?!それはびっくりです!!かむことは認知症の予防につながるとも聞いたことがありますが…?

矢野さんはい。かむことは脳への刺激となり、認知症の予防につながるのでは、と考えられています。このように、歯や口腔はそれほど大事なものでありながら、身近過ぎて、注意をしにくいのが現状です。歯磨きなどの手入れをしていても歯石が付くことはあり、歯石が引き金となって歯周病は進行していきます。一人一人の方に、もっと歯・口腔の重要性を理解してほしいと思っています。

なるほど!!そこで今年3月、「山口県民の歯・口腔の健康づくり推進条例」が制定されたというわけですね?

山根さんはい。虫歯や歯周病のない健康な歯を維持することは、しっかりかんで食べることや、バランスの取れた食生活を可能にするだけでなく、糖尿病などの生活習慣病を予防する面からも大変重要です。歯・口腔の健康づくりを通じて、皆さんが元気で生き生きとした人生を過ごせるよう、この条例が議員提案により制定されたのです。この条例では、「いい歯」の語呂にちなみ、11月8日から14日までを「歯・口腔の健康づくり推進週間」として位置付け、期間中には、県や市町で、正しいブラッシング方法や定期的な歯科検診の受診の重要性を周知するなど、歯・口腔の正しい知識の普及啓発を効果的に行い、歯・口腔の健康づくりの推進を呼び掛けていきます。

近年、県による新しい取り組みが始まったそうですね?

山根さんはい。昨年11月、「県在宅歯科保健医療連携室」を設置しました。 その連携室は、歯科医院へ通院できない寝たきりの状態の方などで、治療を希望される場合、歯科医師や歯科衛生士が、自宅・施設・病院などに訪問して、歯科治療や、お口のトラブルなどに対応できるよう、連絡調整を行うところです。介護されている方や福祉職、医療職の皆さんで、寝たきりなどで通院できない方のお口のことで困っていることがあれば、電話083-928-1108までお問い合わせください。

最後に、歯・口腔の健康づくりのために、私たちはどんなことに気を付ければいいですか?

矢野さん普段から歯ブラシや歯間ブラシなどを使った正しい歯磨きで、隅々まで丁寧に磨いて歯垢を取り除くことはもちろん、専門家による歯のクリーニングやチェックも大事です。忙しくても都合を付けて、定期的に歯科検診に行きましょう!!


▲このページの先頭へ

山口県からのお知らせ

「ジョブ・フェア」を開催

今年7月のフェアの様子

 山口県内での就職を希望される方と県内企業との「出会いの場」を提供するジョブ・フェアを開催します。
 農林水産業、介護・福祉業への就職(業)を希望する方のための相談、ハローワークによるパート・アルバイト相談、キャリアカウンセラーによる適職診断などの「専門相談コーナー」も設置します。
 対象者は離職者など、現在求職中の方(学生は除く)です。

【宇部会場】
[日時]11月6日(火曜日)13時30分から16時まで
[場所]国際ホテル宇部(JR宇部新川駅より徒歩約5分)
【柳井会場】
[日時]11月9日(金曜日)13時30分から16時まで
[場所]柳井クルーズホテル(JR柳井駅より徒歩約15分)
【周南会場】
[日時]11月13日(火曜日)13時30分から16時まで
[場所]ピピ510(JR徳山駅在来線口より徒歩約7分)
【下関会場】
[日時]11月15日(木曜日)13時30分から16時まで
[場所]下関市生涯学習プラザ(JR下関駅より徒歩約15分)
【防府会場】
[日時]11月19日(月曜日)13時30分から16時まで
[場所]デザインプラザHOFU(JR防府駅より徒歩約15分)
【美祢会場】
[日時]11月21日(水曜日)13時30分から16時まで
[場所]サンワーク美祢(JR美祢駅より徒歩約10分)
【岩国会場】
[日時]12月6日(木曜日)13時30分から16時まで
[場所]シンフォニア岩国(JR岩国駅より徒歩約10分)
【山陽小野田会場】
[日時]12月11日(火曜日)13時30分から16時まで
[場所]おのだサンパーク(JR南中川駅より徒歩約5分)
※参加料および事前申し込みは不要
【問い合わせ】
県若者就職支援センター 電話:083-976-1145

県立農業大学校の学生を募集

県立農業大学校の外観

 平成25年4月に入校する学生を募集します。

【定員】
園芸学科:25人
畜産学科:15人
【修業年限】
2年
【出願期間】
11月2日(金曜日)から16日(金曜日)まで(必着)
【試験日】
12月5日(水曜日)
※受験資格など、詳しくは県立農業大学校にお問い合わせください。
【問い合わせ】
県立農業大学校 電話:0835-38-0510

