岩国市 トロッコ遊覧車「とことこトレイン」

行ってみよう!見てみよう!

今号のイチオシ
県産品・住宅・環境。

山口県の魅力がいっぱい!!「きらら物産・交流フェア2012」

きらら物産・交流フェアの様子

 「きらら物産・交流フェア2012」が、10月13日と14日に山口市の「山口きらら博記念公園」で開催されます。これは「きらら物産フェア」「やまぐち住宅フェア」「やまぐちいきいきエコフェア」の3つのフェアを同時に開催することで、県産品等の展示・販売や体験交流など多彩なイベントを開催し、多くの人の交流の場とするとともに、山口県の魅力を県内外に発信するものです。
 きらら物産フェアは、農林水産品から商工産品まで多彩な県産品を一堂に集めて展示・実演販売するものです。ウニ飯、かまぼこ、ちくわ、フグの空揚げ、焼きイカ等の販売コーナーを設けるほか、毎年大人気の県産牛肉・鶏卵(ゆで卵)の試食会なども行います。
 やまぐち住宅フェアは、住まいに関する展示・イベントを通じて、住宅や住環境に関する情報を提供するイベントです。県産木材PRコーナー、県の住宅施策PRコーナーを設けるほか、地震体験車「ゆさゆさ号」による地震体験、「大工さんと一緒に親子木工教室」「塗り絵教室」などを行います。
 やまぐちいきいきエコフェアは、子どもから大人まで楽しみながら環境について学ぶ参加・体験型の環境イベントです。「地球温暖化防止」「循環型社会の形成」「自然共生」への取り組みについて学ぶクイズラリー、エコ体験教室、太陽光発電やリサイクル製品の展示・相談会のほか、最新のエコカー試乗会などを行います。
 山口県の魅力をたっぷり楽しめる、きらら物産・交流フェア2012へ、ぜひどうぞ。

きらら物産・交流フェア2012

【日時】
10月13日(土曜日) 9時から16時まで(オープニングイベント8時40分から)、14日(日曜日) 9時から15時まで
【場所】
山口きらら博記念公園
【問い合わせ】
県地域政策課 電話:083-933-2546

やまぐち旬な話

花いっぱい!笑顔いっぱい!

くだまつコスモスまつり

下松スポーツ公園に咲くコスモス
下松市にある下松スポーツ公園は毎年秋、たくさんのコスモスで彩られます。今年は一重咲きや八重咲きの品種、色とりどりの約20万本のコスモスが植栽され、9月中旬から10月下旬まで花を楽しめそうです。10月6日(土曜日)には「くだまつコスモスまつり」が開催され、ちびっこシルバーふれあい運動会が行われるほか、出店も並びます。公園内には、子どもたちに人気のアスレチック施設や、遊歩道も整備されています。秋の花を楽しみながら健康的な1日を過ごしてみませんか。


●問い合わせ
下松市都市計画課計画緑化係
電話:0833-45-1857


山口市|山口の連歌と俳諧-宗祇から菊舎(きく
しゃ)まで-

「仮御手鑑(かりおてかがみ)」山口県立山口図書館蔵
「仮御手鑑(かりおてかがみ)」山口県立山口図書館蔵

室町時代に連歌(れんが)師の宗祇(そうぎ)が大内氏の本拠地・山口を訪れて以来、山口では連歌が盛んに作られました。室町時代から江戸時代まで、山口の連歌・俳諧の貴重な資料を展示します。

【期間】
11月18日(日曜日)まで
【開館時間】
9時から17時まで(入館は16時30分まで)
【休館日】
毎週月曜日(10月8日(月曜日・祝日)は開館。翌日休館)
【料金】
一般100円、小・中学生50円 ※70歳以上の方は無料
(11月1日から7日は文化財保護週間のため無料)
【場所】
山口市歴史民俗資料館
【問い合わせ】
山口市歴史民俗資料館
電話:083-924-7001

