気になる山口 ここが知りたい!!

山口県では、県民の皆さんの誰もが住み良さを実感でき、活力に満ちた「住み良さ日本一の元気県」を実現するため、さまざまな取り組みを行っています。今回はその中の一つ「美しい海から生まれたおいしいもの-山口海物語・山口海物語プレミアム-」について、県流通企画室の野村太郎(のむら たろう)さんと岡田知久(おかだ ともひさ)さんにインタビューしました。

インタビュアーのイラスト

美しい海から生まれたおいしいもの-山口海物語・山口海物語プレミアム-

「山口海物語」は、三方が海に開かれた山口県ならではの逸品ばかり!!(左から野村さん、岡田さん) 山口県独自の焼き抜きかまぼこ、ふぐ加工品、辛子明太子…。おいしいものがいっぱいですよ! 今年、さらに厳選した「山口海物語プレミアム」が、6品目17製品誕生!! 8月11日・12日は展示・試食・販売イベントへ、さあ、おいでませ!

「山口海物語」って、どういうものなんですか?

岡田さん三方が海に開かれた山口県では、豊かな海の幸を生かした水産加工品が数多く生産されています。このうち、全国に誇れる卓越した技や厳選された素材によって県内で製造された製品で、原料・衛生・添加物などの一定の基準を満たしたものを、山口県の水産加工品ブランド「山口海物語」として認定しているんです。2012(平成24)年6月現在の認定製品は、10品目122製品です。

具体的には、どんなものがあるんですか?

野村さん魚の風味とシコシコとした歯応えが魅力の「焼き抜きかまぼこ」、全国有数の生産量を誇る「うに製品」や「ふぐ加工品」、近代捕鯨発祥の地とされる山口県ならではの「鯨製品」、朝鮮半島から伝わり、下関が発祥の地となった「辛子明太子」などです。また、あん肝をみそ漬けにした珍味、空揚げといった「あんこう製品」も3年前から山口海物語に加わっています。アンコウは、下関漁港が水揚げ量日本一なんですよ!

新たに「山口海物語プレミアム」が誕生したそうですね?

岡田さんはい!山口海物語の認定制度開始から10年目を迎え、認定製品に「山口海物語プレミアム」が創設されました。「山口海物語」認定製品の中で、「主な原材料が県産100パーセントで、かつ、山口県知事賞以上の受賞歴があるもの(※)」、あるいは「山口海物語の認定基準を満たし、かつ、農林水産大臣賞の受賞歴があるもの」のいずれかに該当するものです。

なるほど!!山口海物語の中から、さらに厳選したものなんですね?どんなものが山口海物語プレミアムなんですか?

野村さんはい!例えば、歯応えがあって、かめばかむほど味のある「ちくわ」、おぼろ昆布で締めたマフグの刺し身、萩産のユズを魚のすり身に練り込んで手作業で巻いた「かまぼこ」などがあります。また、熱湯を注ぐだけで手軽に楽しめるモズクのスープ。これは、十数年前、県内の水産加工業者が全国で初めて開発した山口県オリジナルのものなんです。

うわあ、このかまぼこは、ユズの香りがして食欲をそそりますね!全部で6品目17製品。どれもおいしそうで興味津々です!!試食できる機会って、ありませんか?

岡田さんあります!!山口海物語・山口海物語プレミアムの展示・試食・販売イベントを8月11日(土曜日)・12日(日曜日)にJR新山口駅と山口宇部空港で行います。アンケートに答えていただいた方には、抽選で山口県産農水産物カタログギフト「まるごと!山口」をプレゼントします。ぜひ、ご来場ください。また、認定製品の一覧は、ホームページでご覧になれます。製品の購入については、各取り扱い業者にお問い合わせください。一部の製品は、東京の「おいでませ山口館」でも販売しています。お土産や贈答用などには、ぜひ「山口海物語」と「山口海物語プレミアム」を!自信を持ってお薦めします!

※山口県知事賞、水産庁長官賞、農林水産大臣賞など

▲このページの先頭へ