「杉山亮ものがたりライブ・講演会」を開催

昨年度の様子「藤本ともひこトークライブ」

 県立山口図書館では、本の面白さ、本に親しむことの大切さを知ってもらうために、「ものがたりライブ」と「講演会」を開催します。講師は「あなたも名探偵」シリーズや「怪盗ショコラ」シリーズなどで、子どもたちに大人気の児童文学作家、杉山亮(すぎやま あきら)さんです。ぜひ、ご参加ください。

【内容】
○杉山亮ものがたりライブ
○杉山亮講演会「子どもとものがたりのいい関係」
【日時】
11月10日(土曜日)
ものがたりライブ:11時から12時まで
講演会:13時30分から15時まで
【場所】
県立山口図書館 第2研修室
【対象】
ものがたりライブ:5歳から小学生(12歳)までの子どもとその保護者(定員50人。参加料無料)
講演会:大人(定員50人。参加料無料)
【申し込み方法】
住所、氏名、電話番号を記入し、Eメールでお申し込みください。(先着順)
【申し込み締め切り】
11月3日(土曜日・祝日)
※詳しくは、ホームページをご覧ください。
【問い合わせ】
県立山口図書館 電話:083-924-2111
Eメール:a50401@pref.yamaguchi.lg.jp

「幼児のための洞くつ探検」の参加者を募集

景清洞での探検の様子

 秋吉台の洞くつを探検することを通して、大自然の神秘を体験しませんか。
 対象は幼児(平成24年4月2日時点で4歳・5歳)とその家族です。

【期日】
12月2日(日曜日)
【場所】
景清(かげきよ)洞・秋吉台リフレッシュパーク
【募集人数】
40人(募集定員を超えた場合は抽選となります。)
【参加費】
19歳以上700円、小学生600円、幼児400円
【応募方法】
「幼児のための洞くつ探検」のタイトル、郵便番号、住所、氏名、ふりがな、年齢、性別、電話番号(FAX兼用の有無)を記入し、Eメールでお申し込みください。
※詳しくはこちらをご覧ください。
【申し込み締め切り】
11月9日(金曜日) まで(必着)
【問い合わせ】
県秋吉台青少年自然の家 電話:08396-2-0581
Eメール:akishoji@c-able.ne.jp

知事定例記者会見

会見する山本知事

 知事定例記者会見を10月15日(月曜日)に開催し、副知事の選任および産業戦略本部準備室の設置について発表しました。
 また、記者の皆さんからは、副知事2人体制に関することのほか、産業戦略本部準備室などについての質問がありました。
 詳しくは、県ホームページに掲載している知事記者会見録をご覧ください。

【問い合わせ】
県広報広聴課 電話:083-933-2560

県政ワンショット

大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

▲このページの先頭へ

いいもん山口

米

今回は、「無洗米 きら星」を読者クイズの正解者の中から抽選で4人の方にプレゼントします。

※画像はイメージです。

「無洗米 きら星」読者プレゼント

 県産の新米は8月下旬から出荷が始まっており、特に今年は天候に恵まれ、良質の米ができています。
 主に生産されている品種は、コシヒカリ、ひとめぼれ、ヒノヒカリ、きぬむすめ、県産米オリジナル品種「晴るる」です。
 最近では、県オリジナル酒米品種「西都の雫(さいとのしずく)」を使った日本酒も好評です。


[応募方法]

こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で、4人の方に、ひとめぼれとヒノヒカリのブレンド米の「無洗米 きら星」をプレゼントします。締め切りは11月8日(木曜日)です。当選者の発表は、発送をもって代えさせていただきます。皆さん、奮ってご応募ください。

※プレゼントのご応募は、毎月第4金曜日に配信されるメールマガジン「山口きらめーる」から行えます。


[アンケートの結果・クイズの答え]

9月28日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。「アンケートの結果・クイズの答え」は、こちらのページをご覧ください。

▲このページの先頭へ

【広告】

広告:山口県オリジナル品種「晴るる」

やまぐちの元気は大地から 安全・安心な食をお届け
「山口農協直販株式会社」

(山口市佐山字産業団地南1200番地1 電話083-988-0628)

山口農協直販株式会社では、農畜産物を食の絆として徹底した品質管理により、安全・安心・新鮮な食を提案し、お客様満足度の向上に努めています。
山口県の大地で育まれたお米など、皆さんのご家庭に、山口のおいしい農畜産物をお届けします。
山口県ならではのオススメ品をぜひどうぞ!

「晴るる」…コシヒカリを父に、ヤマホウシを母にもつ山口県生まれのお米です。

編集後記

 今回の今号のイチオシでは「ものづくりフェスタ2012」をご紹介しました。このイベントは山口のものづくりに触れるチャンスです!ぜひご来場ください。
 さて、皆さんの温かい応援のおかげで、山口県PR本部長「ちょるる」は、ゆるキャラグランプリで現在2位をキープしていますが、グランプリ獲得には厳しい状況が続いています。投票は11月16日までですので、最後まで応援をよろしくお願いします!!ちょるるの応援はこちらから!

 次回の配信は、11月9日です。

▲このページの先頭へ