萩市|着物ウィークin萩

まち歩きの様子

城下町の町並みが残る萩で、着物を着て、まち歩きを楽しむイベントです。着物を着た方は、市内の協賛店で食事や買い物などを特別割引で利用できます。また、和の体験プログラムなどで、和の世界を楽しむことができます。期間中の5日(金曜日)から7日(日曜日)には、城下町周辺の通りに1,200基あまりの竹灯(たけとう)が立ち並ぶ「萩・竹灯路物語」も開催されます。

【期間】
10月1日(月曜日)から8日(月曜日・祝日)まで
【場所】
萩城城下町周辺ほか市内各所
【問い合わせ】
着物ウィークin萩実行委員会
(萩市観光協会内) 電話:0838-25-1750

下関市|豊浦コスモスまつり

コスモス園に咲くコスモス

約100万本のコスモスが色とりどりに咲き乱れる園内で、巨大迷路やフリーマーケットなど、さまざまなイベントが行われます。見頃は、10月上旬から10月中旬までです。

【期間】
10月6日(土曜日)から14日(日曜日)まで
[会場開園時間]8時30分から18時まで
[イベント開催時間]10時から16時まで
【場所】
リフレッシュパーク豊浦(とようら)
【入園料】
高校生以上200円、小・中学生100円、乳幼児無料
【問い合わせ】
下関市豊浦町ふるさとづくり推進協議会
電話:083-772-4001
当日連絡先:080-6325-8168

周南市|永源山公園ゆめ風車まつり

ゆめ風車まつりマーチングバンドの様子

バルコニー付き粉ひき風車「ゆめ風車」の下で開催されます。マーチングバンドの演奏や、竹とんぼ作り、姉妹都市のオランダ・デルフザイル市にちなみ、チューリップの球根プレゼントが行われます。

【日時】
10月8日(月曜日・祝日) 9時から16時まで
【場所】
永源山(えいげんざん)公園
【問い合わせ】
ゆめ風車まつり実行委員会事務局
(周南市公園花とみどり課内) 
電話:0834-22-8402

光市|光まつり

ステージイベントの様子

園児たちによる手作りみこしや、市内各団体による趣向を凝らしたパレードが見どころです。ステージイベントや、餅まき、チェーンソーアート、竹とんぼ教室なども行われます。

【日時】
10月14日(日曜日) 9時30分から15時30分まで
【場所】
光市民ホールおよびその周辺
【問い合わせ】
光まつり実行委員会(光市商工観光課) 
電話:0833-72-1400

長門市|松竹大歌舞伎[県立施設情報]

中村橋之助さん
中村橋之助さん

出演は中村橋之助(なかむら はしのすけ)さん、片岡孝太郎(かたおか たかたろう)さん、片岡亀蔵(かめぞう)さん、中村児太郎(こたろう)さんです。「弁慶上使(べんけいじょうし)」と「手習子(てならいこ)」などが上演されます。

【日時】
11月23日(金曜日・祝日) 13時から
【料金】
全席指定1階席7,500円、2階席6,500円
【場所】
ルネッサながと
【問い合わせ】
ルネッサながと 電話:0837-26-6001

▲このページの先頭へ


やまぐち写真館|第八回目テーマ「山口のおいしいもの」|2012年9月30日まで|あなたの撮影した山口県の写真をやまぐち写真館に掲載しませんか? もっと知って欲しい、知っているならぜひ来て欲しい ひとのくに山口ファンクラブ|Web会員コースは無料

おもしろ山口学

鷲頭弘忠と上杉憲実と「大寧寺」

 全国に名を知られていた大寧寺にまつわる2人の人物を紹介します。

 長門(ながと)市湯本温泉の近くに、「大寧寺(たいねいじ)」という曹洞宗(そうとうしゅう)(※1)の寺院があります。大寧寺は、西国一の守護大名・大内(おおうち)氏と同じ一族だった鷲頭弘忠(わしず ひろただ)によって室町時代の15世紀前半に開かれました。
 鷲頭氏は、14世紀前半には、大内氏よりも力があり、周防国(すおうのくに)の守護を務めた一族でした。その後、鷲頭氏は周防国・長門国の守護となった大内氏の家臣に下りますが、15世紀前半になると、弘忠は当時の当主・大内持世(もちよ)に重んじられ、長門国の守護代(しゅごだい)(※2)となりました。
 弘忠が拠点を置いたのは、長門国深川荘(ふかわのしょう。現在の長門市)です。そこは日本海に面した湾があり、九州が近く、古代からの山陰道も通る、物流の要の地でした。弘忠は、そこに高僧を招き(※3)、大寧寺を開きます。地域で厚く信仰されてきた現在の飯山(いいやま)八幡宮の社殿も造り直し、領主としての姿を住民に印象づけました。さらに弘忠は筑前国(ちくぜんのくに。現在の福岡県)で大規模な荘園(※4)の代官を務め、また、九州の守護大名らと戦いを重ねた持世を支え、有力な武将としても活躍しました。
 しかし、中国や朝鮮半島からの最先端の文化・物流の窓口だった九州に地盤を広げ、文化も武力も伸展させたため、大内氏に危険視されたのか、弘忠は持世の死後、跡を継いだ大内教弘(のりひろ)により、1448年(文安5)年、滅ぼされました。

上杉憲実最期の地

 大寧寺は、初代住職の弟子の高僧たちが住職を継いでいきます。湯本温泉(※5)の泉源を管理するなど、地域と密接な関係を築き、また、弘忠の死後は大内氏の保護の下、住職を務める高僧を慕って、全国各地から僧が集う大寺院となります。大寧寺で修行した僧は、さらに各地へ赴いて活躍しました。
 そうしてやってきた人の中に、かつて鎌倉府で関東管領(かんれい)(※6)を務め、足利学校(※7)を再興するなど、高い学識で知られた上杉憲実(うえすぎ のりざね)がいます。憲実は、室町幕府と鎌倉府の対立により、鎌倉府の自分の主君(※8)を死に追いやることとなった人でした。その憲実が、罪の意識から僧となって放浪し、落ち着いた最期の地が大寧寺だったのです。儒学に関心が高かった憲実は、その師として仰げる、儒学を深く極めていた大寧寺の高僧にようやく出会え、大寧寺を最期の地に選んだといわれています。
 弘忠と憲実。同じころ、主君に翻弄(ほんろう)され、波乱の生涯を送った2人は今、大寧寺の境内に並ぶように立つ墓に、ひっそりと眠っています。

※1 禅宗の一つ。
※2 京都在住が原則だった守護に代わって職務を行った人。
※3 薩摩国(さつまのくに。現在の鹿児島県)出身で、曹洞宗の大本山の1つだった能登国(のとのくに。現在の石川県)の「総持寺(そうじじ)」の住職を務めた僧。
※4 公家や寺社が所有した土地。
※5 大寧寺の住職が関わって発見されたという伝説がある。
※6 室町幕府の地方機関だった鎌倉府の首長の補佐役。
※7 室町時代初期、現在の栃木県足利市に創設された学校。国の史跡に指定されている。
※8 足利持氏(もちうじ)。憲実は、幕府と対立する持氏を度々いさめたが、対立の溝は埋まらず、幕府の命により持氏を滅ぼした。

参考文献
大寧寺『曹洞宗瑞雲山大寧護国禅寺略史』2010
田辺久子『上杉憲実』1999
長門市編『長門市史 歴史編』1981など

▲このページの先頭へ

気になる山口 ここが知りたい!!

山口県では、輝く、夢あふれる山口県の実現に向けて、さまざまな取り組みを行っています。その中の一つ「看護職員の確保対策を進めています!」について、県医務保険課の中野早紀子(なかの さきこ)さんにインタビューしました。

インタビュアーのイラスト

看護職員の確保対策を進めています!

将来、県内で看護職員として働く方に修学資金を貸与!条件を満たせば全額返還免除!!山口県で働いてみませんか!?(中野さん) 結婚・出産などを機に看護職員を辞めたけれど、復帰したい。でも、不安…。そんな方のために再チャレンジ研修を行っています‼ 県内の各病院が参加する合同就職説明会を毎年開催しています。 看護職の求人・求職情報を提供している山口県ナースセンター。ぜひ活用してくださいね!!

なぜ看護職員の確保対策に取り組んでいるのですか?

中野さん県では、これまでも看護職員(保健師・助産師・看護師・准看護師)の確保対策に取り組んできており、その不足は改善されてきています。しかし、看護職員は、病気の急性期から回復期にある患者、さらには、在宅の高齢者等に対する訪問看護などのさまざまな場面での活躍が期待されており、今後もさらに確保対策に取り組む必要があるんです。

なるほど。では、看護職員の確保対策について、具体的に教えてください。

中野さんはい。県では「養成支援」「確保促進」「資質の向上」を3つの柱としています。中でも確保促進については、看護職員の養成所等の在学者で、将来、県内の診療施設などで看護職員として働く方を対象に「看護師等修学資金」を貸与する事業を行っています。卒業後、免許を取得し、県内の免除対象施設(病床数200床未満の病院など)で5年間、看護業務に従事すると、貸与した修学資金は「全額返還免除」となります。実際に貸与を受けた方の約9割は、県内のそうした施設に勤務されているんですよ。

看護師等修学資金貸与事業の成果ですね!確保促進について、他に力を入れていることがありますか?

中野さんはい。看護職員の退職理由の上位に、結婚・出産・育児が挙げられます。そこで仕事と子育てを両立できるよう、病院内で保育所を運営しようという病院に運営費を補助する「病院内保育所運営事業」を行っています。2011(平成23)年度には、35施設に運営費を補助し、そのうち24時間保育を行っている施設が14施設です。そうした事業の効果もあり、多くの看護職員の方が院内保育所を利用され、子育てをしながら働かれているんですよ!

確かに病院内保育所があると、看護職員が仕事を続ける上で心強いでしょうね!!新人看護職員の資質の向上にも力を入れているそうですね?

中野さんはい!看護職は知識と技術を求められる仕事で、職業人として第一歩を踏み出した新人期に、きちんとノウハウを身に付け、技術を高めることは、「看護の質の向上・安全な医療の確保・早期離職防止」につながります。新人が一人で悩みを抱え込まないためにも、新人が先輩に、細やかな指導や目標に対する評価を受けていくといった、国の「新人看護職員研修ガイドライン」に沿った研修を実施する病院が増えてきており、県はそうした病院を支援しています。

親身になってくれる先輩と一緒に、不安なことを早めに解決していけば、互いに得るものが大きいでしょうね!!看護職員として働いていると、もっと技術を磨いてみたいという人もいるのではないでしょうか?

中野さん県では、より看護技術の高い認定看護師を養成しています。これは、院内感染対策の一環として、医療機関における感染制御の中心的な役割を担う看護師の技術の向上を図るため、これまでに感染管理の認定看護師を45人養成しており、その数は全国的に見ても多いといえます。また、認定看護師が勤務する病院や地域において能力を発揮できるようフォローアップする研修を行ったり、医療機関の感染管理実践者を育成するため認定看護師を活用した実践研修を行ったりしています。実践研修には、予想以上に多くの参加希望者があり、高い関心がうかがえます。

こうした取り組みを通じて、山口県で働きたい、働き続けたいと思う人が増えてほしいですね!!山口県で看護職の仕事に就きたい方が情報を入手するには、どうすればいいですか?

中野さん「山口県ナースセンター」のホームページをご覧ください。また、山口県ナースセンターに来所・電話・インターネットで申し込むと、看護職の求人・求職情報を得られます。その他、県医務保険課では、県内の各病院の概要をまとめた病院ガイドブックの作成や、メールマガジン「看navi(かんナビ)やまぐち」の配信、合同就職説明会により、研修や県内の病院の情報などを提供しています。ぜひ、ご利用ください。


▲このページの先頭へ

山口県からのお知らせ

地方独立行政法人山口県立病院機構職員採用試験(一般事務職)を実施

県立総合医療センターの外観

 県立総合医療センター、県立こころの医療センターまたは法人本部事務局における医事、総務などの業務に従事する一般事務職の平成24年度採用試験(平成25年4月1日採用)の受験申し込みを受け付けています。

【採用予定人数】
一般事務A 1人程度(受験資格:昭和58年4月2日以降に生まれた者)
一般事務B 4人程度(受験資格:医療事務等経験者)
一般事務C 1人程度(受験資格:情報処理業務経験者)
【受付期間】
10月17日(水曜日)まで(当日消印有効)
※詳しくは、各ホームページに掲載している受験案内をご覧ください。
・一般事務Aについては、こちらのホームページをご覧ください。
・一般事務B・Cについては、こちらのホームページをご覧ください。
【問い合わせ】
地方独立行政法人山口県立病院機構本部事務局 
電話:0835-28-3311

ふるさと山口企業合同就職フェアを開催

前回のフェアの様子

 平成25年3月に高等学校や大学、短大等を卒業予定の方や、求職中の一般の方などを対象に、県内企業の採用担当者と直接面談できる就職フェアを開催します。

【山口会場】
[日時]10月19日(金曜日)
高校生の部:10時から12時まで
学生・一般の部:13時から16時まで
[場所]山口グランドホテル(JR新山口駅新幹線口前)
【周南会場】
[日時]10月26日(金曜日)
高校生の部:10時から12時まで
学生・一般の部:13時から16時まで
[場所]キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター
(JR櫛ヶ浜(くしがはま)駅から徒歩約20分)
【申し込み】
両会場とも参加料および事前申し込みは不要
※ただし、高校生は、学校を通じて事前申し込みが必要
【問い合わせ】
県若者就職支援センター 電話:083-976-1145

中国四国もうひとつのふるさと探しフェアin大阪2012を開催

昨年のフェアの様子

 山口県で新しい暮らしを始めませんか?
 「中国四国もうひとつのふるさと探しフェア」が大阪で開催されます。
 山口県と6市町(下関市、萩市、防府市、岩国市、周南市、阿武町)が相談ブースを出展し、県ブースでは、就職・就農・住宅のアドバイザーが相談に応じます。
 先着270人の方に、名産品のプレゼント(※)もありますので、ぜひご参加ください。
※参加9県の名産品の中から、いずれか1つプレゼント

【日時】
10月14日(日曜日) 11時から16時まで
【場所】
シティプラザ大阪2階(大阪市中央区本町橋2-31)
地下鉄堺筋線・中央線 堺筋本町駅 下車
【申し込み】
事前申し込みおよび参加費は不要
【問い合わせ】
県地域政策課 電話:083-933-2546

とくさがみね自然体験プログラム3-紅葉の森でチャレンジしよう!-の参加者を募集

昨年の森のチャレンジコースの様子

 紅葉の十種ヶ峰の中で、「森のチャレンジコース」「星空観察」などの野外活動を通じて、自分を見つめ、家族・仲間の大切さを感じてみませんか。

【期日】
10月27(土曜日)、28日(日曜日)
【場所】
県十種ヶ峰(とくさがみね)青少年自然の家
【対象】
小学校3年生以上の子どもを含む家族(必ず小学3年生から18歳までの子どもを含む家族で参加してください。小学校2年生以下の子どもしか含まない家族は参加対象外です。)
【募集人数】
30人(募集定員を超えた場合は抽選となります。)
【参加費】
大人:19歳以上の方2,980円
子ども:中学生以上18歳以下の方2,680円、3歳以上小学生以下の方2,590円、3歳未満の方2,310円
【申し込み方法】
住所、氏名、年齢、性別、電話番号、交通手段を記入し
seed-10@cronos.ocn.ne.jpあてに送信してください。
※詳しくはホームページをご覧ください。また、参加対象者などでご不明な点がありましたら、下記問い合わせ先にお問い合わせください。
【申し込み締め切り】
10月12日(金曜日)必着
【問い合わせ】
県十種ヶ峰青少年自然の家 電話:083-958-0033

山口県議会9月定例会を開催

本会議の様子

 県議会9月定例会が9月19日に招集されました。会期日程は9月19日から10月5日までで、平成24年度一般会計補正予算など15の議案が審議されます。
 なお、山本知事は、議案の説明に先立ち、知事就任後、初の県議会の開会に当たって、今後の県政運営に関する所信表明を行ったほか、岩国基地の問題や最近の経済雇用情勢について、報告を行いました。
知事議案説明
山口県議会

【問い合わせ】
県財政課 電話:083-933-2170

県政ワンショット

大会・会議・イベントなど、最近の県政の出来事を、写真付きで紹介します。

▲このページの先頭へ

いいもん山口

徳佐りんご

今回は、「徳佐りんごとその加工品」を読者クイズの正解者の中から抽選で4人の方にプレゼントします。

「徳佐りんごとその加工品」読者プレゼント

 西日本最大の観光リンゴ園が山口市阿東徳佐にあります。太陽の恵みをしっかり受けた暖かい土地で栽培するため、果肉が柔らかく、糖度の高いリンゴが実ります。
 各農園では阿東徳佐の気候に適した、約20種類の品種が栽培され、ジャムやジュース、アップルパイ、ゼリーなどの加工品も販売されています。収穫は品種によって違い、8月から11月ぐらいまで、いろいろな種類のリンゴが直売所や県内のスーパーなどに並びます。


[応募方法]

こちらの読者クイズにお答えください。正解者の中から抽選で、4人の方に「徳佐りんごとその加工品」をプレゼントします。締め切りは10月11日(木曜日)です。当選者の発表は、発送をもって代えさせていただきます。皆さん、奮ってご応募ください。

※プレゼントのご応募は、毎月第4金曜日に配信されるメールマガジン「山口きらめーる」から行えます。


[アンケートの結果・クイズの答え]

8月24日号で実施した読者クイズに、たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。「アンケートの結果・クイズの答え」は、こちらのページをご覧ください。

▲このページの先頭へ

【広告】

西日本一のリンゴ園!-徳佐りんご組合-
(山口市阿東徳佐下1187番地 電話:083-956-0553 FAX:083-957-0767)

広告:西日本一のリンゴ園

中国山地の山ふところに雄大に広がるリンゴ園の眺めは壮観です。
15組合員の21カ所のリンゴ園が皆さんをお迎えします。
リンゴ狩りはもちろん、美味(おい)しいバーベキューと新鮮な果汁100パーセントのリンゴジュースをお楽しみください。満足度100パーセント間違いなし!
8月15日から11月までリンゴ狩りを皆さんに親しんでいただいています。
また、各リンゴ園では、全国からのお取り寄せも承っています。
ぜひ、ご利用ください。

編集後記

 山口では、朝晩はめっきりと涼しくなり、秋らしくなってきました。
 さて、秋の花といえばコスモスが思い浮かびますね。今回の「やまぐち旬な話」「行ってみよう!見てみよう!」では旬なコスモスのイベントをご紹介しましたので、ぜひお出掛けください。
 季節の変わり目は、体調を崩しやすいので、風邪などひかれないよう、お気を付けください。

 次回の配信は、10月12日です。

▲このページの先頭へ